第43回目放送


  • パーソナリティー:長島百花ちゃん
  • 特別コメンテーター:森部昌広先生(トータルコンディショニングコーチ)
  • ゲスト①Heart color &Style 主宰一條梨香(いちじょうりか)様
  • ゲスト②たけなかアトリエ代表竹中俊裕(たけなかとしひろ)様

百花:皆さま~こんばんわ!本日2018 年3月25日(日)18時を回りました!
本日も「世界を変えるRADIO」が始まりました~(拍手)今週の放送で第43 回目となります「世界を変えるRADIO」は、「社団法人日本ラジオパーソナリティー協会」そして「スポーツガーデン㈱」、「福岡スポーツメディア研究会」の提供でお送りさせて頂きます!
本日3月25 日(日)はパーソナリティーとして私【長島百花】がお届けさせて頂きます!!どうか宜しくお願い致します。
そんな感じで今日も楽しくワクワク始めて行きましょう!さて!本日もトータルコンディショニングコーチの森部昌広先生にコメンテーターとして登場頂いております!「森部先生、こんばんわ!本日も宜しくお願い致します!」


森部先生:こんばんは!宜しくお願いします!
百花:今日で3月最後の放送になります!本当に3月早いですね~!
森部先生:そうですね!年明けから3ヶ月終わっちゃったわけですから…いよいよ新年度が始まりますからね!
百花:卒業シーズンも一段落して、次は入学シーズンに入って行きますが…
森部先生:どうです?2年生になるって事で心境で変わった事ってあります?
百花:2年生になると…授業が大変になるって先輩たちから言われてますので…もうやるしかないです(笑)


森部先生:でも単位はしっかりとらないとね!
百花:2年生も頑張りたいと思います!はい!森部先生ありがとうございました!
それでは早速ですが、今週も素敵なゲスト様がいらっしゃっていますのでご紹介させて頂きながら番組をはじめて行きたいと思います!
本日のゲストお一人様目は今週のグッドパースンよりHeart color &Style 主宰一條梨香(いちじょうりか)様でございます。
「それでは一條代表、簡単な自己紹介をお願いいたします」


一條代表:始めまして!色彩心理コンサルタントの一條梨香です!私は経営者さんや専門職の方を中心に、色彩心理学を通じて少し未来のご自分がなりたいファッションになるスタイリストをさせて頂いております。今日は私のクライアントさん代表として色と心の教室の小林りえ先生にも来て頂いています!


小林先生:みなさん、こんにちわ!今日はお客様代表と言う事で、一條さんの素晴らしさを伝えにやってまいりました!!どうぞ宜しくお願い致します!
百花:宜しくお願いいたします!実は、小林先生は私がパーソナリティ―をした時にゲストとしてご出演頂いたんですよね…
小林先生:ね~、宜しくお願いします!
森部先生:これは偶然ですか??
百花:はい!偶然なんです!宜しくお願いします!一條代表、小林先生、ありがとうございます!のちほどまた、ゆっくりお話しを聞かせて頂きますので宜しくお願いいたします!
続きましてお二人組目のゲスト様は、たけなかアトリエ代表竹中俊裕(たけなかとしひろ)様でございます。
「それでは竹中代表、簡単な自己紹介をお願いいたします」


竹中代表:こんにちは!竹中俊裕と申します。福岡でグラフィックデザインとイラストレーションの仕事をしております。グラフィックデザインは主に印刷物のデザインであったり、広告&広報の仕事をしております。宜しくお願い致します!
百花:宜しくお願い致します!竹中代表、ありがとうございました!のちほどまた、ゆっくりお話しを聞かせて頂きますので宜しくお願いいたします!

さて!今週もこちらのご案内をさせて頂きます!毎週アクセス数が伸び続けている大好評の「読めるセカラジ」ですが「世界を変えるRADIO」のホームページでは、楽しみな情報をお届けしている番組内容を記事に起こしまして、「読めるセカラジ」として毎週更新させて頂いております!
通勤中や移動中でも、いつでもどこでもスマホで読めるラジオ、いわゆる「ながらラジオ」として公開させて頂いております。この「読めるセカラジ」がとても好評でご出演者様からも数多く拡散頂いております!ありがとうございます!!海外で活躍する日本人の方と連携を取りながら、プロデューサーが現在、リニューアルに向けてサイトの準備をしているそうです。2018 年はいよいよ世界に出ていきますので楽しみにしておいて下さい!
それでは、番組をはじめて行きたいと思います。

まずはお一人目のゲスト今週のグッドパースンよりHeart color&Style 主宰一條梨香(いちじょうりか)様でございます!「一條代表、本日はご出演頂きありがとうございます!改めまして宜しくお願い致します!!」

