第38回目放送


  • パーソナリティー:ローラ
  • 特別コメンテーター:森部昌広先生(トータルコンディショニングコーチ)
  • ゲスト①株式会社ビジネスリファイン代表取締役社長兼フィニッシングスクールインフィニ校長大野祐子(おおのゆうこ)様
  • ゲスト②カラーメンタリングインストラクター桑村佳夜(くわむらかよ)様

ローラ:皆さま~こんばんわ!本日2018 年2月11 日(日)18 時を回りました!
本日も「世界を変えるRADIO」が始まりました~(拍手)
今週の放送で第37 回目となります「世界を変えるRADIO」は、「社団法人日本ラジオパーソナリティー協会」そして「スポーツガーデン㈱」、「福岡スポーツメディア研究会」の提供でお送りさせて頂きます!


本日2月18日(日)はパーソナリティーとして私【ローラ】がお届けさせて頂きます!!どうか宜しくお願い致します。
今日はこちらの話題から!平昌(ぴょんちゃん)オリンピック羽生結弦選手が金メダル!!拍手~!!感動しましたね!!
全員:感動しかないですよね!涙ですよ!!
ローラ:ホントに涙が、心の底から出ますよね…
森部先生:凄い事故があった後だから…凄かったですよね!報われたって感じです。
ローラ:みんなで心から笑顔で羽生選手に声援を送ってあげたいですよね!
そして、宇野選手も銀メダル!日本勢が1、2フィニッシュは最高です!!
全員:みんな、若い!エネルギーが素晴らしい!!
ローラ:そんな感じで!私たちもエネルギーを頂きながら、今日もワクワク楽しく進めて参りたいと思います。
さて!本日もトータルコンディショニングコーチの森部昌広先生にコメンテーターとして登場頂いております!「森部先生、こんばんわ!今夜も宜しくお願いいたします!そう言えば今夜、この後19 時30 分からマッチョビーフ友の会があるんですよね?」


森部先生:こんばんは!宜しくお願いします!この後ラジオの後にくっ付けて、イベントは3回目かな?お食事を囲んでの交流会を楽しんでもらうと言う趣旨ですね。ラジオにご出演頂いた方が半分くらいいるんですけれども、これからもご出演頂けるであろう!と言うかたもいらっしゃいますし、ご自分のサービスや商品をお持ちの方が集って、食を囲みながら色んな交流をやって行きます。おかげさまで満席で!小さなお店ですが貸切です。
ローラ:前回はPRONTOさんでしたよね?今回は違うのでしょうか?
森部先生:はい、今回はDaysさんって言うレストランで貸切でやらせて頂きます。
ローラ:マッチョビーフ友の会ですよね?マッチョビーフも出るんですか?
森部先生:もちろん!マッチョビーフを出して頂くと言う形で主催者が交渉して、僕は呼んで頂きますのでお話をしてこようと思います。
ローラ:ありがとうございます。
それでは早速ですが、今週も素敵なゲスト様がいらっしゃっていますのでご紹介させて頂きながら番組をはじめて行きたいと思います!
本日のゲストお一人様目は株式会社ビジネスリファイン代表取締役社長であり、フィニッシングスクール校長であられる大野祐子(おおのゆうこ)様でございます。
「大野社長様、簡単な自己紹介をお願いいたします」
大野社長:はい、皆さまこんばんは!私、ビジネスリファインという会社を30年経営しておりますけれども、人材サービス、派遣、紹介、それから人材研修&教育ですね、そしてコールセンターとフィニッシングスクールインフィニという「礼儀作法の学校」を32年運営してまして、私は3代目のオーナーなんですけれども、女性達が社会へ出る前に、あるいは社会へ出た後でも「美しく自分を輝かせるため」のモノを身に付けていただく「文化教養」を学ぶ学校でございます。これを両方担当し、社長をさせていただきながら校長先生と言われているんですね(笑)色んな立場を持っておりますが、宜しくお願い致します。
ローラ&森部先生:宜しくお願いします!!
ローラ:大野社長様、ありがとうございました!のちほどまた、ゆっくりお話しを聞
かせて頂きますので宜しくお願いいたします!
続きましてお二人目のゲスト様は、今週のグッドパースンよりカラーメンタリングインストラクター桑村佳夜(くわむらかよ)様でございます。
「それでは桑村先生、簡単な自己紹介をお願いいたします」
桑村先生:皆さま、こんばんは!桑村佳夜と申します。色彩心理学で色を通して、心が元気になり、あとは人間関係の困り感と言うのを色を通して解決するお仕事をしております。カラーメンタリングって言うのが人間関係の改善のメニューになっております。そう言った講座とかカウンセリングを行っております。宜しくお願いします!
ローラ:宜しくお願いします。こちらも興味深いお話ですね!後ほどゆっくりお話を聞いていきたいと思います。
さて!今週もこちらのご案内をさせて頂きます!毎週アクセス数が伸び続けている大好評の「読めるセカラジ」のご案内です。「世界を変えるRADIO」のホームページでは、楽しみな情報をお届けしている番組内容を記事に起こしまして、「読めるセカラジ」として毎週更新させて頂いております!通勤中や移動中でも、いつでもどこでもスマホで読めるラジオになっております。この「読めるセカラジ」がとても好評でして、ご出演者様からも数多く拡散頂いております!ありがとうございます!
それでは、番組を進めて行きたいと思います!まずはお一人目のゲスト株式会社ビジネスリファイン代表取締役社長であり、フィニッシングスクール校長であられる大野祐子(おおのゆうこ)様でございます!
「大野社長、本日はご出演ありがとうございます!」

