第77回目放送

  • パーソナリティー:柊木マリコ
  • コメンテーター:森部 昌広先生(トータルコンディショニングコーチ)
  • ゲスト① ㈱虹のはし  広報担当 大霜 真智子 (おおしも まちこ)様
  • ゲスト② ベストボディ鹿児島2018 &ベストボディ長崎 2017 チャンピオン 山本 鈴 (やまもと りん)様

マリコ:皆さま~こんばんわ! 本日 2018 年11月18日(日)18 時を回りました!本日もフェニックスグループプレゼンツ「世界を変えるRADIO」が始まりました~(拍手)
今週の放送で第77回目となります「世界を変えるRADIO」は、フェニックスグループ「社団法人日本ラジオパーソナリティー協会」そして「福岡スポーツメディア研究会」の提供でお送りさせていただきます!
本日11月18日(日)はパーソナリティーとして私【柊木マリコ】がお届けさせていただきます!!どうぞよろしくお願いいたします!
本日もトータルコンディショニングコーチの森部昌広先生にコメンテーターとして登場いただいております!
森部先生、こんばんは!お久しぶりです!

森部先生:こんばんは!お久しぶりです!

マリコ:お久しぶりです。本日もよろしくお願いします。

森部先生:2ヶ月ぶり?

マリコ:そうだよ。2ヶ月ぶりです。

森部先生:めっちゃ、久しぶりね~。

マリコ:9月末くらいから、ずっと忙しくて。毎週日曜日が。

森部先生:そして体がね、ちょっと凍ってましたね。

マリコ:あれ、バレた?

森部先生:バレた!見た。見ました。

マリコ:ハハハ(笑)そう、ちょっとお仕事が忙しいプラス、ジムにも全然行けてない状況なので。12月から、また。

森部先生:頑張りますか?忙しかった?

マリコ:ちょっとね、MCのお仕事だったり、撮影とかいろいろ、わちゃわちゃとありました。

森部先生:まあ、でもいいことですね~。

マリコ:そうですね、すごくいいことなんですが、体はちょっとポニョってきたので(笑)修正しながら。

森部先生:なるほど。

マリコ:日々、戒めていきたいと思います。

森部先生:はい、がんばっていきましょう!

マリコ:はい、ありがとうございました。
それでは早速ですが、今週もステキなゲスト様がいらっしゃっていますので、ご紹介させていただきながら番組を始めていきたいと思います。
本日のゲストお一人目は、今週のグッドパースンより 株式会社虹のはし 広報担当 大霜 真智子 (おおしも まちこ)様でございます。
大霜様、本日はお越しいただき、ありがとうございます。簡単な自己紹介をお願いいたします!

大霜様:ありがとうございます。株式会社虹の橋、大霜と申します。今日は商品のPRをさせていただければと思って参りました。よろしくお願いいたします。

マリコ:大霜様、ありがとうございました。後ほど、またゆっくりとお話をきかせていただきますのでよろしくお願いいたします。
続きましてお二人目のゲスト様は、 ベストボディジャパン鹿児島2018、さらにベストボディジャパン長崎 2017 チャンピオン 山本 鈴 (やまもと りん)様でございます。山本様、本日はご出演ありがとうございます。簡単な自己紹介をよろしくお願いいたします。

山本様:ありがとうございます。ボディハッカーズラボでパーソナルトレーナーをやっております山本鈴です。本日はよろしくお願いいたします。

マリコ:はい。山本様、ありがとうございました。後ほど、またゆっくりとお話をきかせていただきますのでよろしくお願いいたします。
それでは、今週もこちらのご案内をさせていただきます!
毎週アクセス数が伸び続けている大好評の「読めるセカラジ」ですが「世界を変える RADIO」のホームページでは、楽しみな情報をお届けしている番組内容を記事に起こしまして、「読めるセカラジ」として毎週更新させていただいております!
通勤中や移動中でも、いつでもどこでもスマホで読めるラジオ、いわゆる「ながらラジオ」として公開させていただいております。 この「読めるセカラジ」がとても好評で、ご出演者様からも数多く拡散いただいております!ありがとうございます!!
「読めるセカラジ」のホームページがとても見やすくなったので、ぜひ、ご覧ください。
また、イタリアローマ在住、千色を奏でるピアニストでもあり、世界的ママさんピアニストの藤谷奈穂美(ふじや なおみ)さんの記事も毎週アップされています。奈緒美さんの中国公演は、現在開催中で、かなり大きなスケールで行われています。応援しましょう!!
そして、世界を変えるRADIOから生まれた「セカラジ生テレビ」ですが、ついに「セカラジ生テレビNEXT」も始まりました!おめでとうございます。今後は「さらに動画を強化する」と吉田プロデューサーも言っておりますので、お楽しみに!!

それでは、番組を進めていきたいと思います。まずはお一人目のゲスト様、今週のグッドパースンより  株式会社虹のはし 広報担当 大霜 真智子 (おおしも まちこ)様でございます。
大霜様、本日はありがとうございます!改めましてよろしくお願いいたします!

大霜様:よろしくお願いいたします。

森部先生:さっそく質問なんですが、「虹のはし」っていうネーミングはどこからきたんですか?

大霜様:「虹のはし」ですか?

森部先生:御社の…。

大霜様:会社名ですか?

森部先生:会社名ですね。

大霜様:会社名は・・・代表者が決めたんだと思います。(笑)

皆さん:ハハハハ(笑)

大霜様:すみません!(笑)ちょっと私、詳しくは…。

森部先生:そうなんですね。「虹のはし」って言うと、自分のところで飼ってた…。

大霜様:ペットの?

森部先生:あれに関係してるのかなっておもったんですけど。

大霜様:全然、関係がないと思います。

森部先生:そうなんですね。

皆さん:ハハハハ(笑)

森部先生:あ、そうですか。じゃあ、今日は商品のPRを含めてっていうことだったんですけど、先ほどお話を聞いたら、ココナッツが入っている酵素?

大霜様:そうです。ココナッツを主原料に15種類を自然発酵させた清涼飲料水です。

森部先生:清涼飲料水なんですね?特徴としてはどういうことが?

