世界を変えるRADIO 第11回目放送


パーソナリティー:ローラ
特別コメンテーター:森部 昌広氏
ゲスト①:ウェブ起業コンサルタント エクシード・アドバンス代表の松元 茂樹(まつもと しげき)様
ゲスト②:集客専門 魔法の看板屋 株式会社フォトンダイナミクス代表取締役社長の谷山 和彦(たにやま かずひこ)様
ゲスト③:株式会社バース 代表取締役者社長 津川 昌平(つがわ しょうへい)様

ローラ:皆さま~こんばんわ!8月13日(日)18時を回りました!今週も「世界を変えるRADIO」が始まりました~(拍手)
今週の放送で第11回目を迎えます「世界を変える RADIO」は、「社団法人日本ラジオパーソナリティー協会」そして「スポーツガーデン㈱」 「福岡スポーツメディア研究会」の提供でお送りさせて頂きます。
さて、いよいよお盆真っ盛り!!リスナーの皆さまは今、どこでラジオを聞いていらっしゃいますか?海を横目に波の音を聞きながらでしょうか?それとも山の中でセミの声といっしょに?もしくは…温泉宿かもしれませんね?ひょっとしたら海外とか?スマホが普及したおかげもあり、世界中でラジオが聞けるようになりましたね!リスナーの皆さまが楽しめる番組をお届けしたいと思いますので、今日も55分間、最後までお付き合いください。
さて、毎週日曜日 18 時よりお伝えしております「世界を変えるRADIO」は、番組パーソナリティーとして5人の美女!が登場します! 今週第 11 回目の放送は、本当でしたら【吉田りえさん】でしたが、今日は私【ローラ】がお届けさせて頂きます!
そして!今週もカリスマボディメイクトレーナーの森部昌広先生にコメンテーターとして登場頂いております!「森部先生、と言う事で今週も始まりました!お盆真っ盛りですが、楽しい話題をお届けしてくださいね!そう言えば先生、先週はお休みでしたが…先日8月4日に開催した【世界を変える RADIO=セカラジのレセプションパーティー】の反響は何かございましたでしょうか?」

森部先生:視聴された方、皆さん同じようなことをおっしゃるのですが「凄いことやっていらっしゃいますね!」と言われるけど…パーティーの規模感やゲストの多彩者的な事を見ると非日常的な雰囲気はありますが、皆さんが何が凄いのかがあまりよくわかってはいないのが受けた感覚。我々がもっと具体的に伝えて行かなければいけないと思いますね。

ローラ:そうですね…私も実際に5人のパーソナリティーとしていますが、どこから伝えていいかな?と感じている。どこからお話して、どこで終わったらいいかを分かっていない。なかなか広めにくいのは個人の意見としてあるんです。

森部先生:今、そういう方って多い。どこから情報をキャッチするか?なのですが、大きくはテレビかインターネットか…新聞も確かにメディア効力はあるが、活字離れとかタブレットで見るとか、情報の供給源として時代が変わりつつある。そんな中で僕らが持っているRADIOのイメージとして、昔はトランジスタラジオとかっていう時代で受験生時代に深夜に聞くと言うイメージはあったが、今ではタクシーの中だとか、お店の中で聞く事はあっても、今はあまり聞かない。僕のゼミ生には私のラジオを聞いてレポートを出すように伝えたら「先生、聞いたらめっちゃ面白くて、アーカイブ何度も聞きました。」と言う声を聞くようになった。更におまけがついてくる(賞品が当たる)と言う事で、結果的に地域創生であったり、防災のための役割を担ったりとなれば素晴らしいと思いますね。

ローラ:世界を変えるRADIOのいいところは、プレゼント特化型ラジオもあるのですが、一番は色んなゲストの方がいらっしゃるじゃないですか、そこで「うわ、こんな事ってあってるんだ!とか、今の社会がどんな動きをしているのか?とか、そんな方々がどんなことを広めて行こうとしているかを知る事で、自分の世界が広がっていく…それを知る事で何に活用するのかは人それぞれですが、受け入れるって素晴らしい事だと思いました!」これを機にドンドンリスナーさんが広がって行けばいいと思いました!
それでは今週のゲストをご紹介したいと思います!ウェブ起業コンサルタント エクシード・アドバンス代表の松元 茂樹(まつもと しげき)様です。「松本さん、自己紹介をお願いいたします」