株式会社ビジネスリファイン 代表取締役社長 兼 フィニッシングスクー ル インフィニ 校長 大野 祐子(おおの ゆうこ)様

別添資料

株式会社ビジネスリファイン
http://www.business-refine.co.jp/

フィニッシングスクールインフィニ
http://www.fs-infini.com/

大野社長:こちらこそ呼んでいただいてありがとうございます!
森部先生:30年以上、されていらっしゃると?
大野社長:株)ビジネスリファインという会社を1人で創業し、30年なんですが…当時は女性達がキャリアアップしなくてはいけない!と思っていましたが、現実は、マナーとか、お茶出し、電話応対研修が主流でした。本気で「日本のビジネスの世界で、戦力となり得る仕事が出来るように!」という事で立ち上げた会社が【ビジネスリファイン】なんですね。ここでは、会社の新入社員研修、階層教育等がありますが、その中でも福岡県が女性活躍推進〇〇と言っていますが…私はもう、そんな言葉は古いと思います!30年前からやっているからですね…もっと女性達が「仕事で戦力となり得るように!世界中に通用するように!」そして、美味しいお茶をちゃんと淹れられるように、バランスのとれた女性を育てたくて、フィニッシングスクールという礼儀作法の学校を運営しております。
森部先生:30年前にそう言うのをやらなければいけない!って言う原体験みたいなものがあったのでしょうか?
大野社長:ありましたね!その当初は、とある大手企業に勤めていたんですが、どれだけ頑張ってもお給料は増えないし、役職が貰えないんですね…男性が私を超えてどんどん出世していくんですけど、全く権限がないんですよ。出世しない!という事は役職も持てないから、権力というか権限というか、自分で決定して自分が運営するという事がいつも出来なかったから、それが嫌で…どれだけ頑張って売上を上げてもこれは無理だな!と思って社長に相談したら…古い体質の会社だから変えるのは難しいと言われて「じゃあ、出ていいですか?」と言ったら「おう!出ろ出ろ!」と言われたから「はい!出させていただきます!」という事で、退職しました。そこで、自分で女性の活躍!を実践しようと起業しました。 森部先生:素晴らしいですね!!
大野社長:その社長も凄いんですけどね。
ローラ:対象となる女性の方々と言うのは「何歳から?」になるのでしょうか?
大野社長:ビジネスリファインでの研修は女性の教育というのは、当初はマナーや作法ばかりを企業側が要望していましたから…「お茶の出し方」「電話の応対の仕方」「接客案内」というような「アシスタント的な仕事」の研修が多い時代なんですね。こんな事をやっていたらダメだ!と言う、やはりビジネスに必要な「人と話をする」「交流する」「交渉する」あるいは「ディベートする」、「女性がマーケティングの知識もあって、問題解決も出来る」ような【ビジネスが出来る女性】を育てたかったけど、全然そういう研修やプログラムはありませんでした!だから私は、礼儀作法やマナー研修を頼まれながら、研修現場では勝手にプログラムを変えて実践していました。マネジメントの知識研修を!担当者は無関心でしたけどね・・・マナー研修は女性は女性に任せようって事で、現場の研修はお任せでしたので、私は全てプログラムをビジネス研修に変更して実践していました。
森部先生:大野社長がやって来られた時って草分け的な存在じゃないですか?ご一緒にやって来られた女性とかってスムーズにいらっしゃたのでしょうか?
大野社長:おりましたね!創業当初は1人で切り盛りしておりましたが、企業の方が大変評価をして下さいまして、売上が徐々に上がってきました。また、郊外へ営業に行って、行政とも交渉しながら研修の取引先を増やし、そして北九州の工業地域の男性が多い企業を回り(安川電機さんとか)大手さんへ行きました。地域的に、女性が少ない企業が多く、マナーの研修をしませんか?と言いながらビジネス研修を実践していました。その時代は、パソコンのノートブックが出たばかりだったんですよ!ですので、学ぶ人とか教える人っていなかったんですね!だから、パソコン教室も始めたんですよ!
全員:えぇ~!!!(驚)
大野社長:ですので、皆さんが「ノートパソコン!!!」と言って集まって来てくれて「何か新しい事を始めている人がいる」という事で参加して下さる方がすごく多くなりましたね。で、社員になりたいと入社して下さって!
森部先生:そうなんですね~。
大野社長:ちょっと先を行かないと!ですね!みんな、女性はただのアシスタントで補助的作業者ではなかったからですね。
ローラ:そのフィニッシングスクールで校長であられるじゃないですか?でも、会社として入れているって事でしょうか?
大野社長:フィニッシングスクールインフィニっていうのは、ホテルニューオータニの5階の役員室の前にズラ~っとあるんですよ。宿泊の部屋を教室に変えているんです。
ローラ:へぇ~カッコいい!!
大野社長:ぜひ、来て下さい!会社を作って、キャリアビジネスを支援して来たんですが、女性が優秀さを増してきますと言葉遣いが乱暴だし、上司との対話も乱暴になったし、自分の事を構わない女性がすごく多くなって、これはいけない!と思ったんです。私は3代目の校長でありますから、一期生で私、入学していたんですね。いい学校だなぁと思ってて、気になって覗くと良いチャンスだなと気になっておりました。仕事が出来る女性でも、ご飯をちゃんと作れるとか、美味しいお茶を淹れられるとか…やはり言葉遣いだとか、そういう基本的な所は、お母さんになる訳ですからね!私はしっかりと身に付けて欲しいと思ってM&Aしたんですよ。仕事が出来る女性ほど、家庭の事とか、マナーの事とかをちゃんとバランスをもって身に付けて欲しいんです。ですので、15年前にオーナー校長になったんですね。
ローラ:もう、魅力的過ぎて…速攻入りたいと思った…