大霜様:特徴としては、酵素ドリンクってよくあると思うんですけど、そういう自然に発酵させてる、添加物とかも一切使用してないです。

森部先生:自然発酵なんですね。

大霜様:自然発酵で。

森部先生:そのドリンクの一番の売りというか。

大霜様:売りはですね、私が思うところなんですけど、原材料の数がそんなにたくさんなくて、結構120とか80種類とか、よくあると思うんですけど、うちは15種類しかなくて。

森部先生:原料がですか?

大霜様:そうです。それだけを自然発酵してるので、数が多ければいいというのとは違って厳選してる15種類を使っています。

森部先生:ココナッツが主原料ということだったんですけど、ココナッツに目を向けられたっていうのは何か理由があるんですか?

大霜様:はい。この商品の開発者というのが、現在もなんですけど農家をしてまして、洋ラン農家ですね。そのランを培地する時に発酵力がすごいということでココナッツを使ってたんですけど、それを肥料に使ってみようということで。もともとハワイ大学でバイオの研究をしていた方なんですけど。

森部先生:その洋ランの栽培から生まれた商品ということになるんですか?

大霜様:そうです。もともとは肥料ですね。

森部先生:へぇ~。

大霜様:肥料として、近隣の農家さんとかも使っていて「すごく良い」ということで、開発者の方がご自身で、自分で飲んでみて体調がいいということで従業員さんとか、近所の方にも飲んでもらったら、結構みんな調子がいいということで。それで、これをぜひ商品化したいということで弊社の代表を始め、会社を設立して販売するということになりました。

森部先生:ああ、そうなんですね。もともとは植物のためっていうことですか。

大霜様:そうです。

森部先生:洋ランというのは、なかなか育てるのが難しいというふうに聞いてますけど。

大霜様:そうですね。

森部先生:それが、たとえば根つきがいいとか、そういうのがあったんですか?

大霜様:根つきって。

森部先生:洋ラン。

大霜様:そうです。枯れにくいとか、色持ちがいいとかですね。そういうようなしっかりとしたお花ができていったということです。

森部先生:その回りの農家さんというのも何か、商品作物というかお花とかを作られてて?

大霜様:そうですね。たとえばイチゴとかも聞いたような気がしますし、ミカンとか養鶏場とかですね。あとはゴルフ場の芝とか。

森部先生:ああ~、そういうのが良かったので?

大霜様:良かったので。

森部先生:こんなに良いんだったら、人間にもいいんじゃない?みたいな。

大霜様:人にも(笑)。

マリコ:そうですよね~。

森部先生:生き物だからね~。

マリコ:生き物だから一緒ですからね。

大霜様:飲んでみよう!っていうことで。

森部先生:なるほど。それで従業員の方とかにも、最初は販売というかテストですよね?

大霜様:お試しです。

森部先生:そしたら、皆さんが体調がいいというところで生まれた商品。

大霜様:はい。

森部先生:ちなみに商品が出来て、どれくらい経つんですか?

大霜様:出来てからは、本当に製品化されてからは15年ですね。

山本様:え~~?

森部先生:でも、15年経つんだ。

山本様:長い。

森部先生:意外とまだ知られてないですよね?

大霜様:フフフ(笑)そうですね。今はOEMの商品で相手先ブランドということで。

皆さん:へぇ~~。

森部先生:なるほど。

大霜様:今、4つ商品がありまして、早ければ年末年始くらいに、もう1商品。こちらも女性にとても好評になると思います。

森部先生:そうなんですね~。

山本様:え~、楽しみ~。

大霜様:だから私たちも直売の方も頑張っていきたいと思っているので。

マリコ:ハハハ(笑)

森部先生:じゃあ、自社商品ということで、これを強めていきたいと。

大霜様:そうです。はい。

森部先生:なるほどですね。具体的にどういうマーケティングをされてるんですか?

大霜様:本当に今までOEMというのがほとんどで、直販っていうと今からいろいろ考えていかないといけないところがあるんですけど。

森部先生:まあ、地元で。作ってるのが糸島?

大霜様:糸島です。

森部先生:そうなんですね~。それこそ僕、今日お昼は糸島の野菜を食べてきたんですけど。

大霜様:ほんとですか?あ、パプリカをお持ちしたんですけど、こちらに忘れました。

皆さん:ハハハハ(笑)

大霜様:すみません、そこに。あとで。

森部先生:そうなんですね。

大霜様:こちらの開発者の方の農家で、結構パプリカを作ってて「伊都菜彩(いとさいさい)」とかに卸してるので。

森部先生:有名ですね!

マリコ:有名ですよね。

大霜様:夏はライチとかも。

マリコ:あ、食べた~い。大好き。

大霜様:食べたいですよね。ちょっと時期が終わっちゃいました。

マリコ:そうですね。

森部先生:社長さんですか?(チラシを見せて)

大霜様:いえ、水のみなもとの開発者です。

森部先生:この方が研究者?

大霜様:そうです。バイオの研究をしていてココナッツにたどり着いたという。

森部先生:そして、これが入ってる原料っていうことですね。

大霜様:そうです。そして、この…。

森部先生:メシマコブ。

大霜様:メシマコブも柴田園芸さんで。

森部先生:作られてるわけですか。免疫力が上がるってことですよね。βグルカンが多いってことは。

大霜様:そうですね。韓国では、もう医薬品みたいな感じで扱われてるみたいですね。

皆さん:へぇ~~。

森部先生:酵素の塊、ココナッツ。なるほど~。

山本様:魅力的。

森部先生:女性の方でよく「酵素ダイエット」とかあるじゃないですか。

大霜様:おきかえ、ファスティングとかですか。

マリコ:はいはい!!失敗しました。

皆さん:ハハハハ(笑)

森部先生:それ、勝手にやったんじゃないの?

マリコ:いや、ファスティングダイエットだっけ、デトックスダイエット?何て言うの?食べないで酵素だけ。

大霜様:おきかえダイエットですよね。

マリコ:はい、失敗しました。

森部先生:あ、そう。

マリコ:2キロくらい痩せたんですけど、そこから6キロくらい太って。(笑)

山本様:ええ~~??

森部先生:リバウンドしちゃったみたいな。

マリコ:リバウンドしたんですよ。

森部先生:それ、続けないからじゃない?

