• パーソナリティー:東沙織(plessrich代表)
  • 特別コメンテーター:森部昌広先生(トータルコンディショニングコーチ)
  • ナビゲーター:吉田勝(世界を変えるRADIOプロデュ―サー)
  • ゲスト①プロカメラマン藤原武史(ふじわらたけふみ)様

 

東:皆さま~こんばんわ!今週の放送で第31 回目となります「世界を変えるRADIO」は、「社団法人日本ラジオパーソナリティー協会」そして「スポーツガーデン㈱」、「福岡スポーツメディア研究会」の提供でお送りさせて頂きます。さて!今年最後の番組となりますので、楽しくお伝えしていきたいと思います!本日12 月31 日(日)は大晦日SP と言う事で!特別パーソナリティーとして私【東沙織】がお届けさせて頂きます!!
はい!と言う事で、本日もトータルコンディショニングコーチの森部昌広先生にコメンテーターとして登場頂いております!
「森部先生、こんばんわ!今日は宜しくお願いいたします!」


森部先生:こんばんは!宜しくお願いします!初のパーソナリティーって事で?
東:はい!初ですぅ!!宜しくお願いします!
森部先生:どうですか?緊張されてますか?
東:めっちゃ緊張してます!
森部先生:その緊張をね、楽しみに変えて頂ければと思います!宜しくお願いします。
東:はい、宜しくお願い致します!森部先生ありがとうございました!今日も宜しくお願いします。そして、今日は番組プロデューサーの吉田も特別にコメンテーターとして出演頂いております。2018 年の世界を変えるRADIO の方向性と方針をお話頂けると言う事ですが「吉田プロデューサー宜しくお願い致します!」


吉田:はい、宜しくお願いします!良く出来ました♪
全員:拍手(爆笑)
吉田:ね、森部先生、どうなる事かと思いましたが…
森部先生:いやぁ、笑顔がイイですね!!
吉田:え、この笑顔にやられているんでしょうね!世の中の男性は(笑)大晦日SPと言う事で突然のお話…本当にありがとうございます!来年からね、正式にパーソナリティ―として、ラブコールを送りたいと思います(笑)いろんなお話をしたいと思いますし、今日は素敵なゲスト様もいらっしゃいますので楽しくお届けしたいと思います!せっかくなので東さんの自己紹介を少しして貰いたいですね!2週前にご出演頂いて、この前のクリスマスパーティーもご参加頂いて…なんか毎週一緒にいるという感じで♪
森部先生:自然な流れですね!僕らにとっては(笑)リスナーの方はちょっと分からないですから、ね。
吉田:世界を変えるRADIOあるあるですけどね。じゃ、東さん、ちょっと出来れば生い立ちからですね、はい。
東:改めまして東沙織と申します!元々、東洋医学の吉田先生からご紹介頂きまして、初めて出演させて頂いたんですけど、私、昔エステシャンで約3,000人ほど施術を経験しまして…美容品メーカーと化粧品メーカーの講師もしております。そして、エステサロンコンサルもさせて頂いておりまして…エステサロンでも同じ美容機器のハイスペックなモノを入れても、なぜ、流行る所と流行らない所があるんだろうか?と思いまして、そうして今、SNSを使ってプロデュ―スなども仕掛けておりまして…飲食店とかも手掛けているのですが、売上を伸ばす為のSNS活用法と言う事で、SNSプロデュ―サーとしても活動しております!
森部先生:SNSプロデューサー!!
吉田:素晴らしい…僕は笑顔のイベントプロデューサーですが(笑)
森部先生:プロデューサーばっかりじゃない(笑)
全員:(笑)
吉田:今、お話されていたSNSプロデューサーと言う事で、私も非常に興味を持ってまして…森部先生と含めて我々も学びをしたいなぁと思ってましたので。
東:ありがとうございます!!
吉田:なんか、佐賀のご出身と言う事で!と言うお話を先ほど聞いたんですけど…
東:そうなんです!佐賀なんです。元々、佐賀にいて食べ物も美味しくていい所なんですけど…もうちょっとこう、美容の仕事をしたい!と思った時に、美容の求人がない…!
全員:アハハハハ(笑)
東:あんまり…ちょっと少なかったんですよね!福岡だったら、市内に2,600軒はあるからですね!
森部先生:そんなにあるんですか!?エステが??
吉田:え!マジで!?
東:はい、マジです!エステがあります!エステ以外にも今は…美容クリニックとかもエステですし、美容の業界と言うのも数が多いので…
吉田:ま、お客様からするとどこを選べばいいか…って言うのは…
森部先生:選ぶの難しいでしょう??フリーペーパーとか見てもどうやって選べばいいのか…女性大変ですよね!どうやって見極めているんですか?
東:あれは、女性は例えば「ホットペッパー」から来たお客様では、あれば「ホットペッパー」のお客様だと思ってね!お借りしました!ってスタイルで、巡るモノなので…女性ってやっぱり、あっちも良いかも、あっちも美味しいかもってなっちゃうので…男性は一つの所に髪切りに行った、じゃそこで…ってなるんですけど、女性はまだ…好奇心があるみたいで…どこで差別化を図るか?となると「見せ方」「ブランディング」とかに関わって来ますね…
吉田:興味ありますね!
森部先生:その上でリピートを増やすために、SNSを活用すると!
東:はい!活用します!凄く活用します!全然、差が付くので…
森部先生:その辺の所をしりたいですね…
吉田:そうですね!これから継続的にですね!本領発揮して頂ければと(笑)
森部先生:そうですね!ぜひ、宜しくお願い致します!
東:はい、宜しくお願い致します。吉田プロデュ―サーありがとうございました!後ほど「世界を変えるRADIO」の2018 年についてお話を聞かせて下さい。
それではココで、毎週アクセス数が伸び続けている大好評の「読めるセカラジ」のご案内をさせて頂きます。「世界を変えるRADIO」のホームページでは、楽しみな情報をお届けしている番組内容を記事に起こしまして、「読めるセカラジ」として毎週更新させて頂いております!通勤中や移動中でも、いつでもどこでもスマホで読めるラジオになっておりますのでぜひご覧ください。