森部先生:女性がそこまで出来たら女性だけでイイってなりますね(笑)
ローラ:そんな事無い!そんな事!だって男性には男性にしか持っていないモノがあるんですから!愛情とか、ね!あるじゃないですか!
森部先生:アッハハハハ!そうなのね…(笑)
大野社長:共働きの時代でしょ?お父さんもお母さんも働かなきゃいけないし、日本の経済はね…本当は厳しいんですよ!世界中からすれば日本の経済は本当に厳しいので、もっとしっかりしなきゃいけないのにも関わらず!何かこう…のほほんとしていますが、そういう意味では仕事もする!自分としての女磨きもする!となれば、未来の子ども達の為に、とても影響があるんじゃないかな?と思っています。
ローラ:あ~良かった!
大野社長:女性達は強くなっていきますが、やはり男性の存在は、何かあった時に「俺がいるから大丈夫!」と言ってくれると心強いですね。
ローラ:ホント、そうなんですよ~!!
森部先生:なんかね、そう言う甲斐性のある男の人が減っていると思いますね!男が見ていても!
大野社長:だからね、女の人がそうしてあげればいいんですよ!「あなたがいなければダメなんだ!」って勇気を持たせて!女性は男の人を産んでいる訳ですから、男の人はみんなお母さんが大好きじゃないですか!だからお母さんが「あなたは出来る!」とか「あなたがいないとダメよ」とか言うと、もう必死に男の子は頑張ろうとするもので、そこは女性は優秀なので、男性を育て、支えながら昔のように戻っていただければと思いますね…
ローラ:はい、分かりました!学びたい!!
森部先生:ホントにね、いい所にあるのよ!
ローラ:いい所で学びたい!って思いますもん!
森部先生:最初、フィニッシングスクールって意味が分からなかったんですよ。インフィニ以外にも、他にもありましたよね?何をするところかな?って思っていたんですが、たまたま僕が勤務している大学の現理事長から「森部先生、ちょっと行って欲しい所があるんですが…」と言う事で、行ったのがインフィニさんだったんですね。
大野社長:大学経営の女性理事長さんも個人でスクールに通われました。マスターされて、「このプログラムがいい!」となって、ご自身の学校の中に取り入れて下さったんですよ。素晴らしい方ですよね!でね、インフィニは男性の講座もあるんです!「文化教養」というプログラムです。男性ってなかなかそういう所へ行くの恥ずかしがるじゃないですか?でもそれは、男性っていうより「文化教養講座」というコースで、茶道をしたり、お花を活けたり、あるいは和食の料亭に行って食事をしたり、洋食の一流レストランに行ってレッスンを受けたり…公の場で必要な、教養講座のコースがあるんですよ。
全員:へぇ~(驚)
大野社長:今、企業でも、社長さんとか会長さん達は中洲のクラブにお金を使う予算を教養講座へ社員の方達と一緒に受講に来られます。面白いですよ!お箸の使い方とか、お酒の頂き方とか、席の上座下座の座り方とか…今さら聞けない、知らなかった上でビジネスしていた方の参加受講が多いです。
森部先生:それは、何年くらい前に作られたのでしょうか?
大野社長:これは、2年前くらいですかね。もう8期生まで来ていますので…大体、少数精鋭でやっていますので、若手の社長さん達が多いですね。自分で事業を立ち上げた方とか。2代目さんとかも多いですけどね!ぜひぜひ、おいで下さい!男性の皆さま!
森部先生:これはね、行った方がイイかも!
大野社長:結構、楽しみにしていらっしゃっていますよ!知らない事が多いらしいからですね!
森部先生:でもやっぱり、教養とか言われたら…ほとんど教養ないですよね…
大野社長:ウフフフ(笑)
森部先生:いや、ほんと!分からない事一杯ありますからね!かと言って、聞くに聞けないとかね!誰に聞いていいか分からないとか…
ローラ:本で読んでもね…実際にやるのは違いますから…
森部先生:違いますね!
大野社長:海外でもね、今、日本の文化はブームじゃないですか!日本文化とか…すごく大事にされているんですけど…海外では「日本人が知らない!」となるんですね。お箸の持ち方とか、お寿司の頂き方とか…知らない人が殆どらしいんです!それは「ちゃんと習った環境が無かった」という事で【外国の方がすごく日本の文化がイイと思っている】けれども、実際、日本人の私達が知らない人が多いですね。今、海外からの観光客の方も凄く多いでしょ?教えてあげられるようにね…基本は知っておかれたらいいかなぁと思います。
ローラ:ホントですね…この間、カメラマンさんにもお話を頂いた時に、海外によく行かれるじゃないですか?そこで「ニホンのスバらしい、ワビサビおしえてクダサ~イ」って言われて…
全員:アハハハハ(笑)
ローラ:答えられなくて恥ずかしかった!って…言ってました。
大野社長:私、お茶もするんですよ。遠州流茶道といって、日本庭園でご指導させていただいていますが、男性がすごく多いんですよ!男性の経営者ばかりの会がありまして…やはり総合芸術なので、お茶をたてるだけではなく、日本の歴史とか、お茶碗だとか、掛け軸だとか、お花だとか、ワビサビを学びます。遠州流の場合は「綺麗サビ」というんですが、ちゃんと体得して学ばれるんですよ…そういう時代に敏感な方はですね、早く日本の文化を今…私はね40代になったら是非とも身に付けなくてはいけない!ってオススメしています。ある程度社会が分かってきて…