マリコ:1週間くらい、最初はちょっとずつ減らしていって、そっち系ダイエットにして副食にいってっていう。トータルで1週間だったんですけど。

山本様:ええ~~。

マリコ:そこから次の月には6キロ太ってたので、なんだこりゃって。

森部先生:1年くらいやった方が良かったんじゃない?

マリコ:なるほど。だから酵素ダイエットであまりいい思いをしてない人も、多分視聴者の中にいらっしゃるんですよ。

皆さん:ふ~~ん。

マリコ:変わらなかった人とか、私みたいに失敗した人とか、中にはいるので、酵素原液なので詳しくお話聞きたいです。失敗した者から言わせてもらうと。

皆さん:ハハハハ(笑)

森部先生:添加物はないってことですよね?

大霜様:添加物ないです。甘味料とかもないですし、保存料もないので。

森部先生:そうなんですね。

マリコ:今、通販とかでもいっぱい氾濫してるじゃないですか。酵素?そこと「ここだけは違うよ」っていうのを何か教えていただけますか?

大霜様:ここだけは違う。ココナッツを主原料にしてるのってほかにないと思うんですよ。カプセルのようなものだったら、多分あると思うんですけど、液体状態のものでココナッツを主原料にしたるっていうのは、ほとんどないと。確か、ないと思います。

マリコ:ふ~~ん。

森部先生:何気にココナッツって言われてますけど、日本では育たないんじゃないですかね?

大霜様:そうですね。ココナッツはタイのものを使っています。

森部先生:タイ。

マリコ:イェイイェイ、日本とタイのハーフです。

森部先生:どう?ココナッツって。

マリコ:タイでも、結構ココナッツって使われてることがおおいんですよね。グリーンカレーとかでもココナッツを使ったりするので、ちょっとやってみたいですね。

森部先生:何を隠そう、僕も今ココナッツミルクって飲んでるんですよね。

皆さん:ええ~~。

大霜様:ココナッツミルクですか?

森部先生:ココナッツミルクです。よく。

マリコ:私、逆にココナッツオイル使ってます。

森部先生:オイルは持ってるけど、まだ使ってないの。

マリコ:そうなんですね。

森部先生:ココナッツミルクを何に使ってるかって言うと、朝食でグラノーラをとかを食べる時に、それにかけて食べてるのね。

皆さん:へぇ~~。

マリコ:美味しいですよね、ココナッツって。

大霜様:美味しいですね。

森部先生:それを要するに、酵素を自然発酵させて取り出して、15種類混ぜ合わせてっていうことで、甘味料も入っていないということなんですけど、具体的に味ってどんな味なんですか?

大霜様:味はですね、私はちょっと梅酒のような味だと思ってるんですけど、それをたとえばリンゴジュースのようなとか、いろんな表現があります。
森部先生:甘酸っぱい感じで?

大霜様:甘酸っぱいです。

マリコ:じゃあ、徹底的にココナッツ!っていう感じではないですね?

大霜様:ココナッツの味は正直、全くしません。

森部先生:香りはど宇南崎ですか?

大霜様:香りはお酢のような香りがします。少し酸味のある感じですね。

森部先生:じゃあ、ココナッツじゃない可能性がありますよね。

皆さん:ハハハハ(笑)

大霜様:結構、5年3ヶ月かかってるんですよ。

山本様:ええ~~?

大霜様:なので、もう原材料のそれぞれの臭いとか、そういうものは一切ないと。

森部先生:その商品になるのに5年3ヶ月もかかるんですか?

大霜様:そうです。

皆さん:すご~い!

マリコ:どんな研究してんだろ?○○○○どんだけ使ってんだろ?と思いながら。

皆さん:ハハハハ(笑)

大霜様:なので、原材料の味とかそういうものは全くないと思います。

森部先生:なるほど。

山本様:へぇ~~。

マリコ:でも、逆にココナッツ苦手な方も。

森部先生:いらっしゃるでしょうからね。

マリコ:だから、逆に言ったら飲みやすいですよね?

大霜様:そうですね。

マリコ:そう考えたときに男性の方とかが、苦手な方がちょこちょこいらっしゃると思うので、飲みやすいかなというふうに思います。

大霜様:結構、飲みやすいというお声はたくさんいただいています。

森部先生:これは、飲む時っていうのは割って飲んだりとかですか?

大霜様:原液でも全然、美味しくいただけるんですけども、割って飲まれる方もいらっしゃいます。100%の野菜ジュースとか、あと炭酸水とかですね。お酒に入れて飲む方もいらっしゃいます。

森部先生:なるほど。

山本様:いいですね。

マリコ:嬉しい。

森部先生:あ、飲む人!この2人相当飲むよ。いっつも飲んでる。

皆さん:ハハハハ(笑)

森部先生:そうだった、そうだった。ちなみに大霜さんはご自身が飲まれて、体調がいいってどんなところが良かったですか?

大霜様:そうですね。私の体感として、このラジオのお話をいただいて、そこを一番にPRしないとなと思っていろいろ考えたんですけど、大きな体感っていうのが正直なくって。ただ、考えてたら最後に風邪を引いたのはいつだろう?

皆さん:ああ。

大霜様:そしたら6年前だったんですよ。

皆さん:ええ~~?

大霜様:なので、私にとっては多分ぴったり合ってるんだと思います。

森部先生:合ってるんだ。風邪をひいてないっていうことは、なんか体がぽかぽかするとか、冷え性とかが治るとか。

大霜様:確かに飲んでちょっとすると指先が温かくなったりとか、喉のあたりがぽかぽかしたりとか、そういうのはあります。

森部先生:へぇ~~。

マリコ:すごいですね。私、2週間前に風邪ひいたんですけど。

皆さん:ハハハハ(笑)

森部先生:あなたが飲む方がいいんじゃない?

マリコ:でも、私に商品が…。

森部先生:応募してくださいよ。ちゃんと。

マリコ:そうですね。応募しましょう。だって、この15種類の中で一番気になったのが、ワカメが入ってるのがすごい気になって。

森部先生:ほんとだ。

マリコ:だいたい何か見る限りは、甘くてフルーツ系のものが多い中、ワカメが入ってるんですよ。ワカメが入ってるってあんまり聞いたことないなって思うんですけど。

森部先生:もずくですか、これ。

大霜様:そうです。

マリコ:そう。ワカメ、もずくってこの海藻系が入ってるのが、そこにずっと目がいって。何でだろと思って。ココナッツに合うのかなと思いながら。

森部先生:これはメシマコブのレイシ?