ブログはコチラ↓

ameblo.jp/rgiovanna4m4

一條代表:宜しくお願いします!
百花:一條代表が「色彩心理カウンセラー」をされているとお聞きしたんですが…どういう活動を今されているんでしょうか?
一條代表:色彩心理カウンセラーと言うのは、今、ファッションを通じてその方のお洋服のスタイリングをさせて頂いているのと、アートセラピーと言う事でその方の色を使って絵を描いて頂いて気持ちをスッキリして頂くと言うのをやっています。
百花:アートセラピーって言うのは、実際にどうやってどんな効果があるんでしょうか?
一條代表:その方の今の気持ちの色を選んで頂いて、その方の手のひらを使って絵を描いて頂くんですが、絵を描く事でアルファ波が出てストレスが解消されるんです。なので、三時間くらいかけて来て頂くと…終わったときにはかなりスッキリした気持ちになって頂きます。そして、今、自分がそう言う状態にあるのか?が分かるので…とてもイイですよ!
森部先生:その描く絵って言うのは何でもよいのでしょうか?
一條代表:何でも良いんですがその時にテーマは決めます。
森部先生:ちなみに、絵を描くって事であれば…竹中さんはご職業でしょうから…
竹中代表:そうですね(笑)
森部先生:やっぱり、描くとスッキリするとか?プロの立場でもそう言ったモノってあるのでしょうか?
竹中代表:今、なんか話を聞いていて…画材は何を使うんだろう?って…
一條代表:画材はパステルです!
竹中代表:パステル!なるほど!大きい画面ですか?テーマと言うのは?
一條代表:テーマは例えば…私の心の中の太陽って事で、自分の心の中を描いて頂くような…でも、やっぱり描くって掃き出し行為ですから…竹中さんはお仕事でしょうから(笑)
竹中代表:そうですね…仕事でありますから(笑)
森部先生:それは素直な気持ちで描けばいいって事で?直感でしょうか?今の色とか?
一條代表:はい!直感です!!
森部先生:経営者の方へ向けて、ファッションの色を持っていくって事でしたが…長年、定番の色ではなく、合わせやすいとか…余計な事を考えなくていいから…とか、モノトーンっぽくなってしまっているような、男性が多いとは思うんですが…男性の立場からすれば、沢山のモノを着替えていくよりも、ある程度色調がある中で、ワンポイントだけ気を使ったりはするんですが…召し物を全部変えて行くとなれば…抵抗感とかないんでしょうか?
一條代表:そうですね!ファッションは色だけではありませんので…例えばジャケットひとつでも全然違うと…自分ではあんまり変わっていないとか思っていても、周りから見れば全然違う!ってなるんですね。
森部先生:なるほどなるほど!
一條代表:なので、紺を着ている人に、無理矢理黄色を着させるって事ではないんですね。
森部先生:僕なんて、身体つきが歳年代とは全然違うんですが、今、身体にフィットした感じで着ているんですね…ようは補正して着ているんですが、そうすると変えようがないですか?それは変化って付けられるんでしょうか?
一條代表:つけられると思うんですよ!全部補正されている訳じゃないですよね?
森部先生:それが、先ほど着ていた革のジャケットも補正して合わせているので…
一條代表:最初から作る時点から…とか?
森部先生:元々合ったモノから変えて行ったんですよね…服と自分があっていないみたいな…
一條代表:合わせないといけないですよね…
百花:自分に合わせなきゃいけないって洋服を選ぶのが難しいと思っているんですが…友達から「あなたのイメージじゃないよね!」って言われることがあって…一緒に買い物行って「あ!これ!」って言うと「なんかイメージ違うよ!」って言ったら…買うのやめよう!ってなるんですが、そう言う方っていらっしゃるんでしょうか?
一條代表:そのお友達が、百花ちゃんに対して思ったイメージですよね?「これかわいい!」って思って、どうしてこれがかわいいって思うのか?って事なんですよね。皆さんのクローゼットを見ると、その方の心理状態が見事に反映されているんですよ!アイテムだったり、襟の形だったり、色だったり…心が凄く反映されいるので「これは私には似合わない!」って思っているのは思い込みとか…ブロックとか、こう言うのは着ちゃいけない!とか…厳しく育てられたから目立っちゃいけない!とか…今までの人生のクセとかパターンがその人の洋服の色とかに出ているんです。でも、本当に「今から先、どういう人生になりたいのか?」をお話して、その人生になるようにファッション=百花ちゃんの一番魅力を引き出す…どこを隠すんではなくて、良い所を引き出して上げられるファッション、未来に繋がるファッションを提案して来ました。
森部先生:ものすごいクリエイティブな…ちなみに、これまでのクライアントさんで「こんなに変わったよ!」って言うような事例で男性や女性でお一人ずつくらいあれば…
一條代表:お写真をお見せ出来ないのが残念なのですが…劇的ビフォーアフター!!ですね!劇的です!!その方はですね、外見が変わると、ちょっとお洒落になると褒められじゃないですか?そうすると自信が付きますよね?自身が付くと行動が変わって来るでしょ?外にも自信を持って行動出来るようになるし、行動が変わると環境が変わるって言われているので、環境が変わる=なりたい人生に向かっているって事なので、その方の洋服が変わっているだけじゃなくて「顔つき」が本当に変わっていきます!私もお会いする度に怖いくらい変わっていますし「仕事の業績も上がったよ!」て言われますし、プライベートも恋人
が出来たよ!って言われます。外見って凄く大事なんですよね…
森部先生:イイこと尽くめですね!!
一條代表:イイこと尽くめですよ~!
森部先生:これ、竹中さんが描かれる人物画の場合にですね、ストーリーがあるとしたら…表情とかも変わるんでしょうか?着ている服とか?
竹中代表:着ている服とかではないですが、笑っている絵を書いている時は自分も笑っている時はありますね!
一條代表:でちゃいます!でちゃいますね…
竹中代表:子供の絵とか描いていると…難しいですよね!あんまり流行りに寄りすぎると…何年かすると陳腐化するので。
森部先生:難しいですよね…
竹中代表:難しいですね!あんまり同じ色の服ばかり着させても単調化するので…
森部先生:今のお話からすると、何年かすると陳腐化するって事で、流行り物を追いかけたりすると陳腐化するって事なんですが、一條さんがみていらっしゃるクライアントさんも、今年と3年後とかだと、その人の運気とかも変わって来ると思うんですが、そうすると服自体もかわるんでしょうか?
一條代表:変わりますね!ただ、毎年買い替えとろ!とは言わないんです。そこは上手に、長く使うモノはちょっと良いモノを買いましょう!毎年買い替えるお手頃なモノは今年買いかえればいいって。出来るだけ長く良いモノを使えばいいんですが…でも、流行も取り入れたいし…ね。