ローラ:そう言うのを、学ぼうとする姿もまた素敵ですよね…心だったりとか…
大野社長:格好いいですよ、みんな…
森部先生:そうですね、経営者の方々って言うのは、やはり数字の世界で生きているので、貪欲さがあるので反応の良さはイイでしょうね!僕はやっぱり、学校の先生に行って欲しいですね!だってその人たちが知っていなければ、子どもたちに教えられないじゃないですか!
ローラ:確かに!
大野社長:最近多いんですよ!学校の先生が入学されるのは!
森部先生:そうなんですか!!
大野社長:学校は16歳から83歳までの方が来られているんですけど、学校の先生、弁護士、お医者さん、それから…一般の働いているOLさんと言われる方、あるいは主婦の方、経営者の方…色んな方がいらっしゃいますよ!学校の先生、多くなりましたよ!
森部先生:おぉ!それはイイことですね!!
大野社長:やっぱり、見本をね!自分が知らないといけないですから…で、お医者様もね、ずっと仕事は技術者ですから、知る機会がない!と言って、マンツーマンで来られます。多いですよ。
ローラ:個人的に授業もされているんですか?
大野社長:7ヶ月コースの【ベーシックコース】があります。クラスに分かれて入ります。ただ、お忙しいお医者様や経営されている社長さんはパーソナルレッスンがあるので…特別にメニューを作って、時間調整をしながらマンツーマンで先生たちが全部ついて…
ローラ:そしたらお仕事が忙しくても、自分の時間で合わせて頂いて指導して頂けるって事ですよね?
大野社長:素敵ですよ…皆さん必死ですよ!受講されているお姿はね…弁護士さんやお医者様でも、同じプログラムを受けています。チームで仲良くね!クラスメイトが仲良くて…16歳も83歳もいらっしゃいます!
森部先生:16歳の子ですか!
大野社長:お母様、お父様が我が子を育てて…と言って。修了式の時はクラスごと修了していくんですが、すごくいい話が一つあって…二十歳の女の子が卒業する時にお父様お母様が、修了式を見に来られまして…で、「良かったらどうぞスピーチして下さい」とお父様にお願いしましたら、「この娘は、やっと4番目にして女の子として生まれて、とっても大事な子なんです!上3人が男の子で、野球をさせていて、僕も地域の野球チームの監督だけど、足りない時にメンバーに入れていました。だから男の子っぽくなって、今、ラクロスをやっていて、本当に女の子らしさが無かったから、二十歳の成人式のプレゼントに、このフィニッシングスクールに入学させました。待ち合わせした時に、しずしずと綺麗な女の子が来るから…あれ?うちの娘だ!と思って…こんなに変わって素敵になるんだなぁ、ありがとうございました!」と言われましたね。
森部先生:うわぁ…なんか素敵な話ですね!
ローラ:それをプレゼントにするって…
森部先生:最高のプレゼントですね!
大野社長:16歳は親の言うことを聞かないんです…お父さんお母さんがどうにか変えて下さい!って任されて入学する…金髪のお行儀が悪い女の子が入ってきたけれど、クラスメンバーのお医者様や弁護士さんの大人に揉まれて変わっていくんですよ!親の言うことは聞かないけれど、他人の言う事は聞く!みたいな…今でも長く同期としてお付き合いされていますよ(笑)
森部先生:素晴らしい取り組みですね!
大野社長:いいでしょ~!83歳もいらっしゃいますよ!ずっと農業していらして、顔が真っ黒でしわしわだったんだけど…当校のチラシをずっと持っていて、「ココに最後、どうしても行きたい!」と言って来られたおばあちゃまがいらっしゃいました。
全員:へぇ~(驚)
大野社長:ものすごく綺麗になられて…家族には内緒だったけど、修了式の時にお着物着て来られて…

全員:うわぁ…
大野社長:ご主人様や家族には初めて、実はこういう所通ったんだ…と言われて、本当に嬉しそうに…もう亡くなられましたけど…最後の「夢」を叶えたんでしょうね!とてもイイ学校だと思います。だから私は、この学校を100年続ける為の事業に取り組んでおります!今32年目に入りましたから、100年事業として親が子に伝え、子が孫に伝えていって欲しい…お母さんが通った学校で、今は娘さんが通っていますし、お孫さんも3代通って来ますから、100年事業として続けていきたいと思って取り組んでおります!
森部先生:いやぁ素晴らしい!
大野社長:なのでぜひ!オープン講座としても覗けるので、ぜひ見に来ていただければと思います。男性もOKでございます!
森部先生:ありがとうございます!
ローラ:ありがとうございます!!そこの先生は何人位いらっしゃるのでしょうか?
大野社長:プロの先生達が沢山いらっしゃいますが、メインの先生達は6人ですね。東京からプロフェッショナル講師も来られます。
ローラ:行ってみようっと!!
大野社長:素敵な先生が多いんですよ!なので、みんな、先生になりたい!って!
ローラ:お会いしてみたいです!
大野社長:私達の学校では、美しい女性を育てたいって…心も気持ちも形も、ね。美人麗人佳人っているんですよ…どの女性なのか?という…麗人って潤っているので、少し華やかな、私の場合…いつも麗人と言われるんですけど(笑)佳人っていうのは、控えめな大人…あるいは、控えめな美しさとでも言いますか…それを身に付けた色んな先生達が当校にはいらっしゃいますので、ぜひ、おいで下さい。
ローラ:ホントですね…いいきっかけになりそう!
森部先生:ホントだね!
ローラ:ありがとうございました!大野社長、今日はプレゼントをお持ち頂いているとか…


大野社長:今日はですね、茂山忠三郎の「春の狂言会」のチケットを差し上げたいと思います!これは、国際ソロプチミスト福岡という団体のチャリティー公演なんですけれども、私達、仕事以外に社会貢献もしていかなけばいけない…世界中の女性と女児をサポートするという団体で、チャリティー公演をさせていただいております。3月3日(土)大濠能楽堂でチケットもプレゼントさせていただきますが、ぜひ興味のある方はチャリティーにご参加いただいて、見ていただければと思います。

プレゼントは、3月3日(土)大濠公園能楽堂で行われる、「春の狂言会」のチケットを2名様に!

ローラ:入場料5,000円!
大野社長:そうですね!5,000円の入場料ペアのチケットをご招待で…2枚お持ちしました!


