『千色』とは?

みなさん、こんにちは♪ 千色を奏でるピアニスト 藤谷奈穂美です。

前回のブログから少し時間が経ってしまいました・・・(いや、かなり・・・💦)

リサイタルがあると、脳のすべてがそれでいっぱいになり、他のことが考えられなくなります。。。

言い訳はさておき。😆

私が自分自身のキャッチコピーに使っている言葉。

「千色を奏でるピアニスト」

この意味、皆さんお解りでしょうか?

「千色」は文字通り、千種類の色。 「奏でる」も文字通り、演奏することですよね。

何故「千」なのか。

これは、実はイタリア人独特の表現なのです。

なんでも大げさにするのが大好きなイタリア人・・・・。

例えば

「5分待った」は「50分待った」

「50人いた」は「5000人いた」

「1時間寝た」は「100時間寝た」

「30分以上待った」は「私の人生の一生分待った」

「それを3回は伝えた」(で、理解してもらえない場合) 「1万回伝えた」

 

とまあ、もっともっとありますが、こんな感じの表現なのです。

 

私のこの場合の「千色」もイタリア人から言われた言葉なのです。

これまでに色んな世界的に著名な音楽家と共演させて頂きました。その彼らから何度となく言われた言葉が

「君は千色を奏でるね」だったのです。

この上ない褒め言葉で、とても嬉しかったのです💕

要するに「沢山の音色を出してくれるので、こちらも演奏し易い」ということです。

 

『千色を奏でる』私の手。

それで私のキャッチフレーズを考えていたときに、夫が

「それはもう、『千色を奏でるピアニスト』の他に無いでしょう? そういうピアニストは少ないからね」と言ってくれたのです❤️

 

と、最後はおのろけも入れちゃいまちたが(笑)、そういうわけなのです。

 

これからも『千色を奏でるピアニスト』で居られる様、努力して参ります。

 

よろしくお願い申し上げます♪

 

ciao ciao ❤️

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。