第57回目放送

  • パーソナリティー:SHOKO
  • 特別コメンテーター:森部昌広先生(トータルコンディショニングコーチ)
  • ゲスト①久留米大学法学部教授前田俊文(まえだとしふみ)様!
  • ゲスト②株式会社ハッピーハートカンパニー代表取締役末永泰一(すえながたいいち)様!

SHOKO:皆さま~こんばんわ!本日2018 年7月1日(日)18 時を回りました!本日も「世界を変えるRADIO」が始まりました~(拍手)

今週の放送で第57 回目となります「世界を変えるRADIO」は、「社団法人日本ラジオパーソナリティー協会」そして「スポーツガーデン㈱」、「福岡スポーツメディア研究会」の提供でお送りさせて頂きます!本日7月1日(日)はパーソナリティーとして私【SHOKO】がお届けさせて頂きます!!どうか宜しくお願い致します。

本日もトータルコンディショニングコーチの森部昌広先生にコメンテーターとして登場頂いております!

「森部先生、こんばんわ!本日も宜しくお願い致します!」

いよいよ7月ですね!上半期も終わり下半期が始まりますね!

森部先生:明るいですね、外が!こんばんは!って何か変な感じですね。

SHOKO:明るいですもんね!イベントも盛りだくさんって事で!世界を変えるRADIOの1周年パーティーも今週ですね!

森部先生:あと5日ですね!色んなサプライズもあるみたいですね!これ、サプライズですので言えないんですけどね…絶対に来た方がいいですね!また会える素晴らしいゲスト様が来ますよ!

SHOKO:7月6日の1周年記念パーティーをお楽しみに!森部先生ありがとうございました!

それでは早速ですが、今週も素敵なゲスト様がいらっしゃっていますのでご紹介させて頂きながら番組をはじめて行きたいと思います!

本日のゲストお一人目は今週のグッドパースンより久留米大学法学部教授前田俊文(まえだとしふみ)様でございます。

「それでは前田先生、簡単な自己紹介をお願いいたします」

前田先生:みなさん、こんばんは!今日はお招きいただきましてありがとうございます!世界を変えるRADIOと言う事で、今日は久留米からやって来まして「久留米から世界を変える」と言う事で、少しお話をさせて頂きたいと思っております。現在、法学部で政治学を教えております。宜しくお願い致します!

SHOKO:前田先生、ありがとうございました!のちほどまた、ゆっくりお話しを聞かせて頂きますので宜しくお願いいたします!

続きましてお二人目のゲスト様は、株式会社ハッピーハートカンパニー代表取締役末永泰一(すえながたいいち)様でございます。

「それでは末永社長、簡単な自己紹介をお願いいたします」

末永社長:こんばんは!株式会社ハッピー―ハートカンパニーの末永と申します!大学を出てずっとデンマークの仕事に携わりまして、今は独立して世界で一番幸せな国であるデンマークから雑貨を輸入して全国の花屋さんやケーキ屋さんへ卸売りをやっている会社です!あとはパーソナルトレーナーとして、運動指導やスポーツ指導を行っております!どうぞ宜しくお願いいたします!

SHOKO:末永社長、ありがとうございました!のちほどまた、ゆっくりお話しを聞かせて頂きますので宜しくお願いいたします!

今日はですね、前田先生の所の生徒さんがいらっしゃっています。北原くんと楢崎さんです。ちょっと一言ご挨拶を宜しいですか?

楢崎さん:本日は前田先生にお呼び頂いてこの様な機会に出させて頂いてありがとうございます!久留米絣イベントのモデル代表で久留米の良いことを報告しに来ました!宜しくお願いします!

北原くん:こんばんは!今日は久留米大学主催で行う「絣フェスタ」と言う行事の宣伝にも来まして、私は絣フェスタの実行委員長を務めております!宜しくお願い致します!

SHOKO:宜しくお願い致します!

それでは!今週もこちらのご案内をさせて頂きます!

毎週アクセス数が伸び続けている大好評の「読めるセカラジ」ですが「世界を変えるRADIO」のホームページでは、楽しみな情報をお届けしている番組内容を記事に起こしまして、「読めるセカラジ」として毎週更新させて頂いております!通勤中や移動中でも、いつでもどこでもスマホで読めるラジオ、いわゆる「ながらラジオ」として公開させて頂いております。

この「読めるセカラジ」がとても好評でご出演者様からも数多く拡散頂いております!ありがとうございます!!

そして冒頭でも話題に触れましたが「世界を変えるRADIO1 周年パーティー」まで残り5 日となっております!とにかく楽しい話題が盛りだくさんです!是非、ご参加下さいね!