大霜様:そうですね。レイシです。あと芥屋カブですね。これも柴田園芸さんの方で作ってるんですけど、芥屋でしか育たない。芥屋の土でしか育たないカブです。

森部先生:特殊なものがいろいろね。

マリコ:ほんとに入ってるんですよね。

皆さん:ハハハハ(笑)

森部先生:厳選しての15種類っていうことですよね。

大霜様:そうですね。でも多分、過去には、製品化される前には、あれこれ入れたり引いたりとかいうのがあったと思います。それで最終的に。

森部先生:そしてこれに落ち着いたと。はぁ~~。

マリコ:ニンニクまで入ってますね。いいですね~。元気の源、ニンニク。

大霜様:そうですね。でもニンニクの臭いとかは一切しないので。

マリコ:うんうん、ですね。

森部先生:そこがね、不思議よね~。発酵したことによって、全然別物になってると。

大霜様:別物になってると思います。

マリコ:5年半、研究した結果ですよね。

森部先生:製品が出来上がるのにそれだけ時間がかかるっていうことなんでしょうけど。

大霜様:はい。

森部先生:研究者とか、実際に今作っていらっしゃる方とか生モノなので大変なんじゃないですか?管理とか。

マリコ:うん、たしかに。

大霜様:そうですね。でも、こちらの柴田園芸さんの中の敷地内に建物を。一部お借りして、作っています。

森部先生:あ、そういうことをされてるわけですね。

大霜様:毎日、温度管理とか、ph(ペーハー)とか、糖度とか、そういうものの計測をして管理をしてます。

森部先生:ふぅ~ん。

大霜様:ただ、本当に少人数なので従業員が一人ひとり、こうして手でかくはんして話しかけながらですね。

マリコ:ええ?話しかけながら。

森部先生:あ。なるほど。

山本様:ええ~~?

森部先生:なんか、そういうのってすごいですね~。

マリコ:大事ですね~。何人くらいいらっしゃるんですか?従業員の方って。

大霜様:全体を合わせると7人しかいなくて。

マリコ:あ、そうなんですか。

大霜様:はい。通常、清川の方は私、ほぼ1人でおります。

森部先生:そうなんですか。それで製造メーカーもされてるんですよね?

大霜様:そうです。

森部先生:めちゃめちゃ大変ですね。

マリコ:大変ですよね。

森部先生:病気できないですよね。

大霜様:そうですよね。はい。なので、良かったと思って。

マリコ:ほんとですよね。

森部先生:いや、すごいですよ。説得力ありますよ。

マリコ:すごい。説得力あります。ほんとに。

大霜様:そうですか。

森部先生:これ飲んだら、病気しないようにですね。

大霜様:明日から気をつけないといけないですね。

皆さん:ハハハハ(笑)

マリコ:明日カゼひきましたって言ったら、もうどうしようって(笑)。

森部先生:いやいや、大丈夫です。これを飲んでたら大丈夫です。

マリコ:いや6年、6年ってすごくないですか?

森部先生:すごい。

山本様:すごい。

森部先生:なんか、鈴とかも気になるんじゃないの?

山本様:めっちゃ気になります!

森部先生:そうだよね。

山本様:風邪ひきたくない、常に元気でいたい。

森部先生:特にね~。コンテストの前だとかね、絶対だめだよね。

山本様:そうですね。減量中って、私はコンテストとかに出てて減量とかをよくするんですけど、減量中って結構、風邪にかかりやすい方が多くて体調管理もしっかりしなきゃいけないんですよね。だから、「風邪をひかないなんて、なんて魅力的!」って思って。

皆さん:ふ~~ん。

マリコ:たしかに。

森部先生:ねえ。マリコも一緒だよね。風邪ひいたって言うけど、基本的にはやっぱり風邪ひけない仕事じゃない?

マリコ:ひけないです。喋るほうが多いので。

森部先生:そうだよね。

マリコ:もう、ひいたら「どこのおばあちゃんが喋ってるの?」みたいな感じになっちゃうんで。

森部先生:「ヴぇ~~~」とかね。

マリコ:「ヴぇ~~、こんにちは~~」みたいな感じになっちゃうからですね。(笑)

皆さん:ハハハハ(笑)

森部先生:それは、何か工夫してることはあるんですか?

マリコ:風邪をひかないために?

森部先生:大霜さんはこれを飲めばいいわけですから、ほかお2人は。

マリコ:あ~~、あきらめてますね。

森部先生:もう、しょうがないなと。

マリコ:しょうがないなと思って、風邪をひいてから考えます。ショウガを飲もうだのなんだの、むしろ辛いもの食べて、すごい汚い話すみません。痰を出そうとか。風邪ひいたらしょうがないなって思っちゃうタイプなので。私いつも、お腹出して寝ちゃうんですよ。布団とかもバァ~ってやってお腹出して、それで風邪をひくっていうのが根本的な風邪の原因なので、私。

皆さん:ハハハハ(笑)

山本様:ひきにいってるんだ。

マリコ:そう。もう自分からひきに行ってるんで、ひいたらもう、「しょうがないな~」みたいな感じで。

森部先生:そうですね。すみません、皆さん真似しないでください。

皆さん:ハハハハ(笑)

森部先生:どう?なんか気にしてることあります?

山本様:私ですか?まず、トレーニングはすることと、食事!食事はめちゃめちゃ関係すると思います。クリーンな食事をしたら、やっぱり体が元気になりますし、体が求めてる栄養素を体に入れるだけで「体が元気になる」っていう体感があるんですよ。それも大事だし、あと1個自己流のがあるんですけど、常日頃に「菌に触れ合っとく」。

森部先生:菌ね。

マリコ:ああ~~。

山本様:なんか、潔癖な人って、すぐ病気にかかるイメージが私にはあるんですよね。

皆さん:はいはい。

山本様:だから、私は敢えて色んな所に、自然とかですね。色んな所に行って色んな菌に触れ合うことで、私すごい強いんですけど、そういうおかげかなと思って。田舎育ちだし。

森部先生:何でもかんでも除菌とかじゃなくってってことね。

山本様:そうそう!そうです、そうです。

マリコ:ああ~~。何でだろうな、私も田舎育ちなんですけどね。やっぱ、お腹出すのが原因だんでしょうね。

森部先生:そうそう、そうだよ。

山本様:ひきにいってますからね。風邪。

森部先生:そこ根本ね。

皆さん:ハハハハ(笑)

森部先生:植物性の酵素っていうことですよね?