森部先生:そうするとファッション自体の勉強も並行してやっていらっしゃる?その世代が違ったり、性別が違ったり、職業が違ったりすると…かなり、バリエーションが多くなりますよね?その時はどうやって対応されるんでしょう?
一條代表:長年の感や経験ですね…
小林先生:元々、ファッション業界にながくいらっしゃったので!
一條代表:はい!ファッションデザイナーでした。
森部先生:えぇ!!ファッションデザイナーですか?今日はクリエイティブな方が(笑)
一條代表:それを活かしながら…色んなお手頃のモノから、良いモノも見て来ているので、なので、その方に合った洋服をご提案出来るかなって思います!
森部先生:僕ね、聞きたいのが…学校の制服なんです。何でこんなに格好悪いのを着ているんだろう?って…変な制服ってあるんですよね…専門家から見てどうですか?多感な時期な子供たちに、同じような…
一條代表:う~ん…私も凄く嫌でした!!私も制服が無い職業に就こうって…卒業してすぐに制服を作る会社に勤めてました!
竹中代表:制服は大人の事情じゃないでしょうか(笑)
森部先生:大人の事情でしょうね…管理しやすいとかね。でも、子どもたちが勉強しやすい心理状態にするには、カッコいい!とか、お洒落な方がいい!とかですよね?
竹中代表:制服があるから楽って言うお母さんのお話を聞いたこともありますよ(笑)
一條代表:制服は、学校だけじゃないので「めんどくさい」って言う方もいらっしゃるんですよ~!
竹中代表:同じ服だと、スティーブジョブスとかそうですね…考えなくていいですもんね!
全員:そうそうそう!!
森部先生:そうなんですね!ところが一條さんが付いた事で…変わったと言う事?


小林先生:そうなんですよ!朝の忙しい時間に、前だったら30分くらいかけて行く先によって服を変えなきゃいけないじゃないですか?だけど、一條さんに全部任せているので、今日もそうなんですけど!ヘアスタイルから全て
全員:えぇ~(驚)そうなんですか!!!
小林先生:10分くらいで決まりますので、いい感じです!
一條代表:皆さん、お店とかに行かれて…美容院もですが、自分の気持ちが伝わらないとか、あった事無いですか?「こんな風にして!」とか言ったけど全然違うとか…そう言うのが、私は心理学をやっているので、何を求めているのか?って言うのが分かるんですね。
小林先生:そこが違いますよね!なんか、心が付いていかない事とかって無いですか?お気に入りの洋服なんだけど、ちょっと着ていくのが恥ずかしい…とか。そこがやっぱり心の面から変えて頂けるので、凄くステキになって行けるって感じです。
森部先生:どんな風になりたいんですか?ってなった時に「こんな風になりたい!」って持っていない自分がいると…抽象的なんですが、カッコよくなりたい!とか、似合うようになりたい!って思うんですが、それはそれでいいんですか?
一條代表:いいんです!最初は皆さん「ないです!」って言うんですが、必ずあるんですよ!カウンセリングしていくと…「こう言うのが私好きだったぁ!」とか「こういう人になりたかったんだ!」って忘れてた!って言うんですよ…
森部先生:なんか、お仕事の現場を見たいですよね!!
百花:みたいですね!
一條代表:見に来て下さ~い!!
森部先生:良いんですか?チョット見学に(笑)
一條代表:あとはお洋服って自己紹介じゃないですが?物言わぬ自己紹介なので、どれだけ能力が優れていても、外見がイマイチだと…凄くステキな人なんだけど、付き合ったら分かりますよ~…って言うと、時間がかかるじゃないですか?それよりもパッと見た瞬間に「あ!この人仕事ができそう」とか「信頼できそう!」とか「この人、接するときっと楽しい事になるんじゃないかな?」って思って下さると、その後の行動がしやすくないですか?
森部先生:確かに!なんか無意識な状態なのに…サブリミナル効果がバンバン(笑)でも、使えますよね?