それでは、番組を進めて行きたいと思います。

まずはお一人目のゲスト今週のグッドパースンより久留米大学法学部教授前田俊文(まえだとしふみ)様でございます!

「前田先生、本日はご出演頂きありがとうございます!改めまして宜しくお願い致します!!」

前田先生:宜しくお願い致します!

森部先生:先ほど久留米大学のほうで政治学を担当されてるというところだったんですけれども、今回は、学生さんお連れなられててこれは久留米絣のフェスタということでお話があったんですけど。この政治学と直接何か授業で関係してあるんですか?学生さんは

前田先生:はい、あのう、私のゼミ生ですね。

森部先生:はい、なるほど。

前田先生:授業の中で政治学の分野にもなるんですけど、社会連携、地域連携で、地方から世界を変えていこう!ですね。グローカルというんですが、その一環として、自分たちは何ができるのか?久留米にいるということで久留米絣を使ってこれから発信をしていこうということでイベントを行っております。

森部先生:なるほど。すごいですね。なんか番組の趣旨にあってますね!

SHOKO:そうですよね。素晴らしい!

森部先生:地方から世界を変えるということでそのグローカルに関することで久留米なら久留米絣ということなんですけれども、お二人の学生さんも久留米のご出身なんですか?

楢崎さん:私は久留米の出身ではないですけど、久留米大学に来たので、何か久留米に役立つことにしたいなと思って今回こういう風にイベントに参加させていただいてます。

森部先生:北原君は?

北原君:私は佐賀県出身です。

森部先生:じゃ、お二人とも久留米の出身ではないですけれども、久留米大学にご縁があってご入学されて前田先生のところで勉強されてる中で久留米の絣をちょっとフォーカスされて応援していこうというところで動かれてるところですね。

楢崎さん&北原君:はい、そうです。

森部先生:具体的に、これはどういったイベントなんでしょうか?実行委員長どうぞ!

北原君:久留米にある久留米絣という特産品で昔からの伝統である久留米絣をどうやって広めっていこうかってなった時に、大学生が若い力でみんなに広めていくということをコンセプトに「久留米絣フェスタ」と言うのをさせていただいて、今年で4回目を迎えることができました。

森部先生:久留米絣フェスタが今回4回目なんですけど、どのように発展しているって実感がありますか?

北原君:私は2回目なんですが、去年もファッションショーで久留米絣の衣装を着て演技をされて感動しましたが、今年はそれに加え「創始者である井上伝さんの没後150周年」と言うことにフォーカスして盛り上がっていくと感じます。盛大にしていこう!と言うことで第4回目ですし、気合を入れてやっております。

森部先生:井上伝さんが久留米絣を作られた方ですよね。

北原君:はい、そうです。

森部先生:そのモデルさんをされてるのが楢崎さんということですね。

楢崎さん:はい、今回井上伝さん役として出演します!

森部先生:井上伝さんのことやっぱりかなり調べられたんですか?

楢崎さん:そうですね。前田先生が結構動画とかも上げってくださってて井上伝さんがどうやっていままで絣を作ってきたか?その動画とかも結構見ました。

森部先生:150年ということなんですけれども、伝統が文化として続いていく中で、どの地域にもたくさんの伝統工芸品があると思うんですが…なかなか良いものであってもそう簡単に残らないような時代ではないですか?しかし一方では、残しやすいようなツールはたくさんSNSを含めて揃っているかもしれないですけれども、実際それに見合たような実態経済とかが上がってていくとそんな感じはしないわけですよね。こういう手についてなにか大学で勉強されたなかで久留米絣はどういう風にいま地域で認識されていて、そこから他県や世界に向けて広がって行く!と言う情報があれば教えていただきたいですが。

北原君:昔、久留米絣は日用品としてモンペとしてたくさんの方が使用していたのですが、今はブランド化していると言う過程がありますね!

森部先生:そのブランド品っていうとどういう商品になっていますか?

北原君:着物とかがメインですが、いまは色んな小物としても幅広くデザイン化されています。

森部先生:楢崎さんはどうですか?

楢崎さん:今はまだ若者に浸透されていなくて…残っていくという面では難しいという状況にはなってるんですけど、残していく形を大学生が主催して、若者が身近に感じるファッションショーで表すことで、普通のお洋服にも絣で出来たりします!より若者に近づいた感じのファッションショーなっております。

SHOKO:写真見たら…本当にジャケットとワンピース?これもそうなんですか?

楢崎さん:はい、そうです。

森部先生:すごい!なんか、オシャレですね。それも久留米絣ですか?

北原君:これは違います。

皆さん:ハハハハハ(爆笑)

楢崎さん:前田先生は久留米絣のジャケットを持ってらっしゃって?