それでは早速ですが、今週は特別ゲストがいらっしゃっていますのでご紹介させて頂きながら番組をはじめて行きたいと思います!本日の特別ゲストは有名な雑誌とかを手掛けていらっしゃるプロカメラマンの藤原武史様でございます。
「それでは藤原様、簡単な自己紹介をお願いいたします」


藤原様:初めまして!藤原と申します。福岡でカメラマンを20年以上やっております。雑誌、広告等々やってます。この間、それこそある雑誌の仕事で…ある社長と会食をしている時に「今度の31日、ラジオがあるから出て!」と言われて…「え?」と思ったら、ここにいます!
全員:アハハハハハハ(爆笑)
森部先生:無茶振りですね(笑)
吉田:はい、セカラジあるあるです(笑)もう、超有名雑誌ですよ!全国紙の!
東:本当に誰もが知る!
藤原様:ホントに、え?みたいな(笑)
森部先生:元々、福岡のご出身ですか?
藤原様:そうです!福岡出身で福岡で仕事していますね。
森部先生:今、色々な写真っておっしゃってましたが…特異なジャンルとかってあるんでしょうか?
藤原様:得意なジャンルって、福岡でやる場合は…突出したモノよりも色んな事が出来る方が仕事にはなるので…ただ、JRの社内誌に「Pleaseって言うのがあって、あれを10何年やっていましたね。あれは、焼き物撮ったり、人を撮ったり、宿撮ったり、一ヵ月に毎回ずっとやっていたので、建築もやれば何でも、ずっと撮る…と言うのを10年以上やっていたので、どれでも撮れるって感じですかね。