小林先生:そうなんですよ!私も凄く変わりました!第一印象から違うので…
森部先生:全然違うんですか?
小林先生:昔と比べて全然違うんですよ!!
森部先生:昔を見せて下さい!!
一條代表:皆さん、ブログで紹介していますよ(笑)
小林先生:タイトルが「オシャレになりたい49歳シリーズ」って言う…テーマでブログに赤裸々な私を書いているんですが、凄くそれが人気で、ホントの私の記事より人気で…それを経営者さんがバンバン頼んでるんです!経営者さんですので、そんなにしょっちゅう買いに行ける時間もないし、でも社会的に求められる訳ですよ!なので、クライアントさんがどんどん増えていますね!
百花:経営者さんって交渉事が多いから…
一條代表::そうなんですよ~!!合わせて交渉の時は「これがイイですよ」とか、全部その人の事を聞くので、赤裸々に話して頂いて…セミナー等で行ったときに自信が付くじゃないですか?あ!この色を着ているからみんな話を聞くんだ!って。「上手く行きましたよ」ってご報告頂いたりですね…
小林先生:リピーターさんも凄いですね!一度お願いすると、ずっとお願いしたいんですよね!
竹中代表:女性は服が一杯売ってますよね?男の人はジャケットとねシャツとネクタイくらいしか…男性も大丈夫ですか?
小林先生:素敵になりますよ~!
竹中代表:お店を探すところからですかね(笑)
森部先生:もうね!竹中さんも任せた方がイイですよ(笑)
一條代表:見えて来ました!イメージが(笑)
竹中代表:あんまり考えていないんですよね…
一條代表:でも、それも思い込みなんですよ…これ位しかっていう…
百花:カウンセリングしているうちに出てくる?って事ですよね!面白いですね!
一條代表:今も素敵ですが、もっともっと!
百花:はい、ありがとうございます!本日は素敵なプレゼントをお持ち頂いているとか?

一條代表:はい!私がコンサルでも使わせて頂いています色彩心理学のイイダノブコ先生の「幸せを呼び込む色彩セラピー」って言うご本。
森部先生:これね、おなじみになって来ましたね!
百花:サイン入りって書いていますが?
一條代表:はい!イイダ先生のサイン入りです!今度、ホンマでっかTVに4月4日の2時間番組に出られますよ!ご覧下さい。

百花:一條代表、ありがとうございました!
プレゼントの応募方法は番組の最後でお届けいたしますので、最後までお聴き逃しなく!
続きまして、お二人目のゲストたけなかアトリエ代表竹中俊裕(たけなかとしひろ)様にご登場頂きます。
「竹中代表、本日はご出演ありがとうございます。改めまして宜しくお願い致します!!」


竹中代表:宜しくお願いします!
森部先生:略歴を拝見させて頂きまして、先ほど自己紹介を聞いていたのですが…1986年のアジア太平洋博覧会愛称募集「最高賞」『よかトピア』これはネーミングですか?
竹中代表:そうですね!
全員:えぇ~!!凄い!!!
森部先生:ネーミングとかも考えられるんですか?
竹中代表:そうですね!今でもパンフレットのコピーとか、時々作ったりもするんですが、僕らがグラフィックデザインに就いた時は、西島先生と言う福岡で有名な先生に弟子入りしたんですが…その先生自身も「うまかっちゃん」って名前を付けたのも西島先生なんですね。
全員:えぇ~!!(驚)そうなんですか!!
竹中代表:ですので、そういう事をするのがデザイナーの仕事だと思っていたので…自然と全部するって言う環境の中で育ってきたと言うか、当たり前っていう環境の中でしたので。でも、よかトピアの時はマークが1等賞100万円くらいだったと思ってそっちに応募したんですね。そこでよく見たら愛称も募集していたんですね、そこで応募したら…ついでに応募した方が通ったって言う(笑)
全員:えぇ~!!
森部先生:なるほどですね~!!今でも覚えていますよ!!よかトピアとかね!!
竹中代表:生まれていない?(百花)
百花:はい!私まだ生まれていないですね!1998年なんで…
全員:あ~よかトピア~!!!懐かしい!!覚えています!
竹中代表:通りの名前でも残っていますよね!子供たちがよかトピア通りを通って学校に行ってたので…
一條代表:じゃあ、お父さんの付けた名前の通りを…
森部先生:いやぁ誇らしげですね~!!あとですね、2008年の高木書房刊絵本「伏してぞ止まんぼく、宮本警部です」これは警察官ですか?
竹中代表:これは、東京の東武鉄道東上線ときわ台駅だったかな…踏切に飛び込んだ女の人を助けようとしたお巡りさんがいて…1週間くらい闘病されている時に地域の人たちがみんな、千羽鶴を折ってきたりとかって言う勇敢なお巡りさんで、最後は亡くなられたんですが、その方の偉業を称える実話の絵本ですね。