大霜様:はい。

森部先生:たとえば、それを摂取することによって消化の助けになるとか、そういう効果っていうのはないんですか?

大霜様:そうですね。食べる前、食事の前とかに飲まれる方が多いです。
森部先生:そうなんですね。

大霜様:そうすると、あの…。

森部先生:内臓が元気になるっていうか、そういうイメージですかね?

大霜様:イメージですね。はい。

皆さん:ふ~~ん。

マリコ:いいですね。やっぱりココナッツは強いですね。

森部先生:強いね。タイよ、タイ。

マリコ:タイ。コップンカー!

皆さん:ハハハハ(笑)

マリコ:タイで「ありがとう」っていう意味です。

森部先生:そういうことですね~。

マリコ:そうです、そうです。

森部先生:なるほど~。

マリコ:それでは、今日はプレゼントの方をお持ちいただいてるとのことで、早速ですが。
ですね?ですね!やはり。

森部先生:「虹の源」、けっこう重たいです。(現物を見せて)

大霜様:750mlで。

マリコ:重っ!ということは、めっちゃ入ってるね。タンパク質ゼロ、脂質ゼロ、めっちゃいいやん。ゼロゼロやん。

森部先生:ゼロゼロで。

山本様:へぇ~~。

森部先生:ちなみに、これでおくらですか?

大霜様:今ですね、ウェブでは7560円。

森部先生:高っ!

山本様:高い。

大霜様:高いですか?(笑)

森部先生:高級品をいただいたということですね。これはどれくらい持つもんなんですか?

大霜様:キャップがついてるんですけど、キャップ1杯30mlずつ飲むと20日くらいしか持たないかなと思います。ただ、そんなにたくさん飲まずに少量を毎日続けた方がいいのかなと思います。

山本様:え~、少量でいいんですね。

大霜様:そうです。少量の方が。私はですね、少量を毎日っていう。

森部先生:でも、ちょこちょこ飲んで、20日から、飲み方によっては1ヶ月くらい。それなら、別に高いものではないですよね。

大霜様:そうですね。

森部先生:健康に気を使ってる方とかにしたら。健康食品とかも結構、するじゃないですか。

大霜様:そうですね。

マリコ:ちゃんとシールにね、「糸島で製造しています」ってちゃんと貼ってるんですよ。

森部先生:なるほど~。

マリコ:本物ですよ。

森部先生:本物ですね。

マリコ:ちゃんとここまでアピールするってことは。

大霜様:ありがとうございます。

森部先生:そうなんですね~。

マリコ:はい、このプレゼントはなんと3名様にプレゼント!ということで。

大霜様:はい。

森部先生:ありがとうございます!

マリコ:ありがとうございます!すごいね、奮発していただきました!

森部先生:お腹出す人は応募してくださいね。

皆さん:ハハハハ(笑)

マリコ:私やないかい!大霜様、ありがとうございました!

大霜様:ありがとうございました。

森部先生:ありがとうございました。

マリコ:プレゼントの応募方法は番組の最後でお届けいたしますので、皆さま、最後までお聞き逃しなく!
続きまして、お二人目のゲスト様は ベストボディジャパン鹿児島2018、さらにベストボディジャパン長崎 2017 チャンピオン 山本 鈴 (やまもと りん)様にご登場いただきます。山本様、お待たせいたしました。本日はお越しいただきありがとうございます。改めまして、よろしくお願いいたします。

山本様:ありがとうございます。改めまして、こんばんは!山本鈴です。

マリコ:あ~、美人。美人、ヤバい。

森部先生:ちょっと、かすんでるゾ。

マリコ:ヤバい。

森部先生:顔色わるいんじゃないの?

マリコ:やべ~ぞ(笑)。でも久しぶりに美人見るといいですね!

森部先生:いいね!テンション上がるね~。でも、なんか髪型ちがうね、今日は。

山本様:そうですね。いつもおろしてるんですけど、今日ちょっとステージに上がることがあって、それでいつもより濃いメイクに映える髪型というのをして来ました。

森部先生:ちなみにステージって何のステージですか?

山本様:私、現在、「ミス熊本」っていう大会にエントリーしておりまして、そのミス熊本のファイナリスト12名にえらば、えらばせ、選ばれております。(笑)

皆さん:ハハハハ(笑)

森部先生:ファイナリストね。

山本様:はい。

森部先生:なんで、ミス熊本なの?

山本様:私が熊本県の八代市っていう所の出身でして。

森部先生:あ、そうなんだ。

山本様:そうなんですよ。

皆さん:ええ~~。

山本様:めちゃめちゃ、ど田舎出身なんですけど。

森部先生:でも、熊本って美人多いよね。

マリコ:うん。

山本様:そうなんですよ。

森部先生:ということは、ライバルが多いってことなんですね。

山本様:そうなんですよ~、ライバルがいっぱい。12人みんな、かわいいんですよ~。

森部先生:おっと~~。で、今、苦戦してると?

山本様:はい。苦戦しております。でも、結構上がってきましたね~、3位。

山本様:そうなんですよ。今ですね、その「ミス熊本」という大会でLINE投票をやっていまして、そちらのLINE投票がですね。

森部先生:こちらですね。(QRコードを見せて)

山本様:今、森部さんが出してるのがQRコードなんですけど、LINEで総選挙を行っておりまして、こちらの結果が、本選の審査員1名の代わりになるんですよね。

森部先生:うんうん。

山本様:で、12人いるんですけど、1位、2位、3位までしかポイントが付けられなくて、1位が10ポイント、2位が5ポイント、3位が3ポイント、残り4位以下はゼロポイント。

森部先生:厳しい!

マリコ:厳しいなあ~。

山本様:めちゃめちゃ厳しいです。そうなんですよ。私、第1回の発表があった時に、なんと6位で。

マリコ:は~~ら。

山本様:もう、真ん中!

マリコ:真ん中で「どうしよう~」みたいな。

山本様:なんですけど、今なんとか皆さんのご協力により、3位まで。

森部先生:上がってきた!