森部先生:なるほど、じゃあ「Please」の場合は、中に出てくる写真はずっと藤原さんが?
藤原様:まぁ、そうですね!
森部先生:僕は今、九州共立大学って所で教員やっているんですが、通勤でSONICに乗るんですが、通勤するようになって「Please」読んでいたんですよ!
藤原様:あ、そうなんですか!
森部先生:10年間ずっと見ていたんですね!
吉田:繋がりましたね!
藤原様:今、全部じゃなく、色んなカメラマンにやって貰っているんですけど…以前はほぼ、一人で毎月撮ってましたね。
森部先生:なるほどですね…まぁ、僕らはスマホのカメラで撮る位なんですけど、プロのカメラマンからですね、ちょっとでも良く本物以上に伝えたい何か?か、難しさがあると思うんですけど…何を大事にしているとかありますか?
藤原様:そうですね…一つ言えば、モノ「例えば料理」であれば「料理人が何を考えてその料理を作ったか?」であったりとか、「焼き物」であれば「その焼き物はどう言う思いで作ったのか?」であったりとか、この間は「ある社長さん」を撮った時は、その社長さんその者がどういう人なのか?って言うのを理解した上で撮りたいなって思うんですね…
森部先生:すっごい時間かかりますよね??
藤原様:そうですね、ただ、時間掛けられないんで…やっぱり直感的に見ていくって感じですね。
森部先生:なるほど…それは仕事をやる上で磨かれていった??
藤原様:そうですね!考え方として、そこまでは必要ないと思うんですよ…そこまで写真で写るとかは、実は分からないので…ただ、私のスタンスとしてそう言う風にしたい!出来る限りその人が何を考えているか?を写真に反映するようにしてあげたい…
吉田:先生、それって出てくるんじゃないですかね?比べないと分からないかもしれませんが…
森部先生:僕ね、ご本人前にしているからではないですが、Pleaseって雑誌は凄い好きで…旅行関係の雑誌って一杯あるじゃないですか?その中でも作り方が丁寧って言うか…編集にしても、すごい好きだったんですね。
藤原様:ありがとうございます!
森部先生:こういう繋がりもあるんだな?って、ちょっとびっくりですね!僕は後…興味持ったのがですね、藤原さんのFacebookを見させて頂いて…
藤原様:釣りしかない(笑)
森部先生:あれは岩魚ですか??あれで、もしかしたら年代から「釣りキチ三平」世代かなって思ってですね…今日は絶対その事を聞こうかなって思ってまして。釣りの世界に入られたきっかけてあったんですか?
藤原様:まず…じいちゃんが好きだったですね。
森部先生:三平と一緒ですね!
藤原様:じいちゃんは四国だったんですが、福岡に来た時に釣り具を買ってくれたんですね…それで、道具があるもんだから、そのまま釣りをするようになって…そのうちずっと釣りばっかりやっていると、仕事が無くなってカメラマンになっているという…(笑)って言うのは冗談ですが(爆笑)
森部先生:アハハハハ!っていう事は何十年も釣り歴がるっていう事ですね!
藤原様:そうですね!それこそ釣りが好きだったと言う事で、釣り雑誌の編集もやっていますね!今は、記者でもあるんですよ!
吉田:面白いでしょ?まだまだ出て来ますから(笑)
森部先生:面白い!凄いですね!吉田さんとの繋がりは?
吉田:全国紙の「PRESIDENT」のカメラマンをやっていらっしゃって…フリーでやっていらっしゃるので、色んなことをやっていらっしゃるんですが、実は、藤原さんと同じ歳なんです私…ちょっと何か月かお兄さんなんですが、なんか藤原さんのお話を聞きたいなぁって思いまして…今日、ちょっと半ば強引に(笑)
森部先生:ちょっと出て!と(笑)あるあるで(笑)
吉田:はい(笑)
藤原様:イキナリメールが来るんですよ!
全員:アハハハハ(笑)
藤原様:31日、何時にここに来て下さい!って。え?って…昨日聞いて…ホントですか?って。
吉田:昨日、確認の電話入りましたからね(笑)
森部先生:吉田さんも、魚好きですよね!食べるの!
吉田:食べるのは、はい!好きですよ!でも、釣りダメなんですよ先生僕は…ダメと言うか苦手なんですよ。
森部先生:僕のトレーニングのクライアントと言うか弟子なんですが、釣りが好きな子がいるんですが…釣り人口って今、どうなんでしょうか?
藤原様:釣り人口は今、減っていると思います!ホントはもっと広く、釣りをみんながやって貰った方がイイですが、道具がどんどんどんどん「その魚」だけってなって来ちゃって…どうも入って来た人がすぐにやめちゃうと言う…
森部先生:それは経済的な理由とか??
藤原様:はい!経済的な理由もですが、これしか釣れないのか?ってなっちゃう…興味をその先に持っていけないというか…
森部先生:なるほどですね…どうでしょう?東さんなんか、釣りはどうですか??
東さん:そうですね!結構、海釣り公園とか行ったことがあって、その場所って釣れるじゃないですか?で、ルアーとかもそうなんですが、モノが多すぎて…どこから入って良いのかが分からない!って感じですね。ゴルフとかとかは最近始めている女の子多いじゃないですか?あれは「衣装がカワイイ」とか何かしら着たいとか…釣り道具でもカワイイ!とかだったら入りやすいと思うんですけどね…
藤原様:色んなメーカーがかわいいって言うのを出そうとしているんですけどね…
全員:あぁ!やっぱりそうなんですね!!面白い!!
藤原様:今、男性が入ってくるというよりは、女性がやりたがっている方が多いかもしれませんね…
森部先生:女性がね、釣ったあとに料理までするって言うとか…(笑)
東:そうですね!でも、そのボーっと出来る時間と言うか、なかなか少なくなってきているじゃないですか…女性も働いている方、多いので…そう言った所では、私は釣りに行って波の中、音を聞きながら、ゆっくりしてって言うのをすごく新鮮だったので…リラックスできたので…特に福岡に住んでいるので、そう言った所に行くって言うのは女性の取ってもいいかなぁって思いました。
藤原様:釣りが好きな人はですね…ぼぉ~っとはしてません(汗)
東:そっかぁ!もう戦闘モードなんですね!
藤原様:頭の中はもう「どこに(魚)いるんだろう!!!」って妄想で(笑)
森部先生:釣れないと面白くないでしょ?
藤原様:けど…翌々考えてみると、魚釣りに行って、魚が釣れている時間って多分、針に魚が掛かっている時間って10分くらいしかないんですよ。
全員:えぇ~!!おぉ~!!
藤原様:その…1日の中の10分にロマンを(笑)
森部先生:贅沢な時間の使い方ですよね!
吉田:色んな不確定要素が…ですよね?
藤原様:それをずっと考え続けている。
吉田:波とか、深さだとか、ツンツンとか、ね(笑)
森部先生:ちなみに…釣り場に行かれる人って横の繋がりとかってあるんですか??