前田先生:はい、授業の時に時々に着て授業やってます。

SHOKO:そうですか…見たかったです!今度ぜひ。

森部先生:なかなかのお値段なんじゃないですか?

前田先生:そうですね…ちょっと普通の人には少し高い値段にはなりますけど。夏は涼しくて冬は暖かいです。

森部先生:物持ちはいいですね!

SHOKO:丈夫っていうか?生地自体か….

森部先生:この番組の中には久留米絣を使った商品をオリジナルで作られてるギフトさんのところにお越しなられることがあってパスケースとか、ジャケットとかも作られて番組でご紹介いただいたこともあるんです。その色も色々染められる感じになっててびっくりしました。

前田先生:日傘とか、靴とか色んなところで応用されてますね、今は。

皆さん:え~~~~~

前田先生:素敵なグッズがいまたくさんあります!

森部先生:なるほど。今回このイベントは裏にプログラムがあるんですが、ここに登場されるいろいろな作品というか、どういう風に集められてきたんですか?

前田先生:久留米絣はこれから復旧残していきたいそういう熱い思いを持ってる方々、それと今回は学生を主役したいと言うことで学生のサークルとか団体とかで、実行委員会は物凄く頑張ってます。企画とか運営とか関わってくる中で、一部&二部は分かれており、一部はみんなで繋がっていこう!と言うことで「絣の糸で縦と横を繋がって」いて、第二部は「井上伝に対するリスベクトファッションショーを中心に構成」するということで考えています!

森部先生:なるほど。いろいろな思い詰まってる訳ですね!

前田先生:そうです!

森部先生:因みに、これだけのイベントを実行されているとなると実行委員会も相当な人数がいないと?

前田先生:実行委員長はどうですか?

北原君:ハハハハ(笑)そうですね!いまは38人という実行委員で企画、また、その当日なにかすることによって各分野で分かれて活躍しております。

森部先生:全部前田先生のゼミ生だけですか?

北原君:ゼミ生はメインとなっております。

森部先生:すごいですね。

北原君:2年生と3年生がメイン協力してやっております。

前田先生:前田ゼミに入られたら半強制的にさせられて…ハハハハハ(笑)

北原君:そうなことはないですけど。

皆さん:ハハハハハ(笑)

森部先生:候補スタッフの方々って言うのは学生さんの立場でどういう候補の仕方をやってあるんですか?

北原君:ツイッターやインスタグラム、FBなどのSNS発信に加えて、各新聞会社にアポを取って宣伝してもらったりという各方面で活躍しております。

森部先生:なるほど。

前田先生:昨日も久留米シティープラザ六角堂広場というところの会場なんですが、そこでリハーサルをやっておりまして。そこに新聞社の方が収材に来られて、社会的にも非常に注

目とか高まってきています!

森部先生:集客の目標人数見込みでどのぐらい予定?

前田先生:多分200人ぐらいで、最後は実は久留米で土曜夜市というイベントと重なっておりましてファッションショーはちょうどですね土曜夜市の人が集まる時間帯にあってますので、500人ぐらい最低でも集まれるんじゃないかと思います。

森部先生:なるほどですね。これ祥子さんどうです?久留米絣着てみたいと思いません?

SHOKO:来てみたいと思います。お付き物とか和というものすごい好きなんです。仕事は全然違うラテンの仕事はしてますが、心は物凄く和なんですよ!やっぱりなかなか高価なイメージがあって。日常に取り入れる様なそういうイメージはなかったんです…

前田先生:イメージをファッションショーで発祥!今回の目的です。あとは和装から始まって、洋装とかは移っていくんです。最後はかなり大胆なんです!売るモノもありますのでぜひ、いらっしゃってください!我々が伝えたいことを何なのか?を感じていただきたいと思っています。

SHOKO:え~~~~~楽しみですね!7月14日の土曜日3時からですね。六角堂広場久留米シティープラザ!

前田先生&楢崎さん:はい。

森部先生:結構たっぷり時間がありますよね。

SHOKO:第一部と二部からですかね!?

森部先生:ちょっと学生さんに伺いしたいですが、先ほど北原君が「久留米絣は昔からモンベとかで使われていました」と言うことだったんですが、今だんだんと変わってきてると…単純なイメージなんですが、モンベっていうと日用品としてその物資が少ない時に丈夫でいつでも穿けるって使われてるというとあまり高価なイメージじゃないですけど、いつぐらいから高価なものになりましたか?

北原君:そうですね…昨日、ちょっとシティープラザで練習した時に通りかかりの高齢者の方とお話をしたんです。なんか…いつの間にかそういう変わってしまったらしいです。

皆さん:え~~~~~

森部先生:前田先生これはどうなんですか?