森部先生:作品を作られる時のコンセプトと言うか、ご自身の哲学みたいなモノってあられますでしょうか?
竹中代表:哲学…そうですね、でも、デザインやイラストレーションもそうなんですが、良くアートと一緒に…よく「アートの仕事」されてますよね?って言われるんですが、デザインって言うのはお客さんがあって、そのお客さんが企業だったら「その商品を沢山売る!」とか、学校広報の仕事もしていたので「その学校に生徒さんが沢山来るためのパンフレット制作」づくりをするとか…企業のお手伝いをするのがデザインの仕事だと思っているので、自分が作りたいものを作ると言うよりは、そこに合ったお客様をどうやって喜ばせるか?って所が僕の仕事の考え方の基本ですね。
森部先生:クライアントさんに求められる成果って、難しい物ってどう言ったモノがあられますか?先ほどの一條さんのお話だと、カウンセリングで引き出していくみたいな?
竹中代表:そうですね!似たような所はありますね!お客さんが何を仕事にしているのか?「お客さんが抱えているお客さん!」だから、お饅頭屋さんであったらお饅頭じゃなくて「お饅頭を買いに来るお客さん」の事を考えないと…饅頭は買いに来ないじゃないですか?「いつ、どんな人が、どんな状況で買いに来るのか?」とか、学校だったら「この学校に入って来たいと思う学生はどんな学生なのか?この学校はその学生に対してどう言うモノが提供出来るのか?」とか…そういう話を「売りがあまりない!」とかは難しいんですよね…特徴があんまりないですとか…そう言う所は逆にヒヤリングして見つけてあげる!意外と気付いていないんですよね…最初は素人感覚のつもりでお客さんになった気持ちでヒヤリングして…そこの学校に自分が行くとしたら…とか、自分の子供が行くんだったらどういう学校だったら行きたいと思うか?とか…やってる内容は「こう言う所が凄く魅力的」ですよね!とか…お客さんって今日は饅頭屋さんとか、今日は本屋さんとか、色々と変わりますので。消費者の気持ちで想定して、そういう感覚は大事にしていますね。一般常識的な感覚、女性のお客様が多い所だと、うちの家内に色々と話を聞きますね。カミさんとのコミュニケ―ションって結構勉強になるので…凄く助かっていますね!
一條先生:女性目線、大事ですね。それが無いと、その先の商売に繋がらないですよね!
森部先生:めちゃめちゃ大事ですね!!
竹中代表:意外とモノを作っている所って作るのに一生懸命で「これが良いんですよ!これが凄いんです!」って言いますが…それって「お客さん求めていないよね?」とか…
一條先生:そう!矢印が…矢印が全然違う!とか…それ私も考えます!