ローラ:いやぁ嬉しいです!!2名様、ぜひご応募ください!!
大野社長、ありがとうございました!プレゼントの応募方法は番組の最後でお届けいたしますので、最後までお聴き逃しなく!
続きまして、お二人目のゲスト様は今週のグッドパースンよりカラーメンタリングインストラクター桑村佳夜(くわむらかよ)様にご登場頂きます。
「桑村先生、改めまして宜しくお願い致します!!」

カラーメンタリングインストラクター桑村佳夜(くわむらかよ)様

色彩心理ファシリテーター、Cubicファシリテーター

  • 2016年10月HLアソシエイツ㈱認定TAカウンセラー資格取得
  • 2016年11月HLアソシエイツ㈱認定インナーチャイルドセラピスト資格取得
  • 2017年3月米国NLP協会認定NLPプラクティしょなー終了認定取得
  • 2017年7月株式会社フラックス公認色彩ファシリテーター資格取得
  • 2017年9月株式会社フラックス公認Cubicファシリテーター資格取得
  • 2017年9月株式会社フラックス公認カラーメンタリスト資格取得
  • 2017年12月株式会社フラックス公認カラーメンタリングインストラクター資格取得

桑村先生:宜しくお願いします!
ローラ:笑顔が素敵ですね!
森部先生:さっきね…やって頂いたんです。
ローラ:そう!来て早々、カラーのなんか…
森部先生:それね、早く来た方が良いのよ!ローラ遅かったからね…
ローラ:今日は頑張ってファッションショーして来たんだよ~!!
森部先生:これはですね!ちょっと面白かったのは…正方形のブロックって言うんですか?
桑村先生:キュービックって言って、スポンジで出来ているんですけど…
森部先生:それをね、四角の十字に5つマスが並んでいて、その中に色を左手で取って、入れていくわけ!
ローラ:タロットも左手だったよ!
森部先生:左手で入れて…自分の一番しっくりくる色を並べていくわけ。それで…僕の場合は、先ほど写真も撮らせて頂いたんだけど、で、先生に分析をして頂きました!
ローラ:へぇ~!気になる何だろう!!
森部先生:ね!それがね…時の経過って言うのが、左から右に…
桑村先生:そうです!その十字のブロックを置く場所って5ヵ所なんですけど、左、真ん中、右と、上と下なんですね!横の3ヵ所って言うのが、時間の流れを表していて、過去・現在・未来でこれが空間象徴性理論って言うのが基になっているんですけど、東京ディズニーランドもその配置になっていると言う。


森部先生:そうそう!それ聞いて、えぇ~!よく考えているんだなぁって…思って、で、タテの垂直の方向が、顕在意識と潜在意識でしたよね?
桑村先生:そうです!
森部先生:それを示しているんだって!
ローラ:ふ~ん!!もう一回!左は?
桑村先生:左は過去
森部先生:数直線とかはね、左から右に数字がどんどん増えていくので、それはちょっと僕はしっくり来たんですよね。それを意味しているのは解説して貰って分かったんだけど…好きな色を入れてください!って言われて…ホントにね、あれも可愛らしいですよね!そのキューブがありまして、それを同じ色を入れても良いし、何色使っても構わないって事で、大体まぁ、それで色の分析が出来る!と言う事で…へぇ~とか、ほぉ~とかなりましたよ!
桑村先生:投影法って言って、今の心の状態を個々に色を通してみるっていう事なので…自分の本心と考えている事のチグハグがストレスの原因になっているので、それを見て、自分と向き合って頂いて…自分がどうしたいか?って言うのを知って頂いて、その通りに!心に寄り添って生きて頂くと言う…
森部先生:何かに悩んでこられたりとかていう事で、そのセッションを受けられて…その後、先生のセッションと言うか解釈を受けられた時に、皆さん「あ!なるほど~」っていう事になるんでしょうか?
桑村先生:何で分かったんですか?って事ですね!
全員:ほぉ~!!!
桑村先生:中には凄く無理して頑張ってる方なんかは…もう泣かれたりします(そうなんです…って)やっぱり社会生活ですと多少は無理しないといけないんですけど…必要以上に無理をされる方がいて…頑張って頑張って頑張るけど…結果が出ない!と言う方であったりとか、空回り女子!って言う風に、ちょっと名付けているんですけど…自分もそうだったので、もうちょっと力を抜いて、もうちょっと楽に生きていいんだよ~ってお伝えしたいですね!
森部先生:でもさっき、大野社長のお話を伺った時に、頑張って頑張ってやっても、会社の体制が変わらないので給料が増えないみたいな…どうしようもないような場合ってどうするんでしょうか?