前田先生:実は、最盛期に比べると生産量は100分の1になってるんですよね…

森部先生:100分の1???

前田先生:当然、その業者さんがやっていくには「値段は上げざるを得ない」ということですよね?だから本当に手織りの絣とかになると、普通の人に手が届かない金額になってますよね。ちょっと文化外的な存在になりつつあって、我々としてはやっぱりそういうものじゃなくて若者も普通に親しめるような…そういった存在にしたい!という事です。

森部先生:久留米絣を使っていろいろ作品を作っていくのに、その技術者や後継者がいない!と言う問題はないですか?

前田先生:おしゃる通りです!代々続いてたけれど「後継者がいない」と言うことは大いにあります。今後、後継者問題は物凄く深刻になってるという風に思います。

森部先生:これ大変ですよね!久留米絣知らない人がいないじゃないですか。教科書にも名が乗るぐらいになってますし…学生さんの立場としてどうです?実際目に見えるし手で触れるし着物着られてるよく分かるだと思うんですけど。こう言ういいモノであっても、なかなか残すにはいろんな困難があると思う。現実を知った時にどうにかしたいという部分で自分の中で何かあると思いますか?

楢崎さん:どうにかしたいという思いもあったので、結構、私から自分は立候補して「モデルをやらしてもらえないですか?」って…実際、モデルの方からウォーキングレッスンとかをして頂いて、モデルの方も本格的に大学生がやってるのと思われないようなぐらい本格的にやったりとかはして下さって…久留米絣自体もいま小物で女性とかだったらポーチとかもあるので、その辺りは手が届きやすいな~と思って…私は実際に欲しい!思ってるので…若者に少しでも広げていけたらなぁって感じています。

森部先生:北原君はどうですか?

北原君:今日、服は絣ではなかったんですけども、小銭入れは久留米絣で作られておりまして

SHOKO:可愛いですね。

北原君:まずはこうやって自分で身に着けることによって久留米絣の貴重さとかも自分は体験しております。

皆さん:ちょっと触らして~!ハハハハハ(爆笑)

SHOKO:でもなんかすごいオシャレな感じですね。

森部先生:手触りはいいわ!

北原君:ありがとうございます。

森部先生:これ持ってることによって…なんか素晴らしい。

SHOKO:日本の文化っていうか、大事にしたいですね~そうですね。そういうものだったらなんか気軽に入れるかもしれないですね。

森部先生:久留米大学は因みにいま大学生は何名ぐらいいらっしゃいます?

前田先生:全部で6,000人ぐらいいると思います。文系と医学部もありますので!

森部先生:例えば、大学グッズはあるじゃないですか?そういうところに久留米絣を使ったらどうです?

前田先生:あるのはあります!ただ、なかなか学生には身近なものにはまだなってない!という感じですね。

SHOKO:そういうのを例えば買おう!と思ったらどこで売ってるんですか?

北原君:地場産久留米っていう扱ってるところで私は買いました。

SHOKO:地場産グルメ?

森部先生:全然違うじゃないですか?

皆さん:爆笑

森部先生:グルメって食べ物になりますよ(笑)

前田先生:今度は、井上伝に支えてるという目的で、井上伝という女性の存在をぜひ、皆さんに知っていただきたい!素晴らしい女性です!!やっぱ江戸時代ですね…言葉で自立して久留米絣を生み出して、しかも五千人を育てたという伝説の女性なんですよ。江戸時代、こういう女性が久留米に居た!というのは本当に私は調べてるうちに驚きました。

SHOKO:そうですか。知らなかったですね。男性かなと思った。最初。楢崎さんは伝さんのモデルされるから女性の方なんだと思って…すごいですね!

森部先生:フェスタの第二部が「伝さんを伝える」というテーマで送られているようになりますし、また伝説になってるところは伝ですね。

皆さん:かっこいいですね~

SHOKO:いいな~!ちょっと本当にぜひ皆さん見に行かれてください。私もぜひ時間作りたいと思います。それでは前田先生ありがとうございました。

前田先生:ありがとうございます。

SHOKO:続きましてお二人目のゲスト「株式会社ハーピハートカンパニー代表取締役末永泰一様」にご登場いただきます!末永社長、本日はよろしくお願いします。改めましてお願いしたします。

末永社長:よろしくお願いします。

森部先生:社長さんのおジャケットは久留米絣ですか?

皆さん:爆笑

末永社長:これはユニクロです。笑

森部先生:これも久留米絣にしたいですね。笑

SHOKO:そうですね。かっこいいでしょうね!

森部先生:今日はまた色んな情報を持ちいただいてるんですが…パーソナルトレーナーという話があったんですが、貴社はデンマークの雑貨を使ってという事で認識されてると思うんですけども、なぜ、パーソナルトレーナー?