竹中代表:ベクトルが全然違うときあるでしょ~?パッケージを大事にしたい!とかもありますが、パッケージより先にこっち作った方がイイですよ!とか…デザインの方向性とかPRするところとかも相談したりとかアドバイスして…「ポスターを何十万掛けて作りたい!」とかってもありますが「ポスターってあんまり売上上がると思わないんで、ハガキ作りましょう!」って事で20万円くらい売上上がりそうな時をデザイン料1万円でイイからこれ「絵葉書だけ作ってどんどん配りましょう!」とかいう事もありますね。結局、効果が出ないと僕らは自分が儲かるだけ儲かっても…一回こっきりでしょう?それはあんまり意味が無いので…長い目で見てお客様が儲かってくれて、またお願いされれば良いですね…
森部先生:素晴らしいですね!めっちゃ勉強になっていない!?
百花:はい!めっちゃなってます!その先の先なんだなぁって…
森部先生:なんか、クリエイターの仕事の方って、例えばデザインの能力が無いって言う側からすると…どういう人が作って来ても、カッコよく見えてしまう部分ってあるんですよね…ところが実際は、お客様が求めていないモノを出してしまって…全然空振りって事ってよくあるような気がしますね!
竹中代表:カッコいいのを求めているクライアントさんであればそれで良いかもしれませんが…でも、成果に繋がるかどうか?って言うのが大事だと思っているので…泥臭い方がいい場合は、泥臭い方がイイですよ~って…
森部先生:結果的に売れないと意味がないですからね!
一條先生:成果が大事ですよね…じゃないと、その作った商品をすぐ捨てられてしまうと、悲しいじゃないですか…私たちやっぱり「ずっとそれが良かったよ!」って言われてそれが続いて行く事が喜びですもんね…
森部先生:得意なジャンルってあるんでしょうか?
竹中代表:そうですね、僕は「子供の絵」…西島先生の所に行きたかったのも子供の絵が描きたかったので…そういう子供の絵と、日本大好きなので「日本の絵」ですかね。墨絵とか…こう言うかるたを作ったりとか。
全員:うわ!カワイイ~!!!
竹中代表:小柳左門先生が「新百人一首」って言って「小倉百人一首」じゃなくて、それこそ神話時代から現代の昭和までの和歌の中から百首いい和歌を選んで、それに僕が絵を付けて…
全員:うわぁ凄~い!!!
竹中代表:先生にレクチャーを受けながら絵を書いたんですが、日本の一番古い和歌って、誰の和歌だと思います??
全員:日本で一番古い…?
竹中代表:はい、一番最初の和歌…誰が読んだ和歌かって言うと…「スサノヲノミコト」で神様だったって言う…
森部先生:ホントですか!?スサノヲノミコトがいたって言う?
竹中代表:古事記の中かな…に、詩が出てくるって…神話の中に和歌が出てくるんです。
全員:へぇ~!!!素敵~!!!
森部先生:これは誰が見ても日本の現風景ですね!
百花:鶴とか、山とか…
竹中代表:そう言う色んな仕事をする事でまた、僕も勉強する機会を貰うんで…それはすごく楽しいですね!
森部先生:素晴らしい…これ!
百花:子供の絵とか…私、調べてどんなモノを書かれているとか調べてみたんですが、子どもが鉄棒をしている絵って言うか逆上がりの絵なんですが…なんか「あ!懐かしいなぁ」って思ったんですよ。なんか、私そんなに公園で遊んだ記憶が無かったんですが、それでも懐かしいなぁって思ったんですよ。あ!逆上がり練習したなぁとか、足かけ上がりとか…あ、これです!!
全員:うわぁ(驚)これ素敵じゃないですかぁ!!スマホケースですか?
一條先生:他にどんなグッズがあるんですか?
竹中代表:とりあえずは、これですが…僕、子どものこう言う絵を書いているのは、お爺ちゃんもお婆ちゃんも昔は子供じゃないですか?で、今も子供がいるし、お父さんもお母さんも子供の頃だったし…で、これを見て「お父さんの子供の頃はこうだったんだよ!」とか「お爺ちゃんの子供の頃は学校給食が美味しくなかった」とか…そう言うコミュニケーションのツールになるじゃないですか?共通体験と言うか…共通じゃなかったことを…話題になったりとか、そう言う世代間コミュニケーションに繋がるような絵が描ければとは思っていますね。
森部先生:なるほどですね!素晴らしいなぁ…
百花:あぁ…素晴らしいですね!
竹中代表:お爺ちゃんやお婆ちゃんに見せると、違った感想が貰えると思いますよ!
百花:違うでしょうね!こんなんじゃなかったとか…言われそうですね!
竹中代表:オリジナルのカレンダー作って年末に売っていますが、グッズって言ったらそれ位ですかね。今の所。
一條先生:一月はこんな絵とか、二月は…とかでしょうか?
竹中代表:そうですね!それこそ先ほどの鉄棒の絵とかをそれこそカレンダーにして…
全員:拝見したいです!!
竹中代表:たけなかアトリエでググって頂いたら(笑)
百花:最初に出てきたのが鉄棒の絵だったので…
森部先生:昨年出て来た作品で明倫学舎」パネル&ムービーのイラスト…これは時代を反映したような作品なんでしょうか?
竹中代表:それは、山口の萩に明倫館小学校って木造校舎の文化遺産になっている所があるんですが、おそらく今年が明治維新150周年じゃないですか?で、色んな所が維新を歴史的なモノを作っていく中で、おそらく萩は「明倫学舎」を改装して萩と言うか長州藩がこう言う事をやった!って言う事を検証すると言うか、資料とかを展示する施設の中で…萩の人たちが明治維新までの科学技術とかを、どう言う風に発展させたかとか、基礎を作ったとかって言うストーリーを、その中の絵を松陰先生の絵とか、桂小五郎とか、毛利敬親とかの絵を色々と書かせて貰いましたね。
森部先生:書かれている絵の時代が幅がありますよね(笑)古事記の時代から…
竹中代表:そうですね!やっぱり色々と注文が来るので…この間、九電佐賀の佐賀支社にある水力発電の作る人たちの苦労話を漫画にして…今、展示中です!
百花:いろんなジャンルをされるんでしょうか?パネルとか漫画とかも…
竹中代表:そうですね!結構、歴史ものが多いのが不思議ですが(笑)
百花:絵が和テイストだからでしょうか?
竹中代表:そうですね…それもあるかもしれませんね…
森部先生:時代物が多いって事ですが、結構時代考証とかも時間掛けてされるんでしょうか?
竹中代表:そうですね!資料が…絵って嘘を書いたりすると、必ず詳しい人がいるので、チェックが入って「お客さん通してこんなこと言われたよ!とかココ間違っている!って言われたよ」って、必ず指摘が来るんですよ!だからもう、仕事する時は勉強しないと…本当に怖いですね!!
全員:へぇ~!!!!
森部先生:そうすると、その時代の絵があったり、写真とかがあれば?
竹中代表:そうですね!普段から集めているので…事務所は本だらけですね(笑)
森部先生:そうでしょうね!それこそ、それだけで資料館が出来そうですね!
竹中代表:ですので、歴史好きの人は来ると楽しいと思いますよ!
森部先生:僕も西島先生の作品は能古島で見て来たんですね!購入もさせて頂いたんですが…どうですか?こう言う絵の色を見られて、色彩心理的に子どもたちの心境とか想像とか出来ますか?
竹中代表:これは…僕が書いているんで、僕の心境ですね(笑)
森部先生:見た方にこう言う気持ちになって欲しいとかありますか?
竹中代表:そうですね!こういう風に遊んでほしい!とかありますね…
森部先生:実際にやっていましたからね!
竹中代表:おじいちゃんおばあちゃんとこうやって遊んでほしいとか…
森部先生:なんか、いい感じですよね…
一條先生:色も沢山作ってあって…
森部先生:新百人一首、ぜひ購入して欲しいですね!
百花:そうですね!ぜひ、みなさんお願いします!はい!竹中代表有難うございました!
本日は素敵なプレゼントをご用意頂いていると聞いたんですが、宜しいでしょうかご説明頂いて?