山本様:上がることができました。

森部先生:もうちょっとだ!

マリコ:もうちょっと、上げましょうよ。

森部先生:これ、いつまでなの?

山本様:11月25日締切りとなっております。

森部先生:もうすぐじゃない。

マリコ:来週?

山本様:そうなんです。時間がないんですよ。

森部先生:来週だ。

マリコ:ちょうど来週だ。ちょうど来週の?何時までなんですか?ちなみに。

山本様:把握しておりません。

マリコ:25日までです!

山本様:25日までです。

森部先生:念のために24日までに投票を済ませてください。

山本様:はい。よろしくお願いします!

マリコ:1人1票ですよね?

山本様:そうです。1人1票です。

マリコ:皆さん、今、携帯開いてくださいね。聞いてる方。

山本様:お願いします!

森部先生:そして、それとまた別に、全日本に出るんだよね~。

山本様:そうなんですよ。

マリコ:すご!

山本様:先ほど、ご紹介していただいた「ベストボディジャパン」という大会に去年からエントリーしておりまして、全国大会っていうのが、そのベストボディジャパンの地方大会があるんですけど、地方大会のグランプリと準グランプリだけが出れる日本大会というのがあって、それが今月の25日に東京で。

森部先生:どっちも25日。

マリコ:また25日!

山本様:そうなんですよ。

マリコ:そうなんですね。2つの思いを背負ってやらなきゃいけないんですね。25日は。

山本様:そうなんですよ。

マリコ:なるほど。ヤバい。ヤバいね。応援したいですよね。

山本様:ぜひお願いします!

マリコ:気になったんですけど、どうして鹿児島と長崎なんですか?熊本ご出身だって。

山本様:そうなんですよ。私、去年が初めてベストボディジャパンに出たんですけど、実は私、去年の4月が人生のマックス体重で、今はトレーナーをやってるんですけど、フィットネスとは全く関係なかった人種だったんですけど、ダイエットをきっかけにだんだん痩せてきて、「じゃあ次の目標何にしようか?」っていう時にベストボディジャパンに出会ったんですよ。その時にタイミングが良かったのが鹿児島大会と長崎大会だったんですよね。

マリコ:なるほどですね。

森部先生:なるほど。

山本様:はい。出身は関係なく出れるんですけど、地方だったら。そういう感じですね。

マリコ:なるほど。

森部先生:人生のマックス体重だった?

山本様:人生のマックス体重・・

森部先生:それは去年?

山本様:去年の4月です。

森部先生:そうなんだ。

マリコ:聞きたいですけどね。

森部先生:一番知りたいよね。

マリコ:私も負けないですよ。人生のマックス体重。

山本様:いっせーのせ、で言いますか?

マリコ:はい。身長が多分、近い。170(自分)と160?

山本様:168です。

マリコ:ほら。

森部先生:変わんないね。

マリコ:せーの、で言いますよ!せーの!

マリコ:75キロ。

山本様:ヤッバ~!!

皆さん:ハハハハ(笑)

マリコ:ヤッタ~!ヤッタ~!!

森部先生:なんちゅう番組・・・

マリコ:ヤッタ~!勝ったぞ!これがパーソナルの力じゃ!

皆さん:ハハハハ(笑)

森部先生:いや、すごいなあ~。

山本様:どうしたんですか?75キロって。

マリコ:どうしたんでしょうね。何か気が付いたら、デカくなってましたね。

山本様:ええ~~?

森部先生:結局、何キロ痩せたんだっけ、お前。

マリコ:え~、ぶっちゃけ言うと49です。体重が。

森部先生:じゃあ、26キロくらい。

山本様:え?今、49キロなんですか?

マリコ:はい。

山本様:おお~~!
森部先生:おお~~!

マリコ:でも私、筋肉がないので、筋肉つけたら、もうちょっと体重が増えるんですけど、ちょっと最近サボり気味で。森部先生のジム。

山本様:ああ~~。イカンですね~。

森部先生:イカンですね~。サボっちゃいかんと節が。

マリコ:ちょっと落ち着いたので、行きますね。という感じです。

山本様:なるほど~。

マリコ:上乗せしちゃったよ、私。ゲスト様を。

山本様:言いづらいですよ、次に~。

森部先生:いいよ。言っちゃっていいよ。

マリコ:言ってください。

山本様:私はちなみに62キロでした。

森部先生:マックスが。

山本様:マックス。

森部先生:でもね~、お姉さんがまたキレイなのよ。

山本様:それ、いつも言いますよね、先生。

森部先生:だって、ほんとに。

マリコ:ほんとに?

森部先生:そしたら、お姉ちゃんに言われたんだよね。

山本様:そうなんですよ。

森部先生:写真撮りたくないって。

マリコ:ハハハ(笑)どういうこと?なんで?

森部先生:本人に聞いてください。

マリコ:どういうことですか?

山本様:それ、言っちゃいますか?

森部先生:言ってください。

山本様:姉は結構、写真を撮るのが上手で、海外生活してるんですけど、私が行った時に久しぶりに会うので、「ハ!?」みたいになって、「あんた、太りすぎじゃない?」みたいな。自分では気づいてなかったんですよ。太ってることに。そしたら、「太り過ぎて写真撮りたくない」って言われて。「なんか、もう醜い!」みたいな感じで遠回しに言われて、それをきっかけに体重計に乗ったのがダイエットの始まりでした。

森部先生:おお~~。でも、そういうきっかけは大事だよね~。

山本様:そうですね~。

マリコ:やっぱり、鍛えたりとかする環境がないと体重計に乗らないんですよ。なので、自分の体重を把握できないんですよね。

山本様:そうですね。

マリコ:なんか、病院に行ったりとか身体測定をしない限りは、・・??

森部先生:(挙手!!)はい!体重図らなくても、鏡みるやろ?毎日。

マリコ:違うんですよ。鏡は、最近ね、脚が長く見える鏡だったりとか、細く見える鏡だったりとかいうのが、世の中にいっぱい出てきてるんですよ。

森部先生:魚眼で見なさい、魚眼で。

皆さん:ハハハハ(笑)

マリコ:世の中の女性は、みんな現実逃避をしたいんです。

森部先生:あ、そうなんだ。

マリコ:そうなんですよ。だから女優鏡ができたりとか、脚長効果の鏡ができたりとかするんでうよ。これを男性はわかってない!