末永社長:私の人生経験の中でパーソナルトレーナーはなかったんですが…約3年前、大腸がんになったんです。その時助かったんですが、森部先生と食事する機会があって、ガンと心筋梗塞と脳梗塞の病気は筋トレでカバー出来る!みたいなことを教えて頂きまして…それからトレーニングやりだしました!それで免れるんだったら…それが加速して、去年はボディーコンテストに出て、今年も出ますけども。NCCAの田中社長から「トレーナー資格を取ったらどうですか?」と言われて、それで去年試験を受け、今は人を指導してます!変わってて面白いいですよね!

森部先生:面白いですね。祥子さんもチャレンジ中ですから。

SHOKO:私も実は社長の変化をずっと見てたんです!本当にその時こんなにお腹があったんですよ!それが90キロから63キロぐらいまでぎゅーと、その過程を見てて私はすごいなぁと思って…私も実は、森部先生のところでボディーメイクインストラクターの資格を取りまして、社長に感化されましてボディーコンテストに出場!あと2週間後ですよ(笑)森部先生いろいろまた教えて~

森部先生:でも社長の時は90キロもありましたね~!凄いですね。ここまでの変化

末永社長:筋トレはすべて変えますね!

森部先生:変えます!また、色んな面で挑戦されてますが、フラメンコギターですか?

末永社長:はい、フラメンコギターやってます!

森部先生:それから役者?その辺の情報をください。

社長:役者はですね、去年、福岡大会に出た時に他局のディレクターが僕の様子を見て、まずテレビで芸者さん役を演じたんです。それから今月15日と16日に舞台です!いま深刻になっている「乳がん」のテーマにしたお芝居で奥さんの旦那役が僕になります。なので、筋トレから今度は役者という事で…次もあるんですけれどね。

祥子先生&末永社長:森部先生、筋トレは素晴らしいですね!

末永社長:人も変えると思います。

SHOKO:いや、本当にそう思います。見てて

森部先生:だって、生き生きしてる!

SHOKO:こんなに忙しいのに、どこで遊んでるかなっていつも思うんですよ!すごいスケジュールじゃないですか?

末永社長:すごいスケジュールですよ。毎朝4時起きますから

SHOKO:そうでしょう。寝るのは何時ですか?

社長:12時ぐらいですからね。

SHOKO:うん、まあ4時間ぐらいは~

森部先生:でも充実してる

SHOKO:そうですね。素晴らしい。

末永社長:そんなことで、先月決算だったのでなおさら忙しくて…筋トレの効果ですね!

森部先生:経営の方も!倫理にも入られて、またどんどんその人脈も広がっていけると思うんですが、そちらの情報もいただけますか?

末永社長:7月12日の木曜日夜の19時からですが、博多駅前TKPセンターの会議室で福岡県倫理法人会福岡地区倫理学習会っていうものがありまして、これも筋トレからなんですが、私は実行委員長を拝命しておりまして…

森部先生:え~?筋トレから実行委員長になれます?

末永社長:多分…何で僕なんだ?と思われるかも…私を実行委員にさせたら絶対失敗はない!みたいになりまして…「筋トレはこれみたい」ってことで、こちらもそこそこの人数を集まらないといけないですよ。200人!(笑)やっぱり200人を集まるから祥子先生が

出てこないと集まらないです。

SHOKO:ありがとうございます(笑)

森部先生:イベントするので集客はやっぱり難しいですね。

社長:集客は大変です。

SHOKO:社長のコメントは必ず集まりますね。いつも思うんです!

森部先生:集客のプロデューサーの感じで出来上がるかもしれませんね。

SHOKO:なんかそういうのも来るかもしれないです。

森部先生:筋トレからくるかな?

末永社長:倫理法人会は各地区にはあるんです。倫理法人会、朝6時から勉強会ありまして、各地区の各会に毎朝に行って、お願いします!お願いします!ってもう、お願いするしかないです!誠意を込めて…

森部先生:やっぱりその行動力は素晴らしいです!

SHOKO:体力もやっぱり筋トレしてるからですね。

末永社長:そうですね。筋トレがすべてです!

皆さん:ハハハハハ(爆笑)

森部先生:すごいですね。本当に!

末永社長:出来ない人の気が分からないです。

森部先生:そこまで言ってしまいましたか?(笑)

SHOKO:ハハハハハ(笑)でも、なかなか出来ないですよ。本当にすごいと思います。

森部先生:社長さんの凄いと思ってるのは、何かをやる時に一番その世界のトップという人に繋がっているというコンセプトでやってて結構シンプルですよ。本物に触れることで本物に近づけるみたいな。だから、いいお手本に従うっていう…凄くわかりやすいと思います。

末永社長:言われた通りそのまままずやることではないかな?と思います。

森部先生:なかなか一般の人はそこまでできないじゃないですか?大して出来ないのに理由を出したりするでしょう。素晴らしいですね。元々そういう性格だったんですか?