藤原様:そうですね…今、やはりFacebookとかで繋がって…前は一人で行ったりとかしていたのですが、友達同士で情報を共有している人多くなってますよね…それこそ、先ほど少し話したのですが、宮崎に年末年始に行ったりするのですが…宮崎の人に連絡して「今、どんな感じ?」って聞いて、いい感じだったら行こうかなぁって…リアルタイムで情報を交換したりとかして、動いたりしてますね!
吉田:やっぱり…ロマンなんですかね?釣りって…
藤原様:翌々考えたら…何が楽しいんだろう?って時々、思うんですけどね…
全員:アッハッハ(笑)
吉田:森部先生、釣りをやるんですか?
森部先生:僕はね、やって…ました!だけど、一番最後に釣ったのはアジを釣ったのが最後ですね…
吉田:どれ位、前ですか?
森部先生:会社作ったばっかりだから…20年位前かな?あとは…ざうおですね(笑)
東:釣りながら食べる(笑)
吉田:うちのパーソナリティーに柊木マリコっているんですが、マリコちゃんが釣りが大好きで…彼女は彼女でファンを持っていますし、熱く語るので、釣りが好きな人たちって色んな思いがあるんだなぁって言うのと、今おっしゃったように、SNSで連携取っているって言いましたが、もう一つだけ私が個人的に質問したかったって言うのが、カメラマンでいらっしゃいながら、釣りの雑誌から番組を始めたっておっしゃってましたよね?メディア論って言う中で、我々はあたらしいRADIOをやっているというか、RADIOが新しいのではなくて、RADIOを活用してSNSで拡散していく中に、今、iPhoneもカメラがどんどん性能が良くなってきて…でもやっぱりプロのカメラマンからしたら一つのシーンとか…先ほどから藤原さんのお話を聞いていると、例えば…「森部先生を撮ってください」ってなったら、森部先生のバックヤードを聞いてから撮る?みたいな…その方の「シーン」を残す?と言うか…東さんから聞いたのが、ストーリーズ(インスタとFacebook)の動画にアクティブユーザーが動いている…そう言ったモノが時代背景に色んな流れになった時に【写真一枚に掛ける思い】とか、時代の背景とかですね、これがメディアとかになってくると色んなモノ(インフラ)が一昔前から変わっているので…今後、どうして行かれるのかなぁって言うのをプロから聞きたいんですけど…質問がまとまってはいないんですけど、メディア論と言うか、もし良かったら…作品に掛ける思いとかでも良いんですが…
藤原様:メディア論と言うといちカメラマンが話すのも何なので…ただ「写真って何だろう?」と言う事から語れるかなってありますが。携帯電話とかで撮れる写真とかって、コンピューターにカメラが付いているじゃないですか?実は、普通のカメラで撮るよりも、良いコンピューターで画像を処理しているんですよ!むしろ、一眼レフで撮るよりも綺麗に撮れたりするわけですよね…実は。
全員:へぇ~!!!(驚)
藤原様:実は、夜の風景とか撮るとなったら…一眼レフのカメラで撮るよりも、ある程度の技術とか知識が必要になってくるんだけど、スマホだともうコンピュータが全部やってくれちゃって…撮れちゃう。我々が一生懸命やっているよりもいい仕事やっちゃう…
全員:いやぁ…ハハハ(笑)
吉田:どんどん、進化してますからね!
森部先生:画質も凄い良くなってますからね!!
吉田:編集までかわいくアプリとかでしてくれますからね!
森部先生:あれで、騙されている人多いですからね!
東:めっちゃ多いですよ!
藤原様:そう言うのって実は一眼レフとかってなかなかしずらい…例えば料理なんかは、やっぱり「しずる感」とか…と言うのを撮ろうとすれば、ライトを当てて、光を当てて撮る方が綺麗に撮れるんですけど、風景とか人を撮るとかはスマホの方が綺麗に撮れたりするって言うのは、多々あるんですよ。
森部先生:多々ある!?
藤原様:変な話、取材とかしてて撮るじゃないですか?で、隣の人がそれを「スマホ」で撮っていて、それを見ると「おぉ!!」って思います(笑)
全員:アハハハハハハハ(爆笑)
藤原様:オホホホ!こっちのがイイナァみたいな(笑)
森部先生:そうなんですね~!
藤原様:そんな事、実はあります(笑)それくらいやっぱり、良くなっています!
吉田:でも、プロとしてこれから…その「しぼり」とかあると思うんですけど、その中でこらから更に食べていくには…藤原さんの中で何か、こだわりとかあられますか?
藤原様:結局、さっき言ったことと同じですが、写真てモノを写すだけなので…そのモノが持つ「裏の情報」とかって言うのを写し込めるようになってくれば、プロとして成り立つのかなって思いますね。例えば料理であれば先ほど言った「しずる感」であったり、「料理人の思い」であったりとか…そう言うのを汲んで撮ってあげると言うか…
森部先生:これはやっぱり、相当な修行が必要ですね!目に見えないモノを写しだそうという試みなので…
藤原様:そうですね!ただ、多分多くのカメラマンがそういう事をしていると思うんですよね…例えば宿の写真を撮るときに、宿の建築家であったり、宿の女将の宿をどういう風にしていきたいのか、それが例えば花瓶に生けてある花であったりとかそう言うので象徴されていたりする訳じゃないですか…それを見付けれるかどうか?が、カメラマンの目じゃないですか…
森部先生:これ、漫画になりそうですね!
吉田:ホントですよね…
東:職人!ですね…
吉田:いやぁ~ちょっと…深い!
森部先生:深いですね…この深さをどうやってRADIOで表現するか??
吉田:そう…ですよね…何か、ライダーが風になる瞬間?ですか?
全員:フハハハハハ(笑)
吉田:何となくわかります?フッハッハッハ(笑)
森部先生:同じ世代だからね(笑)
東:私も、SNSをする時にカジュアルな瞬間ですよね…もう今、誰でも撮れるし、カメラが勝手にしてくれるし…その中でSNSがファストフードだったら、本当に職人が出す丁寧なお料理…って感じですよね。凄い奥ゆかしいモノなんだなぁって思いますね…
藤原様:って言うか、そう言う風にしていかないと、我々は生き残れないからですね…
森部先生:これ、カメラマンの間のネットワークで、危機感的なモノは皆さんお持ちなんでしょうか?
藤原様:あると思いますね!スマホのカメラって言うのはみんな、相当思っているので。
森部先生:なるほどね。。。
藤原様:一時期、iPhoneで撮った写真が新聞の一面広告になった時がありましたが…あれ、普通の一眼レフのカメラじゃ出来ないんですよ。
東:へぇ~!!
藤原様:出来ないんですよ!よっぽど受光部の凄いいいカメラじゃないと…
森部先生:撮れないんですね…
藤原様:撮れない!それが簡単に撮れちゃう!
森部先生:でもね、一般の我々はそういう事を知らないから持っているのかもしれませんね。
全員:確かに…
藤原様:ホントは凄く良いモノ…で撮っているんで、もうちょっと気を使って撮ったら、写真はもっと良くなる!
森部先生:それはSNSを見る側の立場としてもですね、画像のいいやつを見ますからね…何かこう、いらいらする写真とかあるじゃないですか…