桑村先生:それが、先ほどの大野社長のお話にも合ったんですけど…男性と一緒に幸せになる!って事をおススメしていてて、結局、それって色で言うと「ピンク」なんですね!ピンクちゃんは甘え上手。で、優しくて、気配りが出来てって意味があるんですけど、男性に優しく優しくして…上手に甘えて、男性に頑張って貰う事で、発展していくのよ~って言う…
大野社長:手のひらにのせて…
森部先生:なるほど~!
大野社長:乗って(手のひら)頂いて(笑)あっち行ってこっち行ってよしよし!みたいな(笑)
桑村先生:どうしても頑張りすぎてしまう時って「赤」になっていて…エネルギーをバンバン出して動いていく色なんですけど、赤って言うのは、でも、行き過ぎると命令的になったりとか、支配欲が出てきたりとかあるんですけど…女性の本来のあり方として、赤じゃなくてピンクだよね~って言う。
大野社長:じゃあ、ピンクを着ればいいんですね!
桑村先生:ピンク来てくださ~い!
ローラ:なんか、お部屋もピンクにすると良いって…
大野社長:全部ピンクは…ね。だからお花とかね。ピンク多いですね、じゃあ!
桑村先生:ピンクはお母さんの子宮の色って言われていて…薄いピンクは人と安心させるって言う効果があるので、ピンクは上手に取り入れて頂くと…
ローラ:はい!先生!は~い!!
桑村先生:はい、なんでしょう?
ローラ:私は、普段ダンサーとモデルとして動いているんですけど、メイク道具が自分でやらなくちゃいけない事が多いので、メイク道具と鏡…ポーチが二個くらいのセットをいつも持ち歩いているんですが、いつの間にか…全てがピンクだと言う事に気が付きました!
全員:へぇ~!!
森部先生:いつの間にか?もともとはどうだったの?
ローラ:元々はバラバラだったの!なんか、黒い水玉のポーチと、あとは赤とかバラバラだったの!なんか許せなくって…私一生懸命仕事したい!って思っているのに、何でこんなにバラバラなんだろうって、まとめよう!って思って…で、すごくいいメイクボックスを自分で買って、これで一生懸命仕事しよう!って選んだのがピンクベースにグレーのカバーの…それと、そのポーチたちは去年ショーに出たときの、とても素敵な方が作ってらっしゃったポーチたちだったんですよ!それを大事に今、使っていて、いつの間にか全部ピンクだらけになって…今、聞いてほっとしました♪
桑村先生:色にも、判断として、いつもは違う色だけど、やたら最近この色が気になる…とか、この色をとか、手に取る!って言う時は、その色の力を必要としていて…ローラさんは、甘えたい!甘えたい…(笑)逆に言うと、人に上手に甘えることが出来るって言う…なので色って、コインの裏と表と言うように陰陽じゃないですけど、必ずポジティブな良い面と、行き過ぎたエクセイシブって言い方するんですが、その面を必ず持っているんですね!なので、色の事を知って頂いて、今の自分は何色のどっちなんだろう?って言うのを意識して頂くと、それを例えば行き過ぎたエクセイシブな方だったら、じゃポジティブな力があると言う事なので、変えればいいじゃない?って言う事もお教えしております!
大野社長:例えば「黒」は?黒って皆さん多いですよね…
桑村先生:黒はですね…威厳とか、自分の心を守っている色って言われています。周りと距離を取って、自分と向き合う色って言われています。
ローラ:確かに、身を隠したいときは黒にしますね…眼鏡をかけて、帽子もかぶって…黒い格好の時…
大野社長:芸能人じゃないですか、それ(笑)
ローラ:ただただ、隠れたいだけ…
森部先生:そんな時あるんだ…
ローラ:ありますあります!誰にも喋りかけられたくない時…
森部先生:じゃあ、黒を着ているローラは喋るなってことね(笑)
全員:アハハハ(爆笑)
ローラ:でも、口紅が赤い時は大丈夫です!それはただのファッションだから。
森部先生:そういう事ね…
桑村先生:あとは、人間関係も色を通してみていく事が出来るんですね…色キャラって言う風に言うんですが「この人は何色さん」っていう事で、その人の色が分かると、その人がどんな風に感じているか?どういう行動を取りがちか?って分かるので…例えば、森部先生が赤だとしたら、赤の人は凄くせっかちな面もあるので「こう!と思ったらすぐに動きたいんですね!」であれば「待たせないようにしなきゃ!」とか…
大野社長:私だ…
ローラ:そうなんですか?
大野社長:多いですね…
森部先生:じゃ待たせないようにしないといけないですね(笑)
全員:ウフフフフ(爆笑)
桑村先生:ハッキリ言わないと伝わらないので、なかなか空気を読んで下さらないので…
森部先生:そのことが分かっていると対応しやすくなりますよね!なるほどね!
桑村先生:10色=赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫、ピンク、水色、白、黒…この10色で読みといていくんですけど、なので10通りの対応が分かると言う事です。
大野社長:好きなのと…似合うのとはやはり違うのですか?
桑村先生:違いますね!これはお洋服の似合うとかではなくて、心に特化しています。
全員:ほぉ~心かぁ~(驚)
ローラ:好き!そう言うの大好きです!!!
桑村先生:習ってくださ~い♪
大野社長:うちの学校でも取り入れてみようかしら…私が学びたい!
桑村先生:ぜひぜひ!色の勉強をしている仲間が沢山いるんですけど…会社とか、学校教育でぜひ取り入れて欲しくて…結局、人間関係で困るってどんな時でしょうか?チョットなんかどうしよう、嫌だなぁって思う時ってどういう時でしょうか?
ローラ:かみ合わない時…
桑村先生:かみ合わない時って、お互いに理解できていないからかみ合わないんですね…
手の事が分からない…相手さんは自分の事が分からないからかみ合わないんですけど、色が分かれば全部わかっちゃうって事で、人間関係が…
森部先生:メチャメチャいいじゃないですか!!
ローラ:かみ合わない時は十字架を作って貰って(笑)
桑村先生:それを心の状態で、もう一個の心の状態は「カラーメンタリング」って言うんですけどまた別な方法で…色が分かれば対応が取れるので、会社の業績ももちろん上がっていきますし、先生と子供の関係とか、親子とか
森部先生:それってホント、親子の関係とか…小学校とかの集団教育とかになった時に、些細な事でけんかになったりするじゃないですか?でもそれは、色の勉強とかを楽しくやっておけば…避けれることって一杯あるでしょうね!
桑村先生:いっぱいあります!!これを学ばれて夫婦関係が良くなった!ってお声もいっぱいです!
全員:へぇ~!!!!