松元さん:福岡市の城南区の方からやって来ました年齢58歳です。還暦が近いのですが、その割にはホームページやブログやSNSからリストを集めると言う仕事をやっています。メルマガを使ってリストを活用し資産化&財産化するための仕組み作りコンサルタントをやっています。

ローラ:これは深く聞いていきたいですね!やっぱりWEBの時代になっていますからね!

森部先生:リストって言うのがヒントになるかもですね!デジタル資産と言う事ですねよね!

松元さん:そうですね!これが無いと生き残れないと思います。

ローラ:続きましてお2人目!集客専門 魔法の看板屋 株式会社フォトンダイナミクス代表取締役社長の谷山 和彦(たにやま かずひこ)様です。「谷山さん、自己紹介をお願いいたします」

谷山さん:キャナルの近くで看板屋やっています!集客専門と言う形でやっていますが、基本は看板の看って「看取るとか、看るとか、看護婦の看」なんですけど、実は見るとか視聴覚の視るとかの意味を分かって作ると売上が上がるていうのを伝えて看板を作っている。

森部先生:フォトンて言うと光子の事ですか?

谷山さん:今はデジタルサイネージに力を入れてまして、魔法の看板やってあやしいぞ!と言われたので、大手用に株式会社に変えてやってます!メインは看板やをやってまして、新しい新技術も含めてクライアントの売上を上げる事とかを中心にやっています。

ローラ:なるほど、そのまた違う部分の分野も気になりますからね!後ほど聞いていきましょう!
続きまして3人目!株式会社バース代表取締役社長の津川 昌平(つがわ しょうへい)
様です! 「津川さん、自己紹介をお願いいたします。津川さんは近々とても大きなイベントを控えていらっしゃるそうですので、ご一緒にご案内をお願い出来ますでしょうか?」

津川さん:イベント控えていると聞くと、イベント企画会社だと思われるのですが…実はアプリとシステム開発の会社を天神でやっています。先ほど松元さんがおっしゃっていた顧客データをどうやって分析して育てて行くかと言うのはCRMと言う顧客分析システムを使って特に通販会社様向けに商売をやっています。じゃあ、なぜイベントをやっているの?と言われると、うちの会社の社訓が「ハッピーをシェアしよう」と言う事で、WEBからでもリアルからでも自分たちでハッピーを作って行こう!音楽であったり、カルチャーであったり、チャリティと言う側面も含めつつ、多くの人が楽しめるような環境であったりシステムであったりを作っています!宜しくお願いします!

ローラ:ちなみにそのイベントの名前は何でしょうか?

津川さん:ビートジャックです!ダンスミュージックフェスになっています!日にちは8月19日、20日の2日間で福岡ドームの裏の地行浜で行います!完全に二日間ビーチを貸し切って行います!ビーチバレー、ビーチヨガ、水鉄砲大会等、ずっと音楽が流れています!昨年、私が熱中症になったので、今年は準備万端です!

ローラ:分かりました!それでは後ほど皆様には詳しく聞いていきたいと思います!

さて!毎週日曜日午後 6 時よりお届けさせて頂いて居ります、全国で少 しずつ話題になってきた「世界を変える RADIO」ですが、この番組が凄 い理由が、日本全国 90 局のコミュニティFM局と連動し放送されて いる、地方創生をテーマにしたリスナー参加型プレゼント番組「ラジ オ2951(ふくこい) 」の傘下(さんか)番組となっているからな のです。 これは、私たちの番組「世界で変えるRADIO」で紹介されたモノ やサービス、商品が「ラジオ2951(ふくこい)」を通して一気に日本中へ紹介されると言うことなんですね。世界を変えるRADIOの番組HPも公開されましたので、発信力を更に高めていきたいと思います!そして、沢山の商品がラジオ2951を通して発信されるのですが、これには会員登録が必要となります。会員登録の方法は番組最後にお 伝えしますので、最後まで番組をお聴き逃しなく!そして現在、番組パーソナリティー別「会員獲得数ランキング」を競 っています!期限は10月15日までとなっておりますので皆さん!わたくしローラへのご登録をお願いしま~す!
ね、森部先生!