竹中代表:最近、色んな所から急に依頼が来るようになったのが…「七福神の似顔絵」です。七福神は七人いるので、誰かを似顔絵にして…それを書いて飾ったら商売上手く行ったとか!なって…
森部先生:僕も欲しいな!!こう言うのって作品にするのにどれ位必要なんですか?

竹中代表:そうですね!大体一日くらい…乾くまでに時間が掛かるので…
一條先生:何で書かれているんですか??
竹中代表:墨で書いて、水彩絵の具で着色していますね!七福神を書く若い人があんまりいないですからね…
小林先生:凄いカラフルで綺麗ですよね!
百花:色んな色を使っていらっしゃいますね!自分が七福神に入っていると「お!」ってなりますね!


森部先生:こういう依頼はWEBから来るんでしょうか?
竹中代表:WEBからも来ますが、知り合いとか…開店祝いにとか来ますね!
森部先生:これってさゆりばぁば亭ですよね?勝野社長の?
竹中代表:そうです!ちゃんぽん屋さんの!だから「ちゃんぽんの丼にしてちゃんぽん食べてる」んです。
全員:あ!ホントだぁ!!
竹中代表:だからそこそこに合わせて、書いていますね。こちらは牡蠣小屋さんなので、牡蠣食べてますね!
森部先生:だったら僕の所は筋トレでバーベルあげている所ですよね?依頼しないといけないなぁ!
竹中代表:毘沙門天をムキムキにして!
全員:アハハハ(爆笑)


百花:竹中代表、ありがとうございました!プレゼントの応募方法は番組の最後でお届けいたしますので、最後までお聴き逃しなく!
続きまして「森部先生に聞け!」のコーナーです。今日も森部先生に聞いていきたいと思いま~す!