ローラ:これは取り入れないと…
森部先生:これは、全国で取り入れてらっしゃる?
桑村先生:そうですね!全国に先生がいらしゃいます!
ローラ:ちょっと調べたんですよ!カラーメンタリズムって、そしたら全国に色んな先生がいらっしゃって…でも、福岡も結構早く出て来たので、色んな方がやっていらっしゃるんだなって…知らなかったんで、ビックリしました!
桑村先生:この色彩心理学を「ココネット」って言うNPO法人で支部があって活動しているんですけど、福岡は前回ださせて頂いた小林りえ先生が福岡の支部長されていて、福岡は特に活発に動いています。
ローラ:オーラカラーって言うのがあるじゃないですか?それとはまた違うのですか?
桑村先生:また違います!そう言う不思議な感じではなくって…このカラーメンタリングを構築した「いいだのぶこ先生」が10年以上掛けて10,000人以上のデータを取って、きちんと臨床を取って構築したモノなので、根拠があっての学問になっています。
大野社長:アメリカとかではですね、カラーをちゃんと勉強されるんですよ!ビジネスの世界では!例えば、ネクタイの色!攻めで行かなければ行かない時には「赤」で攻めるとか!陳謝しなきゃいけない時には「ブルー」の色のネクタイをするとか…気分がいい時には、ピンクだとか黄色だとかのネクタイで…日本だったら銀行に行くときは黄色やピンクじゃいけないでしょ?とか…ね。そういう事を意識してビジネスしている人は多いですね。だから私たちも勉強した方がイイですよね…
森部先生:これね、インフィニに入りそうですね~(笑)
大野社長:ウフフフ、ぜひ♪
ローラ:小学校の時からやっていたらいいですよね!
森部先生:そうね!知っていたら良かったなって思いましたね、今。
桑村先生:ストレスの元ってやっぱり人間関係なんですね…会社には嫌いなあの人がいるから?とか…苦手なあの人がいるからとか。
大野社長:ね~人間関係大変ですから。
桑村先生:なんか、気になる色とかありますか?
大野社長:私、白とブルーが好きなんですが…それは何かあるんですか?
桑村先生:ブルーはですね、正義感の色だったり、計画的だったり、モラルやルールをきちんと守りたい!って言う人ですね!凄く無駄が嫌いなので、自分の中で常に計画を立てていて、その通りに進みたい!って、きっちりされています。
大野社長:白は?
桑村先生:白は、本物志向ですね!
森部先生:いやぁ~!まんまじゃないですか!!
桑村先生:どこまでも高い理想を追い求めている!
大野社長:間違いないですね~
ローラ:私は白はかぶっているんですよ♪白って言われて、その後が違いましたけど…ピンクですね!さっきも言われたので、白がかぶって…ちょっと嬉しい♪
桑村先生:ココから今すぐゴールに行きたいんですね!白さんは。
ローラ:あ~もどかしいですね~!!アハハハハハ(爆笑)
桑村先生:会話とかしていても途中がもどかしいので…「で?結果は?」みたいな…って所です。
ローラ:そうそうそう(笑)
大野社長:良くないんですよね…
森部先生:ハハハハハハ(笑)それ言われたら、結構きついですよね…「で?」とか言われたら(汗)
大野社長:そう!!結果が先だから…会社でも報告するときに結果が先なんだけど、もう…こうやって、ああやってって言うプロセスは最後で良いからって事で「結果があってプロセス言って」って言うけどプロセスが多いんですよね…そこを端折ってって言うけど、端折れない人がいるんですよね…
桑村先生:そう思うのは白さんだからなんです(笑)
ローラ:メールのやり取りが冷たいってよく言われます。
森部先生:そうなんだ…ローラにはメールしないでおこう!
ローラ:アハハハハ(笑)ちょっと言われると楽になりますね!
大野社長:先生は今日、じゃないですか?意識してですか?
桑村先生:はい!赤は情熱なんですけど、もともと水色なんですが、ゆる~い感じです!ゆる~く、ゆる~くなんですけど、今日はきちんと色の良さをお伝えしようと思って、赤を着ました。
大野社長:じゃあ、戦略的に色を着こなしていらっしゃる…素晴らしい!
ローラ:森部先生は?
森部先生:僕はね、ブルーですね…こう言った感じの濃いめのブルーか…白かなぁ…
全員:おぉ~!!!
森部先生:それがね、やっぱり出てたのよ!キュービックにも!
桑村先生:そうです!
ローラ:白かぶりだぁ…
桑村先生:白さんは途中が嫌なので、途中が思い通りにならないと、全部捨てて一からやり直したくなるって言う(笑)当たっているでしょう?
ローラ:あちゃ~…だから英語の勉強とかも、ちょっといかん!と思ったら、一からまたやって…またいかん!と思ったら一からまたやっ…みたいな感じで繰り返しで、全然先に進まないんですよ(汗)
森部先生:でも、それを自分が理解することで、対策が変わって来ますよね!
ローラ:なるほど!
桑村先生:あとは色を知ることで、自分に足りない色を自然にこう学ぶと言うか…人間観察をして「あ!あの人はあの色だ!」とか「あ!」って言って、どんどんそれが、観察することで見に付いていくんですね!なので、色んな自分の色が増えて、色の人間性が広がるって言う…
大野社長:あの、カラーコーディネータ―ていらっしゃってて、自分の肌に合っているとか、瞳とか、肌の血管の出方によってとかで合う合わないって言うのは…それとは違うんですか?
桑村先生:全然違います!「心の色」ですね!
森部先生:心の色!心の!色ですよ!
ローラ:今、自分を感じなさい!ってよく言うじゃないですか、それをカラーにして表して、そして読み解いていくと言う事でしょうか?
桑村先生:そうです!!色んな価値観って言うのが今、氾濫しているじゃないですか?だから…本当に自分が今、どうなっている?どう思っているのか?って言うのが、分かりにくかったりするんですね…それを色を通せば、私は本当はこんな風に思っていたので、だからこうしよう!って言う次の一歩って言うのが踏み出しやすいので…何かやらないといけないけど、なかなかこう、出来ない!英語の勉強だったり…そう言うのは、今、選んだ色の力を借りて後押しをする!って言うサポートもやっています。
森部先生:ほぉ~!!深いですね!!
ローラ:じゃ勉強したかったらブルーのペンを買ってみるとか?
桑村先生:そうです!今が、ブルーを選んだったんならブルーですね!ブルーだと計画的に!合理的にやって行きましょうかぁですね…
大野社長:足りない色を、入れるっていいですね!それを分かってやるって言うのがイイですね!
ローラ:そんな!桑村先生からちょっとチラついて見えるんですけど、素敵なプレゼントが…見えるんですよ♪