森部先生:ちゃんと登録していますよ(笑)

ローラ:全員でしょ(笑)ぜひ、みなさん、5人のパーソナリティーの魅力がそれぞれありますので、ぜひみんなのページを見て登録してください!
番組の最後にプレゼント登録のご案内をご紹介いたしますので、最後までお聴きください。
それでは早速ですがお一人目のゲストさんから改めてお話を聞きたいと思います。 ウェブ起業コンサルタント エクシード・アドバンス代表の松本 茂樹(まつもと しげき)様、宜しくお願いいたします!

松元さん:実は55歳過ぎてから起業したんです。きっかけが色々とありまして、自分の最適な道を探していて50歳を過ぎてから思い切って起業した。その際、インターネットは必要だと思い、活動を始めて行った。色々と情報商材を買って来てアフィリエイトとかやってみて教材を作ったりとかしてメルマガの指南書とか作って、派生形が出版になった。現在、WEB起業コンサルタントとして活動しているが、WEBコンサルタントと企業コンサルタントの別モノをくっつけているんです。実は少し前まで、福岡の創業支援窓口で支援をしていた。そこで起業される方の資金調達とか雇用とかの相談を聞いていたが、相談者は起業までが大変だと言いながら、起業後が薄かったりするんです。ホントはそこからがスタートなんですけどね…ホントはそこからのマーケティングであったり、セールスであったりするんですが、顧客の確保手法とか、意外と皆さん「あぁ企業出来たぁ」と言う事で、そこから続かないとか結構あるんです。今の時代、インターネットの活用は絶対必要!なんですが、知らない事が多いので、起業しながらWEBも伝えてアドバイスしているのが現状です。

ローラ:確かに、起業するまでが大変なイメージがありますけど、その後も大変ですよね。

森部先生:むしろ起業してからが大変だよ!会社は毎年決算とかがあるからね。

松元さん:昔は会社が3年持てばいいとか言ってましたが、今では3ヵ月とか?最初はお友達から受注とか貰ってても、その次が続かない。営業をしたことが無い人が起業するので、営業をすると言うのは大変だろうな?と感じる。

ローラ:職人さんは職人の技は出来るけど、売る営業は出来ませんもんね。

松元さん:営業って、営業マンってイメージがあるけど…営業は実は経営者が一番やらなくちゃいけないこと。経営者が一番マーケティング分かっていないよねって話もしたりして…じゃあどうやってそこを埋めるのか?継続するには何が必要か?それが顧客台帳=顧客リスト!まずはリストを集めておいて、見込み客を育てて、自分のお客様にするのが第一歩。リピートして貰う事が第二の戦略。結局リピート対策が出来ないので、また新規に戻っていく…それで疲れてしまう。そこで長続きしない。せっかくお客様になって頂いたので、紹介や口コミ等の一番強い形に広がっていく。メルマガ等で繋がっていく事を活用して欲しい。

ローラ:活用の仕方が分からないから前に進めないと言うことが多いので、分かっている人に聞く方が一番いい。

松元さん:起業する時ってその人が持っているリソースって凄いものがある。それを認知させる手段とか、どうやって広めたらいいのか?とかが営業力で苦手なことが多い。

ローラ:何か聞いたいときとかは本を読んだ方がイイですか?もしくは直接連絡すればいいですか?

松元さん:フェイスブック等でお問合せ頂いたらいいです!

ローラ:今週のプレゼントコーナーに参りましょう!松本代表よりお願い出来ますでしょうか?