東:私、ホントにこれは最近知ったんですが、SNSをやるならカメラを習え!って言われたんですよ…一回。東京で早く情報が入り方がいて…一般人はグリッドを入れろ!って言われたんです。グリッドってカメラでこう斜線が入るのがあって…それでバランスを取れ!ってそれで、伝わるんだ!って言われた時に、カメラを習え!って言われて…
全員:へぇ~!!
東:それでやっぱり、いいね!とかも変わるって言ってました。
藤原様:グリッドが入ると…水平垂直って言うモノを意識すると思うんですね。
吉田:バランス的な部分ですか??
藤原様:バランスって言うよりも、斜めになっているモノって、人間が不安感を持つんですよね…それを水平なモノは水平に見せてあげると、安心に見れるんですね…それが、どれもこれもが斜めになっていたら…不安になっちゃう。
全員:なるほど…
東:それが最近、バランスって大事なんだなぁとか言うのが、そこで分かるようになってきたので…深いですよね、見せ方って言うのも大事でしょうし…
藤原様:簡単に言えば、水平線が斜めになっていたら溺れそうな気がしますよね!おおっと…って感じで(笑)
全員:アハハハハ!確かに!!
藤原様:それを、人間の脳の方が不安として感じちゃうんですよね。だから不安に感じさせないというのも一つの体ですよね。
東:藤原様ありがとうございました!番組の後半戦も一緒にお話をして頂ければと思いますので、最後までお付き合いください。
それでは続きまして「森部先生に聞け!」のコーナーです!今日は時間もたっぷりありますので、森部先生に聞いていきたいと思いま~す!!
吉田:イエーイ!生森部先生に聞け!だぁ!!
東:はい、あのですね私…年末年始、ダイエットの事をすごく聞きたくて…やっぱり体重増加が凄く出て来たので気を付けなきゃなぁ…と言う事で、こうしたらいいよ!って言うのがあれば…
森部先生:体重増加ですか?それはどのくらいの期間で増えたのですか?
東:ここ一ヵ月で増えて来ましたね…やっぱり飲み会が増えて来たので…サラリーマンの方とかも良く言われてますよね?忘年会シーズン太ったりする…て。戻す方法とか何か気を付けた方がイイことってありますか?
森部先生:シンプルに考えたら、急に増えた体重って言うのは戻るのは早いんですよ。
全員:ほぉ~!
森部先生:元々の体重がずっと同じ体重が続いてたとすると…そこに基準値がありますので、急に増えてもですね、元に戻す力はあるんです。それはホメオスタシスってやつなんですけど、所がそれが増えた期間が長くなるほど…前の期間に上書きされてしまうんですね…
東:ホホホホホホ…怖いですね(汗)
森部先生:だから、ちょっと増えたなぁって思っているうちに、何らかの方法を取っておいた方がイイと言うのは事実です!
東:はぁ…今、今です!
森部先生:その時に何をすればいいか?って言うのは、これは何でもいいんです。要するに、入って来たものを消費する何らかの方法をすれば、OKと言う事になるので…運動をする人であれば運動すればいいんです。走ろうが、歩こうが、筋トレしようがって何でも良いんですが、僕は今まで検証してやった結果、間違いなく筋トレが一番いい!んです。これはやっぱり、何でか?って言うと…筋トレって言うのは誤魔化しが効かないんですね!重たいモノは力を入れないと動かないんですよ!
全員:はぁ!
森部先生:でも、歩いたり走ったりって言うのは、力使わなくても出来るじゃないですか?でも、動いていることでやっていると錯覚しちゃうんですね!大したことやっていないのに
東:ハハハ…ドキッ!
森部先生:だから、そんなものに時間や労力を使う時間があるんだったら、これはもう同じ時間を筋トレやったらいい!と。そうすると、いやだなぁとか、きついなぁとか、ムキムキになったらどうしよう!とか考えたりするんですよ、多くの人が…
東:女性は特に…
森部先生:なりません!って~!!
全員:ワハハハハハ!(爆笑)
森部先生:絶対に!無理!そんなにね、簡単にムキムキにはなれない!
東:なるほど…筋肉を有効的につけたいのであれば、やっぱりプロテインとか摂った方がイイんでしょうか?
森部先生:いやいやいや…そんな事は必要ないです!普通に食事をしている人だったら、まずは筋トレするだけ!でいいです。
東:あ!だけで?なるほど…
藤原様:筋トレって具体的に何をするんでしょう?
森部先生:まぁ、一番簡単な方法は、体育で皆さん経験している「腕立て伏せ」です。
全員:へぇ!!フンフン!
東:凄い簡単ですね!
森部先生:簡単です!でも、簡単だけどきついんですよ!完璧な腕立て伏せって、消防士とか自衛官の方とかね、訓練している人以外で、ちゃんとした腕立て伏せしている人をまず見たことが無いです。
東:へぇ~!!!!
森部先生:まず、真っすぐに出来ないんですよ!自分の身体を!真っすぐにしているつもりだけど、頭が下がっているとか…腰が下がっているとかね、お尻が持ち上がっているとかになるんですよ。
東:なかなか難しいですね…でも、そこを意識したら正しい…
森部先生:意識してもね、出来ないモノは出来ないんですよ!力が足りないから!
東:うわっ!アハハハ(汗)
吉田:ホントね、森部先生の所で…腕立て伏せの大事さを分かります…「はい、このままで1分!」ってえ!楽勝じゃん…じゃ、ないんですよ!!
森部先生:だからね、腕立て伏せしなくてもいいんですよ!腕立て伏せの形を真似するだけで…まず、真っすぐにすることが一番大事なので。
東:なるほど…
森部先生:それはケガをしないために!ね。真っすぐにしているだけでも力を使っているんですよ!力入れてないとふにゃふにゃになっちゃうじゃない?それを真っすぐにしているだけですから、それを力を使っているんですよ!この時点で!これがね、重たいんですよね…人間の身体って何十キロもあって、しかも長いし…だからそれを我慢している、腕とか、肩とか、足って言うのは凄くキツイんですよ。
東:じっとしている方がキツそう…ですね。
森部先生:で、これで、ずっとじっとして1分とか分単位で出来るようになったら、初めて動けばいいんですね!で、どの位動けばいいんですか?って言うのは、動けるだけ動けばいいんですよ!
全員:へぇ~…
森部先生:深く曲げる必要とかないの!1センチしか曲がらない人は1センチでいいの!
東:そうなんですね!
森部先生:それを最初から深く下ろせ!とかなるから、おかしくなるんですよ!
東:フフフ…なんか無理かな?って思っちゃいますもんね、そこで…
森部先生:でもね~、多くの人がちゃんと正しく理解して欲しいですね。
東:はい…なかなかそう言った機会…正しいモノを正しく聞けることってなかなか情報が沢山ありすぎて分からないので、嬉しいですよね…
森部先生:それこそ、セミナーとか、イベント企画して頂いて、そう言うのを学ぶ場って言うのをね!作れば…あとはね、習ったことを毎日やるだけでイイんですよ!
東:あぁ!
森部先生:極端な話ね、ジムなんて行かなくていい!!
東:えぇ!!!(驚)
森部先生:いやいや!僕はジムを経営しているので来て欲しいですよ!来て欲しいんですけど、理屈から言えば…行かなくてもいいんです。
東:なるほど!お家で出来ちゃうんですね…
吉田:そうそう!森部先生の指導者の方々は主婦の方が多いんですね!お母さまがご自宅でやる!とか…で、2年くらいまえですかね、美脚塾って言うのをやったんですが…天使の美脚塾って言う商材を先生は発売されていて色んなモノを出されていたんですが…あの時美人時計さんとの企画でしたが「ビックリ!」したんですね。モデルさんを何人かお呼びして、美脚にしよう!ってなったんですが…先生は「まずウエストから減るよ」っておっしゃってたんです。「先生、美脚ですよ!」って話になった時に、やはり教えているのは一回目に先生が伝えて復習と言うか…4週間は無かったですかね、先生?
森部先生:3週間ですね!
吉田:そうでしたね!3週間で最高「ウエスト11センチ減」ですよ!
東:えぇ~~~!!!!
吉田:ちゃんと真面目にその子はやっていたんで…全員がウエストほぼ6センチ以上
東:6センチって言うのって体重を10㌔以上落とさないと無理だと概念的にはあります!
吉田:そう思うでしょ?でも、先生のやり方だと…ね。で、ほぼ全員が足が細くなって…だから【体重じゃない!】んですよね!体型を先生は上手くやられるというか…ハリウッド女優もそうですけど、体重よりも【ボン!キュッ!ボン!】じゃないですか?適度に筋肉付いているでしょ?なので、やっぱり先生は凄いなぁって…その時実体験したんで、女の子たちがビックリしてたんで…何でですか?って、しかも3週間?
東:3週間でなれるって…ないですからね、今までの体験から。凄い!それも技術?
吉田:はい、データ持ってますからね全部!!
森部先生:ホントにね…やるだけなんですよ!しかも、1日5分とか10分で良いんですよ!
東:え?それだけでいいんですか?簡単ですね…
森部先生:簡単なんですよ!
東:ホンモノの技術ですね。
森部先生:で、一回それを知っていればですね、別のそれはその…「私、最近体重が増えたんです!」って言う人がスポーツ選手になる訳じゃないじゃないですか?
東:そうですね!
森部先生:だからそんな1時間も2時間もやる必要はない!
全員:フッフッフッフ(笑)
東:億劫じゃなくなる!!
吉田:ながらでイイと思いますね!
東:ながらがイイ!!
吉田:先生の基本ですね!これを聞いておくことだけで、もの凄く有利です!!
森部先生:で、これ、入口の部分ですが、吉田さんの企画でやったんですが…レクチャーをしたんですよ!「こういう事やりますよ~」って、理屈をお伝えしたうえで「やりますか?やりませんか?」ってことで、だから分かんないでやみくもにやってもダメで…理屈を伝えて腑に落ちた人は頑張れるんです!
全員:そうですね!!
森部先生:でもですね…痩せるよ!簡単に!!5分10分で…「え、マジ?」みたいな…ッと思うでしょ?そうすると…半信半疑なモノは人間、全力出せないんですよ!だから、結局は中途半端に終わる!
吉田:それ、マインドもあったんですね…気持ちと言うか…
森部先生:いやぁ…結構これ、マインド重要なんですよ!でね、チャンピオンになるスポーツ選手の場合もそうなんですが、完全に腑に落ちた人の場合は完璧に再現出来るんですが…なんかコイツ嘘くさいなぁとかね、反発するような気持ちとかは疑いが入るんで、中途半端にやるんで時間が無駄になって結果も出ないんですよ!集中も出来ないし!
東:あぁ…なるほど!!
森部先生:だから、ちゃんと納得をして貰った方がイイですね!
東:はい!!そうですね…
吉田:なんかそれ、色んなシーンで大事な!
森部先生:仕事なんかでも一緒だと思いますよ~!
吉田:そうですね!腑に落ちるって凄く大事ですよね!
東:はい…大事ですよ…
森部先生:なので、体重っておっしゃいましたけれども…体重よりもやっぱり体型を見た方がイイですね~!
東:そうですね!人は数字は分からないですからね!
吉田:そう!わかんない!わかんない!!
森部先生:私、2キロやせたんですけど!って…「どこが?」って言われたら凹むでしょ?
全員:アハハハハハ(爆笑)
森部先生:ショックじゃないですかぁ…
東:ショックです…女心が…(笑)
吉田:傷付く(笑)
森部先生:でもね、仮に体重が1キロ増えていても、なんか「痩せたんじゃない?」って言われたら
東:嬉しいぃ!!はい!嬉しいです!!モチベーションが続きますね…
森部先生:多分、カメラマンでもそうだと思いますよ…体重云々って言うよりも見た目の方がイイですよね?
藤原様:あの…荷物が重いんで痩せた方がイイなぁって(笑)
全員:(爆笑)
森部先生:いやぁでも、筋力鍛えたら、荷物も軽くなりますよ~!
吉田:階段もですね…なんか、トントントンってこう、いけますもんね…
東:必要な事ですもんね…
藤原様:着替えもって山とか登らないといけないですからね…
森部先生:そうですね…
藤原様:もう、途中でへたばってます(笑)もういかん!!って
吉田:撮る前から?(笑)
東:はい、ありがとうございます!
森部先生ありがとうございました!また来年からも宜しくお願い致します!
森部先生:宜しくお願いします!
東:さて、本日は12月31日と言う事で「世界を変えるRADIO」大晦日特別SP をお届けさせて頂いています。残りの時間を使って、世界を変えるRADIO の未来を少しお話させて頂ければと思います。それでは吉田プロデューサー、宜しくお願いします。