末永社長:大学を出た時にフランスの先生にレッスンを受けて、それから金賞を受けたのですが、そこで習ったのは「一流で習えば結果一流」って変えていけるだな!っていうのがその時からもう身に着いてたと思います。

森部先生:経験されてるからね

SHOKO:しかも、そのダンスもされてるからね。

森部先生:本当ね、祥子先生のところでもやってるし!

SHOKO:あと空手もしてるでしょ?

森部先生:空手もチャンピオンになってますからね。

社長:そうです。世界チャンピオンのマガタ代表っていう方がいらっしゃて…弟子なんですけれども、その方からも習って、日本一の女性の方もいらっしゃいますよ。そういう方をみると違ってきますね。

森部先生:素晴らしい!学生さんたちどうです?なんか影響力?すごくないですか?

楢崎さん:すごいですね!なんか私も動かなきゃ…まだ自分は若いのに大丈夫かな…みたいな、どんどん動いていかなきゃ!って気持ちになります。

森部先生:楢崎さんの10倍ぐらいの体力があります。

楢崎さん:本当にそうと思います。ぜひ、きょうから筋トレやりたいと思います。

森部先生:(満足な笑顔で)ぜひ、やってください!!

社長:女優さんたちも始まる前にトレーニングがありますけど、それを任されましてですね…トレーニングさせていただいてます!

森部先生:自ら活動をどんどん広げていくところはすごいですね!本当に素晴らしい!!

久留米大学特別講義とかで?

前田先生:いや、ぜひいらっしてください!

末永社長:今度パンフレットに乗ってる方は久留米大学の卒業者です。

皆さん:そうなんですか?お~繋がりますね。え~~!!

末永社長:物凄くいい女優さんです。

皆さん:なるほど。

SHOKO:セットで行きますよ!はい、7月12日(木)19時~21時!TKP博多駅前シティセンターで福岡県倫理法人会、純粋倫理学習会で行われます。そこで私もスピーチをさせていただきます。特別講師として東京から、川又様がいらっしゃいます!

続きまして7月14日(土)15時~19時半まで久留米シティープラザ六角堂広場にて「絣フェスタ」が行われます!ぜひ、お越しください。

そして、その次の日15日&16日はクラブクラゲの骨カンパニーのプロデュ―スの「おっぱいひがん」で末永社長の役者デビューです!こちらも見逃しなくぜひ、伺いたいと思います!

それでは「森部先生に聞け!」のコーナーに入りたいと思います!私からは大会まで残り2週間と言う事で、何か最後に心掛けることがあれば…初めての事なのでベストボディ―の大会に応援と言う事でなにかあれば…

森部先生:2週間あれば、まったく身体が変わりますから!

SHOKO:えぇ~!?2週間で?

森部先生:激変します!まずはどんな体になりたいか?ですね。

SHOKO:女性らしさの中に、ウエストのくびれとヒップのバーン!って感じ、エネルギッシュだけどエレガントみたいな…セクシー&エレガント(笑)

森部先生:ウフフフ(笑)エネルギッシュだけどエレガントって所は「演出」なので、そこはポージングでやらないといけないですね!2週間で出来ない事は、大きくすることは出来ないですね…バルクアップって言うんですが、筋肉のサイズを大きくするのは今の時期からだと難しいかな?と、女性が身体を絞る時に気を付けるのは貧祖になってはいけない事です。ある程度のラインを残しながら締めるべきところを締めるみたいなところをやっていけないといけないとついつい後2週間しかないからガムシャラにやってすべて無くすケースがあるわけですよね。コンセントレーションというテクニックを使って集中してここの部位を緊縮させているのがことをやるんですけど、ポーチングの中は決めるポーズがあるじゃないですか?あれを大事にされたほうがいいですね。鏡を見ながらどの位置に立ってライトを受けたらラインがきれいに見えるとか?

SHOKO:自分で動画とか写真とか撮って客観的に見たりとかそれのがいいですか?