松元さん:以前、私がコンサルやっていた「ママクラブピーチな赤ちゃん福岡の代表森永さん」と相談しまして「枠練りのいい石鹸」があるよ!と言う事で快くご協賛頂きました。アスタキサンチン配合の練り込み式石鹸と言う事で、普通の石鹸は置いておくとドロドロってなりますが機械式で作るとそうなるそうで、これは型にはめて何十日も掛けて作った石鹸でドロッとならない…高い石鹸はみんなそうみたいですが、保湿成分がとてもいいそうでお子様も安心して使えるそうです!合わせて除菌式ハンドソープで卓上のモノがあると言う事で頂いて来ました。小さいので持ち運びが出来ます。「型練り石鹸+持ち運びできる除菌スプレーセットを1名分!」プレゼントさせて頂きます!

ローラ:松元代表、ありがとうございました!続きましてお2人目で集客専門 魔法の看板屋 株式会社フォトンダイナミクス代表取締役社長の谷山 和彦(たにやま かずひこ)様です。集客専門って面白いですね!どういう事でしょうか?

谷山さん:皆さん、お店作ったらお客様来ると思ってるんですよね!実はそんな簡単に来ないんですよ!色々アンケート取ると、初めて来たお客様が酒屋さんで来てくれたとか…出す前に基本的な事を知っておかないといけない。富士山登る前に手ぶらで行く人はいないですし、お店出すことがゴールの人が多いので、それを看板なりでサポートしている。集客専門って言ってますが基本的なモノを揃えましょう!というイメージですね。

森部先生:看板業を始めるきっかけがあったんですか?

谷山さん:元々店舗設計の設計士や鍛冶屋になったがクビになって、その当時、看板を作ってくれと言う依頼が来て、そこで修業させてもらったのが始まりだった!看板って面白いって感じた。看板一つでお客様が来たり、売上が上がったり、これ凄いんじゃないかな?って、色んな人的ネットワークでこの技術を活用しよう!と思ったのが始まり。

ローラ:私、今、ラテンチームのダンサーの一員なんですが、韓国に行く事が多くて、街中でフリータイムになった時、ネットで調べるのもいいけど、街中で散策してその気分で「看板」を見て入る。

谷山さん:統計で出てるが「何となく入る」がダントツで一位!今、人間が考える事をやめている。昔は電話番号も覚える事が少なくなってきているし、調べることも少なくなっている…なので、分かりやすい情報を一発で分かるように仕掛けています。人間の能力が下がってきているので、その点を上手く仕掛けていく事を考えている。

森部先生:周りのレベルが下がっているのは仕掛けやすい事にもなる。

谷山さん:新規オープンよりリニューアルが多いので、確実に上がる!過去の実績から悪い事が分かるし、そこを改善すればいいので。普通に普通のことをやって餌を撒けばいい。魚釣りでも同じ。連れるための準備!

ローラ:分かりやすい!でも、自分の事になると分からなかったりするんですよね(笑)

谷山さん:それはそうですよね!10年間個人のお客様を相手にしていたので、会社とやっていると全く違うスピードなので頭が痛い点もある。

森部先生:大学での決済貰うのも時間かかったりするので分かる!早め早めに動かないと無駄になる事もある。

谷山さん:自分が得意としているのは、今、お医者さんが多いんです。ネイルサロンとか整骨院とか、学校がある所、競合が多いのは…潰れるさっきの三ヶ月と言うのは、お友達フィーバーがある三ヶ月を自分の力と勘違いする。その三ヶ月で次の仕掛けを考えないといけない!頻度も良く変える方がイイ!変わらずに行く事も大切ですが、変えていく事も大切!昨日のお客さんがいきなりいなくなるので、私たちみたいな看板屋とかコンサルタントを入れた方がイイ。

森部先生:ホームページも同じかも!いつまでも貼っている駅の広告みたいになってしますのでは?

ローラ:看板以外でも?この前のセカラジパーティーでみさせて頂いたグルグル回るデジタルの看板!あれはインパクト大でした!