吉田:はい、ありがとうございます!ちょっと残りの時間3分~4分使ってですね、これからの世界を変えるRADIOのですね、お話をしたいなぁと思います。この世界を変えるRADIOも6月4日から始まりまして…毎週日曜日の18時からですね、55分番組で様々なパーソナリティーの方々とか森部先生含めて、今日で第31回目の放送になるんですね。その間8月4日のパーティ―をやってからの…いい意味での拡がりがありましたし、そこから「読めるセカラジ」であったり、今日は神谷宗幣さんにご出演頂きましたが森部先生と「セカラジ生テレビ」と、自由な事をやっているんですけど、やはり我々は素晴らしいゲスト様のお言葉を【どう伝えていくか?】それはカメラマンの藤原さんも同じだと思いますが…いい作品をどう伝えていくか?だと思いますし、東さんでもどう伝えるか?だと思うんですね…こういった事をやって行かないといけない中で、様々な情報コンテンツ番組がある中で、選ばれて伝えて行くためには、発信し続け無いといけない!と考えています。後は…親番組「ラジオ2951」があるんですが、この番組は94局のコミュニティーラジオに、2500万人の方が聞いて頂ける放送があって、これを我々がガッツリ組んでやっている!と、言う事は、非常に大きな武器になりますので、これをもっと来年、活用していこうと思っていますし、更に人材の育成も進めて行きたいと思っています。今、パーソナリティ―に女子大生の百花ちゃんって言う西南大学の子がいるんですけど…来年は森部先生と連携して、大学生との連携を深めていくという部分。そして女性の起業家の方々とね、応援と言ったら変ですけど、共に学びも深めたいと思ってます。今回、東さんにご縁頂いて…現在尖っている方々?尖っているって言ったら変になりますので一本突き抜けている人達との連携をしてみたいなぁと。今日、私、今…今日は年末なんで僕も「読めるセカラジ」を…あ~どうしようかな?って、頭の中で今日、年末年始、それで迎えるのかぁってそれを考えながらいるんですけど、でもあの、お話をね…凄いスキルを、いっつも大事な時間を頂いていますから…