森部先生…もう春の風邪を感じているんですが、今まで冬で…人間の本能的なモノかもしれませんが、冬眠するとか言うじゃないですか?動きが鈍くなると言うか…春になって少しずつ身体が動くようになると思うんですが、この時期って体調を壊しやすいと思うんです、季節の変わり目だし…その時にしておいた方がイイこととか、しない方がイイこととかありますか…体力的な問題で。凄い体調崩すので…
森部先生:季節の変わり目に体調を崩すって誰でも経験あるんですが、一番は温度差ですね。朝晩の…昼間温かいのに、夜になったら寒くなっちゃうとか、そこでコントロールが効かないとかで、昼間かいた汗が引かないうちに冷え込んじゃって風邪引いちゃったみたいな…とかは良くあると思いますが、基本は常日頃の基礎体力だと思いますので、やっぱり人間が動物だと言う事であれば「運動習慣」は何かしら持っておいた方がイイでしょうね…
百花:今の時期からやった方がイイんでしょうか?
森部先生:基本的には年中やった方がイイですね!せっかく今から暖かくなっていくので…季節のモノ、旬のモノを頂いて、多少アクが強いモノでも良いんですが…動物の場合だとアクの強いモノを食べて目覚ましする!と言うのがありますから、つくしとか、タケノコとか、この時期じゃないですか?本来持っている目覚まし効果を使いつつ、それを長く続かないと意味が無いので、あんまり欲張ってやる!事をしないで5分~10分くらい?その程度だったら誰でも出来るよ!って、周りの人が冷やかす程度でも全然いいと思うんですよね!そう言うのでも続けた方が絶対にいいから!!
百花:おススメの筋トレとかありますか?
森部先生:筋トレだったら家の中で出来るからですね!いつでも出来るじゃないですか?何やっても大丈夫なんですよ!同じことって人間は出来ないんですよ!飽きちゃうから…だから今日はスクワットして、明日は腹筋、明後日は腕立て伏せと言う風に、日替わりで、とにかく一日一種目は何かする!と言うようなね…それが一番いいですね。
百花:腹筋だったら、5分?
森部先生:5分の腹筋ってまずできない!だから、今日は20回の腹筋とか決めるんです。20回とかだったら1分もかからない!でも、それでいいんです!今日は1分!じゃ来週は1分10秒とか…それでいいんです!ただ、それが時間ばかり伸びて行って、ただやっているって事になりますので、負荷を上げないといけないので、重りを持ってやる!とかですね…そうすると時間が短くなる…でもね、それでいいんです。筋肉には常に、常に目覚まし効果が必要なんです!やっぱりね、楽な方に流れていくのでみんな休もうとするんですね!使わないと…だから、渇を入れるためにも短時間でイイから毎日やる!!
百花:ちょっとキツイ事を短時間でやる!
森部先生:はい!
百花:これはキーワードですね!分かりました!ありがとうございます!!
はい、森部先生ありがとうございました!来週も宜しくお願いします!
本日もあっという間でございました!「世界を変えるRADIO」いかがでしたか?
春をメドに番組が大きく変わっていきますので、ぜひお楽しみに!

番組へのお問い合わせやご質問、商品提供等々は番組フェイスブックページ「世界を変えるRADIO」への直接メッセージもしくは、番組パーソナリティーの登録サイトからご連絡ください。

※そして!今夜、この後20 時より全国94 局に放送されている「ラジオ2951」が放送されます。番組は「ラジオ2951」で検索して頂いて、サイマルラジオよりお聴きください。

それでは最後にプレゼントの登録方法をお伝えします!良く聞いてくださいね。
「プレゼントご希望の方は、まずは会員登録が必要になります!
➀お手元のスマートフォンから「ラジオ2951(フクコイ)」カタカナでラジオ、数字で2951と入力して検索します!!
②そうすると一番トップに表示されますのでそこをクリックしてください。沢山のプレゼントがアップされているHP がご覧いただけます。
③※そのHPの中に「世界を変えるRADIO」が表示され、番組パーソナリティーの顔写真が出て来ます!
④その中からお気に入りのパーソナリティーを選んで会員登録をお願いします!
※この時、必ず「メルマガを受け取る」で設定をお願いします!
⑤会員登録が済めば「プレゼント、応募」ボタンよりご希望のプレゼントを申し込んでみてください。
注)プレゼントお申し込みは必ず皆さんのお手元のスマートフォンでお願いします。
それでは一條代表、竹中代表、森部先生、今日はありがとうございました!最後にお一言すつ頂いて宜しいでしょうか?
一條代表:はい、ありがとうございました!私、ブログもやっておりましていろんなメニューを書いております。宜しかったらそちらからお声をかけて下さい!ありがとうございます!
竹中代表:七福神の色紙に似顔絵を描いていれますので、スナップ写真とか普段の顔写真があれば大丈夫で~す!
森部先生:今日は、色んなことを勉強させて頂いたんですが…竹中さんがお書きになられた七福神の似顔絵はお願いしたいな思います!

百花:一條代表、竹中代表、森部先生、ありがとうございました!
それでは本日の番組は以上で終了いたします。

「世界を変えるRADIO」は日本全国94 局のコミュニティFM局と連動し放送されている、地方創生をテーマにしたリスナー参加型プレゼント番組「ラジオ2951」の傘下(さんか)番組で、毎週日曜日18 時~放送開始となっております。

ここまでのお相手は本日特別パーソナリティーの【長島百花】でした。
次回の番組は4月1日(日)午後18 時からの放送です!

次回パーソナリティーは新しくレギュラーになる【東沙織さん】です。次回の放送をお楽しみに~!
今日はありがとうございましたぁ!!

世界を変えるRADIO
プロデューサー吉田勝

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。