谷山さん:疑似ホログラムですね。あれは僕が今、世界中のベンチャー企業のメーカーの情報を聞いたりして入っている情報から得たネタで最先端技術ですね!今、とんでもなく技術が進んでいるが、大きなお金を動かすのが得意じゃないので何とかならんかな?と思ってます(笑)今、チームラボさんがやっている技術は夜とか室内しか出来ないが、外で昼間に出来ると思ってくれたら早いかも!常設でお昼間に出来るのが売り!フォトンダイナミクスのHPに載せていますのでぜひ、見てください。

ローラ:谷山さん、ありがとうございました!続きまして三人目、株式会社バース代表取締役社長の津川 昌平(つがわ しょうへい)様です!津川さん、凄いイベントが控えていますね!

津川さん:毎年、夏に地行浜でイベントをやらせて頂いております!ビートジャックと言うイベントなのですが、今年は2Daysビーチをミュージックビーチに変えてしまおう!と言う事で、40組のアーティストが登場するのですが、湘南乃風の若旦那とか、ヒルクライムとか、大御所のMOOMINさんとか、復活を遂げたシュガーソウル等々、DJも含め錚々たるメンバーが出演します!去年4000人くらいだったので、今年はそれ以上頑張っています!ビーチバレーとか、ビーチヨガとか、水鉄砲とか、ダンスコンテスト等ビーチカルチャーに付随するコンテンツ満載です。子供も大人も楽しめるように!8月19日、20日の2日間21時までやってますので!あとでプレゼントも出させて頂きます。食の都、福岡でこその食イベントも多数出店して貰ってます!毎年こうやって夏にイベントを仕掛けていますが、会社はIT会社と言う(笑)

森部先生:凄いですね!でも、文化って言うのは一つのキーワードですね!

ローラ:ITの仕事の話を少しして頂けないでしょうか?

津川さん:そうですね!先ほどお話していたメルマガとか、創業における支援もですし、看板のお話もそうですが、ITはそう言ったリアルなところとかデータをどのように分析するか?自動化するか?というのは、様々なお仕事と密接に繋がっています。今までは映像とイベントの制作会社を東京でやっていたが、何度もCMやPVを作って流してきた経験があるが、今まではテレビに流してきたが、今ではWEBに流す時代に変わってきて、ようはプラットフォームの数が増えてきて、今はテレビよりもWEBのプラットフォームが増えて来た。であればWEBのプラットフォーム作ればいいのですが、流入してきた人たちの顧客データであったり分析できるようになるにはシステム作らないといけないとなったり、分析の手間を省くには自動化しなきゃいけなかったりと言うような感じで会社のサービスを作って来たが、特別大きな事はしないようにしている。その理由は…システムはバグが出るから(笑)無理はしないと言う。

森部先生:津川さん自体は技術者なのですか?

津川さん:僕は企画者です(笑)

森部先生:なるほど!ではシステムはプロがいらっしゃるのですね?自分が企画された内容って言うのはスムーズに技術で製品化されるものなのでしょうか?イメージの方がこんな感じで!ってあって、技術が追い付かないってあるのでしょうか?

津川さん:基本的にエンジニアと僕話し合わない(笑)サクサク行くかと言うと、最初の一年くらいは何を言ってもリスクの事ばかり言うし、本当にムカついていたんですよ。でもシステムって作り上げていくと、今、みんながサクサク使えているシステムって今まで何度も何度もバグが出てその都度改善して作り上げて来ているんですよね。そのバグが出るのが当たり前と思っているエンジニア側と、完璧なものが出来るであろうと思っている企画者側やクライアントとの心のギャップはとんでもない大きくって、創業一年で勉強しましたね…でも受注型のITビジネスは完璧を求められるので、非常につらい部分があると思います。でも、自分たちでこんなサービスを提供したい!というアイデアと思いがあるサービスに関しては、フェイスブックが最初そんなにいいシステムじゃなかったけど今凄く良くなっているのとおんなじで、ある程度作り上げたものを少しずつレベルアップしていいモノにしていくのがシステムだと思っている。受注で何かすると言うより、アイデアと企画で世の中に何かを広げていきたいと考えています。成功するか失敗するかのリスクは高いです(笑)でも、頭下げて仕事するくらいならしない方がイイと思っているので、凄い生意気な態度で仕事をしています(笑)

ローラ:今回、プレゼントを頂けると言う事で!