桑村先生:これがですね!「いいだのぶこ」先生って言う、色彩心理学を構築された先生の本です!今の私が簡単にお伝えした内容がギューッと詰まった一冊で、発行の関係上この「カラーメンタリズム」って言う書籍がちょっと店頭で買えないんですね!
全員:へぇ~!!!そうなんですか!?
桑村先生:はい、そうなんです…ですので、今日は4名様に「この本」と「福岡銘菓の筑紫餅」をセットでプレゼントしたいと思います!!

プレゼントは、いいだのぶこ先生の「カラーメンタリズムの本&福岡銘菓の筑紫餅」を4名様に!

ローラ:ありがとうございま~す!!(拍手)読みたいけど読めないって事ですね…
桑村先生:応募してくださ~い!!
森部先生:応募するしかないです!
大野社長:どこで買えるんですか?
桑村先生:これは、フラックスって会社が先生の会社なので、そこに直接か、この関係者の方に言って頂きましたらお取り寄せさせて頂きます。
森部先生:そう言う事ですね!でもね、勉強したいですね…
ローラ:勉強した~い!!ありがとうございました!!なんかもう、あっという間に…アハハ(笑)
森部先生:ホントね、面白すぎて!
ローラ:面白すぎましたね!!お二人のやっている活動が、人の心を、そしてこれからの私たちを良くして行こう!って気持ちがあるから、動いていらっしゃるところが共通していらっしゃるのかなって…感じましたね。
森部先生:そうですよね…親和性のあるゲスト様でしたね!
大野社長:ありがとうございます!頑張りましょう!!!
森部先生:いやぁ…女性がこれで一段とステージアップしますね!!
大野社長:でも、男性はその上にいて貰わなければいけません!!
桑村先生:そうですね!
森部先生:上で転がして貰いたいですね(笑)
全員:アハハハハハハ(爆笑)


ローラ:お互い支えあっって生きていきましょうね!
本日もアッと言う間のお時間で御座いました!「世界を変えるRADIO」いかがでしたか?春をメドに番組が大きく変わっていきますので、ぜひお楽しみに!

番組へのお問い合わせやご質問、商品提供等々は番組フェイスブックページ「世界を変えるRADIO」への直接メッセージもしくは、番組パーソナリティーの登録サイトからご連絡ください。
※そして!今夜、この後20 時より全国94 局に放送されている「ラジオ2951」が放送されます。番組は「ラジオ2951」で検索して頂いて、サイマルラジオよりお聴きください。それでは最後にプレゼントの登録方法をお伝えします!良く聞いてください。

「プレゼントご希望の方は、まずは会員登録が必要になります!
➀お手元のスマートフォンから「ラジオ2951(フクコイ)」カタカナでラジオ、数字で2951と入力して検索します!!
②そうすると一番トップに表示されますのでそこをクリックしてください。沢山のプレゼントがアップされているHP がご覧いただけます。
③※そのHPの中に「世界を変えるRADIO」が表示され、番組パーソナリティーの顔写真が出て来ます!
④その中からお気に入りのパーソナリティーを選んで会員登録をお願いします!※この時、必ず「メルマガを受け取る」で設定をお願いします!
⑤会員登録が済めば「プレゼント、応募」ボタンよりご希望のプレゼントを申し込んでみてください。
注)プレゼントお申し込みは必ず皆さんのお手元のスマートフォンでお願いします。

それでは大野社長、桑村先生、森部先生、今日はありがとうございました!最後にお一言すつ頂いて宜しいでしょうか?
大野社長:やはり女性はですね!自立をする!それも美しく自立をするって言うね、これからの世界の為にも、そうして頂けたらなって思っています!!ぜひ、おいでくださいわたくしの学校へ!

桑村先生:今日はありがとうございました!色を知って頂いて、色の力を通して、自分も周りのみんなも、元気になる世界を作っていきたいと思います!どうぞ宜しくお願い致します!

森部先生:毎回、学びが深いなぁって思うんですけど、分かりやすいなぁって思いますね。色を使った心の理解って言うのが…凄く即効性があると言うか、ちゃんと理解をすれば色んな所で使えるかなぁって言うのを感じましたので、今日は割と大人な人たちだけの話だったんですけど、僕は教育機関にもいますので、学生とかもっと若い世代の人たちにも伝えていけたらなぁとも思いました。

ローラ:大人になると…ちょっと難しい学び方とか、考えかただったりとか、ちょっとこう複雑化してしまうような気がしますけど…こうやって大人でも、子どものように学べることがあると…なんかこう、スゥ~って心に入って来ますね…
森部先生:そうだね!
桑村先生:本当はシンプルでいいんですよね!
ローラ:そうですね…
それでは本日の番組は以上で終了いたします。「世界を変えるRADIO」は日本全国94 局のコミュニティFM局と連動し放送されている、地方創生をテーマにしたリスナー参加型プレゼント番組「ラジオ2951」の傘下(さんか)番組で、毎週日曜日18 時~放送開始となっております。ここまでのお相手は本日特別パーソナリティーの【ローラ】でした
次回の番組は2月25 日(日)午後18 時からの放送です!パーソナリティーは【長島百花(ながしまももか)ちゃん】です。次回の放送をお楽しみに~!
それでは、皆さんまた来週!

さようなら~!!!

世界を変えるRADIO
プロデューサー吉田勝

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。