森部先生:そうなんだね。失礼しました。

マリコ:そうなんです。だから現実逃避をしたくて、体重計にも乗らなくなるんです。女性の方って。

山本様:そうですね。

森部先生:はぁ~~。勉強になるわ~~。

皆さん:ハハハハ(笑)

マリコ:だから、森部先生のジムで「おはようございます」って入った人、1人ずつ体重計に乗るっていうんだったら、どうですか?

森部先生:なるほど。

マリコ:そしたら、嫌でも乗らなきゃいけないので。

森部先生:そうだね~、なるほどね~。

マリコ:気が付いたら太ったっていうのが、なくなると思います。

山本様:たしかに。それ、いいかもしれない。

マリコ:うん。

森部先生:目安があるとね。なるほど~。

山本様:そうですね。

マリコ:そうなんですよね。

森部先生:そうすると、そこから一念発起してダイエットを始めて、たまたまタイミングが良かったのでベストボディジャパンにチャレンジしてみようと。

山本様:そうです。

森部先生:いうところから、地方大会でグランプリとって、全国大会に行くわけですよね?

山本様:はい。去年も全国大会に出場させていただきました。

森部先生:テーマは?

山本様:テーマ?何のテーマですか?

森部先生:だって、地方で優勝して全国に行くときって、それなりに何か「行くぞ!」みたいな感じで行くでしょ?

山本様:そうですね。私、去年初めてエントリーしたんですけど、2個の大会に出て、なんとどっちもグランプリいただいちゃって。

マリコ:(拍手)

森部先生:元がいいから。

山本様:いやいや。だから、すごいノリに乗ってたので、「よし!このまま日本一しかない」
と思っていまして、去年挑んだんですけど、やっぱりレベルが高い!グランプリと準グランプリしか出場できない大会なので、それでやっぱり、みんな日本一を狙ってるので、もうレベルの高さが尋常じゃなくて、その55人いた中で予選通過がたったの10人。

森部先生:はぁはぁ。

マリコ:え?たった10人?

山本様:はい。

森部先生:わざわざ全国まで行って、出れない?みたいな。

山本様:私は予選は通過したんですけど。

森部先生:すごい!

マリコ:すごい!

山本様:ありがとうございます!

森部先生:ところが?

山本様:ところが6位で終わって入賞はできなかったんですよ。

森部先生:なるほど~。

マリコ:はぁ~~。

山本様:はい。

森部先生:そのリベンジをかけて。

山本様:そうです。1年越しに。
森部先生:どうですか?手応えは。

山本様:やっぱり、森部先生が言うじゃないですか。筋肉は裏切らないじゃないですけど、筋トレって素晴らしくて、去年より仕上がりが2キロ重い予定なんですよ。なんだけど、シルエットが「去年よりいい!」

森部先生:おおっと~、力強い。

マリコ:なるほど~。

山本様:はい。やっぱり女性らしいメリハリボディっていうのが欲しかったので、私もともと肩幅が広くて、くびれも結構細いんですけど、それを更に強化していこうと思って。肩のトレーニングと胸もトレーニングして、ウエストは引き締めのトレーニングをやって、そしたら何か「お!」って。今はもう減量末期なので毎日鏡で自分の体をチェックするんですけど、「いいんじゃないかな」って。

森部先生:おおっと~!

マリコ:おお~~!!

森部先生:なんか込み上げてくる自信の表情がいいですね~~。

マリコ:でも、自信って大事ですよね。

森部先生:大事!絶対、大事だよ。

マリコ:絶対、大事ですよね。それが結果に絶対つながるので。

山本様:そうですね~。

マリコ:どうしよ、どうしよ。って思ったら絶対とれないので。

山本様:そうですね~。

森部先生:コンテストの内容は具体的にどういうものがあるんですか?

山本様:予選でフリーポーズっていうのがあるんですけど、規定ポーズ4種類プラス、自分をアピールできるフリーポーズがあるんですけど、それで予選通過なるか、ならないかという感じなんですけど、やっぱり審査員さんから見て「美しい体」だったり「健康的な体」っていうのが評価されます。

森部先生:なるほど。

マリコ:こういうやつ?(ポーズをとる)

森部先生:いや、そういうのじゃない。多分、落ちる(笑)。

皆さん:ハハハハ(笑)

マリコ:難しいね~(笑)。

山本様:そうです。筋肉をアピールするっていうより、女性らしい美しさをアピールする方が優先的には上ですね。

マリコ:へぇ~~。

森部先生:ここの難しいところがね、ちょっと抽象的じゃない?女性らしい、とかいうのが。

皆さん:う~~ん。

森部先生:何をもって女性らしいというのか。

山本様:私もそれが知りたいですね~。

マリコ:でも、審査員って男性ですか?女性ですか?

山本様:男性、女性どっちもいます。

マリコ:それ、難しいですね。男性だったら、男性が感じる女性らしさと女性だったら、多分違うと思うので。

山本様:そうですね~。

マリコ:どっちの票をとれたかっていうのを知ったら、一番いいですよね。

山本様:うんうん。

マリコ:だったら、らしさがわかりますもんね~。

森部先生:意外とそういうのはわからないんだよね。細かな部分って。

山本様:そうなんですよ。地方大会でもグランプリで、「ん?これ、ちょっとポッチャリ?」ポッチャリじゃないですけど、ふくよかな方もいるし、ガリガリの人もいるし、ちょっとよくわからないんですよね。でも、やっぱり審査員の方々の中では多分あると思うんですけど、そこは明らかにされていないです。自分で過去の勝者たちを見て学ぶしかないですね。

森部先生:ただ、それでも全国で入賞してる人たちっていうのは、「ああ、やっぱりレベル高いな」って思ったわけでしょ?

山本様:思います。

森部先生:一番の違いってどこだったんですか?

山本様:一番の違い。私とですか?比較して。

森部先生:うん。

山本様:去年、オーバーオールって総合優勝された方は、やっぱり鍛えてるなっていうのがちょっとわかるっていうのと、メリハリ。肩のライン、くびれのライン、背中もキレイだし、脚もキレイだし、っていうのと、やっぱり持ってるオーラが。

森部先生:ちがう?