津川さん:今回のプレゼントですが、「ビートジャックイベント 参加チケットペア10組×2日間ですので合計40名分のイベントチケット!」をプレゼントします!お子様に特に来て欲しいと思っています。

ローラさん:皆さんぜひ、いきましょう!福岡の夏を楽しみましょう!!津川さん、ありがとうございました!そして、谷山さん、スミマセン!商品プレゼントを聞くのを忘れてました(笑)

谷山さん:忘れられてました(笑)僕の方はですね、以前、パーティーで使った頂いたハート型の看板があったのですがあれも含めてなんですが「インスタグラム用の顔ハメパネルを2名様分!」プレゼントさせて頂きます。こう言ったフォーカスポイントはとても有効なので、使って頂ければと思います!

ローラ:はい!ありがとうございます!さて、続きまして「森部に聞け!」のコーナーです。森部先生、先日、東京と大阪に出張に行かれましたよね?ICT教育の件でと聞きましたが…

森部先生:ICT教育って何か分かりますか?

ローラ:もう全然分かりません!

森部先生:わかんないですよね?僕も大学に行き初めて分かったのですが、僕らの時代には無かったことですよね?昭和の時代の大学卒業ですし、携帯電話もなかった時代で…ポケベルが出て来たとかですね!就職でも足で稼ぐ!とかイチイチいかないと何も分からない時代だったですよね?今は何でもネットで調べられると言う…WEBの環境が世界中に広がっていてて、情報を瞬時に配信&キャッチする事も可能なんだけれども、じゃあその情報をどれだけ具体的に活用出来ているか?実際にリアルな実業の世界の中で、コミュニケーションを成立させる事が出来るのか?となると…情報弱者という問題があったりするし、情報は生ものなので「今」と言うタイミングで掴まないと意味が無かったりするし、ツールが発達しているけれども使う側の気の持ちようとか、発想のあり方とかの誤差が生じて上手く使えていない現状もある。大学は最新の情報を掴まえているけれども、学生に降りていなかったりすることも多々感じる。旧態依然とした講義形式の授業をやっていても全く通用しない!企業側も年数を掛けて社員教育をしているが、実際はなるだけ早く実践的に活躍して欲しい!というのが実態。それを可能にするのは大学しかないだろう!と言う事で、大学に求められているのが「社会人基礎力の向上」であったり、即戦力育成であったりする。大学が学生を募集する入試の時点でアドミッションポリシーであったり、入学して来たらこういう風に向けて卒業するよと言うカリキュラムポリシーを準備していたり、このカリキュラムに沿って単位を取得していけば学位を授与すると言うディプロマポリシーを準備して、それに沿った教育をしていかなければいけないのですが、それが学生に降りて行っていなかったりする…それが今、過渡期なんですよね。ICTというのは、インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジーと言って、情報交換技術みたいなものなんですね。例えば、メールを送ります。でも返信が無ければ、コミュニケーションになっていない。それを簡単にしたようなのがLINEであったりするし、既読が付けば読んでいると分かるんだけれども、学生によっては教員に限らず、目上の人にLINE感覚で送ってたりするわけですよ。それをビジネスメールが書けるようにならないといけないが、そんなことを授業でやっても眠くなる!と言う事で、授業のやり方を変えて行かないといけない方が全国に沢山いらっしゃる!授業前にプレ授業と言ってYOUTUBE等で先に情報発信している先生もいて、それを見て学生が予習して授業に参加するだけである程度の理解が入っていたり、クイズを出してスマホでクリッカーとか使って3番!とか、統計処理してリアルに見れたりやり取りしている授業もある。大学も変わって行かなければいけない。僕も少しずつ始めているし、学生には喋る事が出来ないとそもそも社会人で営業も出来ないでしょ?と言う事で伝えたりしている。小学校の時は先生が質問したら「はい!はい!はい!はい!はい!」と言う事で「はい!は一回でいい」ってなっていたが、中学・高校になれば「誰もしゃべらない」とかね…これが大学になってもイキナリ喋りなさいとなっても変われないんですよね。