それを言葉にして、もう来年の基本的には4月をメドに…【英語】と【中国語】をやって行くと!世界を変えるRADIOが世界へ向けて発信していく!と言う事になって行きます。非常にこれからですね、我々は激動の時代を迎えて来ますので、この中で各々がビジネスをしていますから、やっぱり経済活動にね繋げていきたいなぁと思っていますので、今までと違った形の経済の動きをですね、ラジオ番組と言ってもですね【付加価値】を分かって下さる方の、更にその方々のビジネスに繋がるようにですね、我々もビジネスをしたいこう!と。ある意味6ヵ月は試運転だったんですね…で、2019年には時代が変わりますから、もう平成じゃなくなるので、これに向かって我々は色んな準備をしないといけないので、ちょっと…【2018年は非常に注目して頂きたいなぁって言うのを改めてプロデューサーの言葉から】ですね、今日は言いたかったので、今日は出させて頂きました。なんか、森部先生…ちょっとまだ言える部分と言えない部分とあるんですけど、森部先生はかなり御無理言って来たので(笑)そんな感じで先生、思っています!


森部先生:もうね、4月からと言うのはスグ!ですから、僕はワクワクしていますけど。
東:楽しみですね!ワクワクします!
吉田:なので、森部先生や出来れば東さんも入って頂きながら、うちのパーソナリティ―は本当に素晴らしい子たちばっかりなんですね…凄く成長してくれて…もちろん!自分の道も進んでいってる方はいるので、良い卒業をして頂いて、大学生の子たちは就職活動にね活用して頂きたいですし、私はそこをもっと広げていって、もっと段階をですね番組をTアップして行くために、自分自身を磨いていきますので、更に何か楽しみながら…「あぁ世界を変えるRADIO楽しんだよ!」って言って頂けるように、番組作りをしたいなぁと思っています!はい!!
東:はい、ありがとうございます!!ワクワクします!!
さて!あっという間のお時間で御座いましたね!今週の「世界を変えるRADIO」いかがでしたか?番組へのお問い合わせやご質問、商品提供等々は番組フェイスブックページ「世界を変えるRADIO」への直接メッセージもしくは、番組パーソナリティーの登録サイトからご連絡ください。
※そして!今夜、この後20 時より全国94局に放送されている「ラジオ2951」が放送されます。番組は「ラジオ2951」で検索して頂いて、サイマルラジオよりお聴きください。それでは最後にプレゼントの登録方法をお伝えします!良く聞いてください。