森部先生:写真が一番分かりやすいですね。ごまかしは効かないですから写真は。

SHOKO:そうですよね。

森部先生:ライティングされた時に堀が深かったらノベーって写ってしまって、何?みたいな感じなっちゃいます。イメージで言えば、絵のデッサンをする時にこう使うじゃないですか?あんな感じに自分の体がなってないといけないです。鏡の前で見た時にライトをどこで受けるか?という立ち方もすごく大事になってきて、ポイントがずれると全然よくない!そう言うところの感覚が大事なんです。舞台の関係でいうとミリですね。どこに立つか?やぱりリハーサルは凄い重要になるんですよ。

SHOKO:なるほどですね。やはりメンタル的なところですよね。私は踊ったりするのでステージとかに立つことはあるんですが、ぜんぜん違う雰囲気だと思います。そういうメンタル面というかな。なにかこうお勧めのなにかありますか?人生はいつもこういう時に大舞台ではこれはいいことだあったりします?

森部先生:大舞台だろうか小舞台だろうか皆自分を見ているってことですね。例えば、緊張してしまって人前に出るとぜんぜんダメで、ワナワナなってしまうような人たちっていうのは自意識過剰になってて…自分は意欲的に前に出ていくと決められるのであればやっぱスターになったつもりが必要です。舞台の役者さん的に言えば自分が主役みたいなもんで

す。舞台の場合は脇役の方がいないと舞台にならないので全員が自分の主役だと思うんですけどコンテストに望む人の場合は自分が表彰されるべき人間であるみたい。

皆見に来てるとかそういう設定をすると今度わくわくモードに変わるんです。事実、チャンピオンの人たちは皆そんな考えですよ。

SHOKO:先ほどもトレーナーがチャンピオンになったというニュースを聞きまして

森部先生:僕は行く前には多分優勝するかと思うですけどなかなかいないね…あんな人は

SHOKO:いいないですね。すごいですよ!

森部先生:彼女も相当変わりましたからね。もう激変しましたので!

SHOKO:びっくりしました。

森部先生:特にこの1、2週間でグッと変わりました!

SHOKO:そうですか?2週間というのはまだまだ伸びしろはあるんですね!

森部先生:キッチリやるべきことはやることなんです!もちろん、食事のこととか水抜きとかも考えないといけないですが…

SHOKO:水抜きというのはどうやってするんですか?

森部先生:(笑)いや、水を抜くわけですよ。

SHOKO:いつぐらいから?

森部先生:それは体を見ながらやっていけないといけないです。例えば、塩分の多いものを取ってたりとかすると水が入ってきたら薄めるために浮腫んでしまいますから食事の中から塩分もぎりぎり落としていけないですけど今度減らし過ぎると筋肉が痙攣に起こしたりするので、そこ見極めが結構大事なんです。実際動きながらやっていかないと分からない。これから先は例えばトレーニングする時に重たい物とかでやるじゃなく割と簡単にやっつけぐらいのもので正確に動かすようなポイントを絞ってやる。アイソレーションっていうですけどその部分だけを動かすようなトレーニングを重視していくというのが重要になります。

SHOKO:分かりました。なるほど。何か質問どうですか?皆さんからトレーニングとか筋トレとか?

前田先生:楢崎さんファッションショーのモデルをしてまして、去年から今年は2年目なんですけどやっぱり表情はよくなっています。ちょっとその辺はどうですか?

楢崎さん:先ほども「自分は主役」と思ってというのは、よくモデルの先生からも言われていて…皆さんを見てる側としては本当に大学生じゃない形で見る方とかもいらっしゃるので、もっと皆に自分が主役だっていうふうに自信を持ってやって欲しいと思うんですけど…そういう時、どういう風な声を掛けたらいいでしょうか?

森部先生:これは少し勉強してもらわないと難しいかもしれないですが、日本人は、頑張れ!っていう風に応援しますよね?でも、頑張れ!っていう言葉自体、ネガティブな要素が入ってまして…本当はやりたく無いのに頑張れという風に言ってるところはあるんです。やはり応援してるよって感じが一番スムーズじゃないかな?って思いますね。その人の結果どうなっても私はあなたを応援してるよ!っていうのが伝われば、プレッシャーもかからないし、頑張れって言われるとなんか頑張らなきゃ!って、なってしまうものなので、その言葉の使い方チョイスをどうするか?というのが需要かなと思うんです。

楢崎さん:ぜひ本番前までに一緒に頑張ろう!っていう感じでやっていこうかなと思います。

SHOKO:本当に表情が入ってきた時から凄い華やかで素敵だなと思って…最初なんか緊張とかしたんですか?

楢崎さん:そうですね。すごく緊張しました!2年生なんですけど今年は最後なので、思い切り自分を出していきたいなと私は思っています。

森部先生:その生きざまはね後輩たちに伝わりますよ!

楢崎さん:ぜひ伝わって久留米の良い所、皆の大好きなところを出して欲しいなと思います!

SHOKO:そうですね。どうですか北原君?