ローラ:ですよね!何であんなに小学校の間で出来たのに、何だろう、自己表現をしなくなっちゃうのだろう?

森部先生:いやいや、それはおとなしくしろ!って言うからですよ…管理教育だからいけない!先生のレベルが低い!躾けるとか、厳しく怒るとかじゃないと学生を集中させる事が出来ないと言う教え方しか出来ないから。

ローラ:私が19歳の時にフランスの高校に行ってたのですが、先生は殆ど黒板に書かないのです。それで、生徒はみんな必要な事だけをノートに書いていくんですよね。それで質問がある人?って聞いたら、みんな、ばっ!って手を挙げるんですよ。そして先生が生徒に「どうぞ」って言ったらみんな質問して、先生はそれに対して答えるんです。それについて意見がある人は、先生が話していても手を挙げるんです。そして先生が「どうぞ」って言ったらまた答えるんです。そういう先生と生徒がしっかりと何を考えているかというコミュニケーション取る土台があるんです。日本の高校のイメージは答えを聞くだけ、その問題について答えがこうだ!とか、全然違うんですよね…

森部先生:受験のあり方にも違いはあるんですけどね。文科省がこう言う風にやるようにと学習指導要領と言うのがあるので、それに従わないといけない点はあるんですけどね。先生達ばかり攻める訳にはいけないけど、時代はもう変わってきているし、グローバル社会ともいわれている中で、高校まで出来ないのであれば、大学で変えよう!変わろう、我々も勉強している訳で。

ローラ:なるほど…興味深いですね!
さぁ、あっという間のお時間でしたね!今週の「世界を変えるRADIO」いかがでしたでしょうか?番組へのお問い合わせやご質問、商品提供等々は番組フェイスブックページ「世界を変えるRADIO」への直接メッセージもしくは、私たちパーソナリティーの登録サイトからご連絡ください。
そして!今夜、この後20時より全国90局に放送されている「ラジオ2951」が放送されます。番組は「ラジオ2951」で検索して頂いて、サイマルラジオよりお聴きください。
それでは最後にプレゼントの登録方法をお伝えします!
良く聞いてください。
「プレゼントご希望の方は、まずは会員登録が必要になります!

  1. お手元のスマートフォンから「ラジオ2951(フクコイ)」カタカナでラジオ、数字で2951と入力して検索します!!
  2. そうすると一番トップに表示されますのでそこをクリックしてください。沢山のプレゼントがアップされているHPがご覧いただけます。
  3. ※そのHPの中に「世界を変えるRADIO」が表示され、私たち5人のパーソナリティーの顔写真が出て来ます!
  4. その中からお気に入りのパーソナリティーを選んで会員登録をお願いします!※この時、必ず私からの「メルマガを受け取る」で設定をお願いします!
  5. 会員登録が済めば「プレゼント、応募」ボタンよりご希望のプレゼントを申し込んでみてください。
    注)プレゼントお申し込みは必ず皆さんのお手元のスマートフォンでお願いします。

森部先生、今日はありがとうございました!
最後にお一言宜しいでしょうか?

森部先生:少しずつ深堀りしていって下さい。
ありがとうございました!

世界を変えるRADIO
プロデュ―サー
吉田 勝

投票はこちらから!!

※投票はスマートフォンからのみとなっています。

吉田りえ 武藤艶子 LAURA 柊木マリコ SHOKO

一般社団法人日本ラジオパーソナリティー協会
公認パーソナリティー

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。