「プレゼントご希望の方は、まずは会員登録が必要になります!」

①お手元のスマートフォンから「ラジオ2951(フクコイ)」カタカナでラジオ、数字で2951と入力して検索します!!
②そうすると一番トップに表示されますのでそこをクリックしてください。沢山のプレゼントがアップされているHP がご覧いただけます。
③※そのHPの中に「世界を変えるRADIO」が表示され、番組パーソナリティーの顔写真が出て来ます!
④その中からお気に入りのパーソナリティーを選んで会員登録をお願いします!
※この時、必ず「メルマガを受け取る」で設定をお願いします!
⑤会員登録が済めば「プレゼント、応募」ボタンよりご希望のプレゼントを申し込んでみてください。
注)プレゼントお申し込みは必ず皆さんのお手元のスマートフォンでお願いします。

それでは、藤原様、森部先生、そして吉田プロデュ―サー今日はありがとうございました!最後にお一言すつ頂いて宜しいでしょうか

藤原様:今日は色々とスミマセン…ありがとうございました!
森部先生:今日で、2017年も最後と臂う事なんですけども…番組の最後が大晦日にあたったって言うのもなんていうんでしょうかね…なんかこう「運」を持っているかなぁって言う気もしますね。ま、切りがイイって言うか、来年、本当に一気な事が拡大していくなぁって言う実感がします。で、実感していく事を形にするってやっぱり責任もね、当然出てくると思いますので、その中では多少ね、力任せにやんないといけない部分も出て来るかもしれませんけど、これはみんなで助け合ってね、まぁ良いモノが発信出来るように頑張りたいと思いますので、リスナーの皆さんも応援よろしくお願いいたします!
吉田:まずホントに、今日は半ば強引ではあったんですけど…まずは藤原さん、ご出演ありがとうございます!そして東さんもイキナリのパーソナリティーをありがとうございます!そして…森部先生も、番組をご一緒させて頂くって、2回目ですかね…?
森部先生:いやぁ、これは初めてかもしれないですね!
吉田:そうですよね!いつも森部先生がいらっしゃらない時に出てたので…僕の中では新鮮だし…生の森部先生で嬉しいというか、いつも一緒にいるんですけどね(笑)番組を始める事によって、先週も森部先生がおっしゃってましたが、我々は非常に良いお話をこうやって無料で、いろんな社長さんとか、今日の藤原さんもそうなんですが、やっぱり【プロのお話を引き出していく能力って、もの凄く人間を育成させるんだなぁ】って言うのは、僕は非常に感じています!!で、これからは人生100年計画になって行きますので【社会人が勉強する場】を作らないといけないので、こう言った場も含めて【世界を変えるRADIO】と言う所で学びにも繋がればいいなぁと言う風に思っています。「人と人」が繋がって、その繋がっている事で縁を深めていく…そう言ったことを、僕も来年50歳になるので、人生後半戦に向かっていい時代を過ごしていきたいと思います。来年もぜひ、みなさん楽しみにして頂ければと思います!出来れば東さんも少しお話頂けないでしょうか?
東:私も色々とお話を聞かせて頂いて、普段では聞けないお話なので、すごく勉強になっているなぁって言う事を感じる事と、先ほどおっしゃっていたように、今、独立している女性が多くなっている中で、今、色々なライフスタイルを持つ女性が多いんので…子育てしながらお仕事をしている方だったり、SNSやソーシャルメディアを使って生きやすい世の中を作っていくとか…
吉田:勇気を与えて欲しいですね!
東:そうですね!今、自分たちの趣味をしっかりとブランディングする事でお仕事にもなる時代なので、その才能を自分で活かして欲しい!って言うのがあってですね…そう言った所に森部先生だったり、吉田さんがチャンスを与えて下さるので…そう言った方とかですね、何かこうお声がけ頂ければと思います!!
吉田:素晴らしいですね…
東:ありがとうございました!それでは本日の番組は以上で終了いたします。
「世界を変えるRADIO」は日本全国90のコミュニティFM局と連動し放送されている、地方創生をテーマにしたリスナー参加型プレゼント番組「ラジオ2951」の傘下番組で、毎週日曜日18 時~放送開始となっております。ここまでのお相手は本日特別パーソナリティーの【東沙織】でした。


次回の番組新年1発目2018 年1月7日(日)午後18 時からの放送です!パーソナリティーは【ローラさん】です。次回の放送をお楽しみに~!

世界を変えるRADIO
プロデューサー
吉田