北原君:私も学生の実行委員長として前に出ていく立場なんですけど、さきほどお話あったようにメンタルコントロールの術をしてぜひ実践したいと思いました!先森部先生のおっしゃったことが全て名言に聞こえてきて吸収しております(笑)因みに、森部先生好きな言葉とか座右の銘とかありますか?

森部先生:筋トレは世界を変える

皆さん:爆笑

北原君:ありがとうございます!

森部先生:結構コンセプトもはっきりしてて筋トレは全く裏切らないですよ。例えば、スポーツの場合だと上達するのに練習して物凄く膨大な時間をかけないとなかなか骨が捕まえないとかはありますけど、筋トレっていうのはある程度の重さのあるモノこれをここに置いてくれぐらいの誰でもできるんですね。運動神経なんか関係ないですよ。プログラムに沿ってキッチリやれば必ず結果がでるので…やるたびに成功、確認できるっていうのは筋トレなんです!それで成功のパターンやればできる!じゃ、やっていくことによってほかのものに応用できる!っていう…見本はここにある!本当にシンプルなので、ぜひやっていただければいいなぁと思います。

祥子先生&北原君:ありがとうございます。

SHOKO:本日もあっという間のお時間で御座いました。

「世界を変えるRADIO」いかがでしたか?番組へのお問い合わせやご質問、商品提供等々は番組フェイスブックページ「世界を変えるRADIO」への直接メッセージもしくは、番組パーソナリティーの登録サイトからご連絡ください。

※そして!今夜、この後20 時より全国94 局に放送されている「ラジオ2951」が放送されます。「ラジオ2951」で検索して頂いて、サイマルラジオよりお聴きください。

それでは最後にプレゼントの登録方法をお伝えします!良く聞いてください。

プレゼントご希望の方は、まずは会員登録が必要になります!

➀お手元のスマートフォンから「ラジオ2951(フクコイ)」カタカナでラジオ、数字で2951と入力して検索します!!

②そうすると一番トップに表示されますのでそこをクリックしてください。

沢山のプレゼントがアップされているHP がご覧いただけます。

③※そのHPの中に「世界を変えるRADIO」が表示され、番組パーソナリティーの顔写真が出て来ます!

④その中からお気に入りのパーソナリティーを選んで会員登録をお願いします!

※この時、必ず「メルマガを受け取る」で設定をお願いします!

⑤会員登録が済めば「プレゼント、応募」ボタンよりご希望のプレゼントを申し込んでみてください。

注)プレゼントお申し込みはお手元のスマートフォンでお願いします。

それでは前田先生、末永社長、森部先生、今日はありがとうございました!

最後にお一言すつ頂いて宜しいでしょうか?それでは、前田先生からお願いします。

前田先生:大学の教授をやっていて、何か一番喜びか?というと、学生の成長することなんですね。そういう意味ではこの絣フェスタを通じて北原君とか楢崎さんが人間的成長していく姿を見て本当に教師としてよかった!ぜひ、皆様、7月4日北原君、楢崎さん見に久留米シティープラザまでお越しください。よろしくお願いいたします。

SHOKO:はい、ありがとうございます。それでは、末永社長お願いします。

末永社長:さきほど申しましたように筋トレは自分を超えることはできます。よって僕はこの役者とか実行委員長とかさしていただくことになりました。7月12日福岡地区純粋倫理勉強会、7月15日&16日おっぱいひがんを見に来てください!お待ちしておりますのでどうぞよろしくお願いします。

北原君:井上伝さんが継承してきたものと久留米絣の魅力を発信できるように学生実行委員長として実行員と一緒にモデルも含めて頑張っていきますので皆さんご来場くださいませ。

楢崎さん:遠方の方もすごく久留米を知るいい機会になったり大学生は一所懸命発信してますのでぜひぜひ来てください。

SHOKO:ありがとうございます。若い力は素晴らしいですね。それでは、森部先生お願いします。

森部先生:今日、前田先生に来ていただいて学生さんも出演して頂いたのですが、これだけ積極的に大学生が頑張ってることを僕も自分のゼミ生に伝えてちょっとお尻を叩いたほうがいいかなと思っています。

SHOKO:皆様、ありがとうございました。

本日の番組は以上で終了いたします。

「世界を変えるRADIO」は日本全国94 局のコミュニティFM局と連動し放送されている、地方創生をテーマにしたリスナー参加型プレゼント番組「ラジオ2951」の傘下(さんか)番組で、毎週日曜日18 時~放送開始となっております。

ここまでのお相手は本日特別パーソナリティーの【SHOKO】でした。

次回第58 回目放送は7 月8 日(日)午後18 時からとなっております!

次回パーソナリティーは【東 沙織 さん】です。次回の放送をお楽しみに~!

世界を変えるRADIO
プロデューサー吉田勝

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。