山本様:ちがう。

森部先生:なるほど~。

マリコ:フフフ。私、笑いそう。もし、私が出たら。

森部先生:笑う?

マリコ:ハハハって。

森部先生:ポーズがすでに違うけどね。

マリコ:こう、こうだもんね。

山本様:何か持ってるんですか?それ(笑)

マリコ:なんか、ここら辺の筋肉を見せるイメージがあるから、こんな感じの。

森部先生:全然ちがうもんね、そんなんじゃ。

山本様:全然ちがいます。

森部先生:しかも、ポーズっていうのは決められたポーズしかとれないんでしょ?

山本様:そうですね。そのフリーポーズ以外は4種類しかないです。

森部先生:ですよね。同じことを皆がやって、そこでジャッジされるわけだから。

山本様:そうです。

森部先生:入賞される人たちっていうのは、ある程度のレベルでこんな人がっていうのが、あるんでしょうね。

山本様:あるんでしょうね。

森部先生:とはいえ、残り1週間じゃないですか。この1週間、どんなふうに過ごす予定なんですか?

山本様:この1週間、減量も結構スムーズに進んできてますので、ポージングを固めていって、あとはもうモチベーションというかイメージを持っていくしかないですね。「グランプリをとる!」っていうイメージを深く深く掘り下げて、本番にピタッと持っていこうと思っています。

皆さん:ふ~~ん。

森部先生:ちなみに25日は東京?

山本様:東京です。

森部先生:東京のどちらですか?

山本様:品川プリンスの新高輪っていうところなんですけど、結構、豪華な会場で。そうなんですよ。人もかなり入るんですよ。

マリコ:行ってみたい。見てみたいですね。

森部先生:いつもね、出張で泊まるとこだよ。

山本様:え?

マリコ:あら、来週は行かれる予定はないんですか?

森部先生:ありません。

マリコ:あららら(笑)。

山本様:来てくださいよ~~。

森部先生:ラジオもあるしさ。

マリコ:あ、そうか。そうだった(笑)

山本様:熊本もね、LINEの。これをね、まず今日はラジオでアピールしないとですね。

森部先生:そうだね。

山本様:これは私1人の力では、どうにもこうにも伸びることができないので、票はですね。ぜひ、皆さまのお力をお貸ししていただきたいと思います。

森部先生:こちらでございます。LINEで登録ですよね?

山本様:そうです。私、最近4位から3位に上がったんですけど残り1週間となったので、多分すべてのファイナリストが本気でラストスパートをかけてるんですよ。絶対に。

マリコ:ぐわぁ~~って。

山本様:しかも、もともと3位だった子って、今4位で3位だった子ってすごい悔しいと思うんですよ。私にこのタイミングで抜かれて。だから、その子が追い上げてくんじゃないかなという私の読み。

マリコ:そこ、逃げましょ!逃げてほしい。

山本様:逃げたい!やっぱり、皆さんに応援していただいた票をなんとかしてポイントにつなげたい。

森部先生:なるほどね。

マリコ:これって、URLで「ミス熊本.com」で調べられるんですけど、そこからLINEの投票ってできます?

山本様:できます!

マリコ:わかりました。

山本様:ミス熊本ってしたら、もう1番目に出てくると思うので、そこから総選挙には行けると思います。

マリコ:エントリーナンバー、12番ですよね?

山本様:エントリーナンバー、12番です。

マリコ:はい。ということで、皆さま!よろしくお願いいたします。

山本様:よろしくお願いいたします!

森部先生:よろしくお願いします。

マリコ:それでは本日、プレゼントをお持ちいただいたとのことですのでご紹介をお願いいたします。

山本様:本日のプレゼントは、私のパーソナルトレーニング1時間を1名様にプレゼントしたいと思っております。

マリコ:おおっと~、美女と受けられる素敵な1時間ですよ。

森部先生:そうだよね~。男性でも女性でも良いっていうことですね。

山本様:はい。どちらでも大丈夫です。

マリコ:男性の方、聞きましたか?

森部先生:こんな特別なチケットはないですよ。

マリコ:そうですよ。ベストボディジャパンにも出て、ミス熊本にも出て、すごいですよ。そんなパーソナルを1時間受けれる。しかも1時間、無料で1名様!

森部先生:そうですね。

マリコ:ということで大接戦ですのでね。

森部先生:ぜひ、応募してください。

マリコ:はい。よろしくお願いします。山本様、ありがとうございました。
山本様:ありがとうございます。

マリコ:プレゼントの応募方法は番組の最後でお届けいたしますので、最後までお聞き逃しなく!
お待たせいたしました。それでは続きまして、「森部先生に聞け!」のコーナーです。森部先生にいろいろと聞いていきたいと思います。
先ほどの打ち合わせで、今日は女性が2人いらっしゃるので「こういう質問をしたい」というお話をちょっとしたと思うので、確か山本さんでしたよね?

山本様:そうですね。

マリコ:改めて、言っていただいていいですか?

山本様:はい。私は今、ミス熊本で福岡と熊本の往復をほぼ毎日、してるんですよ。レッスンもありまして仕事もしてるので、睡眠時間が。

森部先生:あ、結構大変だね。

山本様:ぜんぜん、確保できなくて。やっぱり睡眠時間が少ないと体が疲れるじゃないですか。なので睡眠時間がとれないから質の良い睡眠をとりたいと思いまして、そこで森部先生に何か良いアイデアというか、ありましたらと。質の良い睡眠がとれる方法。

森部先生:質の良い睡眠には、いろいろ定義があるんですけど、1つは長さともう1つは深さ、あとはタイミングの問題があるんだけど、おそらく質の高い睡眠が確保できてないなっていうのは、その時点でストレスになるじゃない?

山本様:うん、なります。

森部先生:そのストレスを抱える人たちの中には、「寝れてない、もっと寝ないといけない、寝ないときつい」とかいろいろ頭の中で渦巻いてる部分があると思ってて、それは何故そう言うことが起きるかというと、「自分が寝たいタイミングで寝れていない」というのが大きいと思うんですね。

山本様:あ~~、はい。

森部先生:具体的には、実際には個人でセッションをしながら探っていくんですけど、ラジオを聴かれてるような方々の場合は、ちょっとそこができないので、大まかに言いますとまず、一番最初、一日の一番最初が「寝る」というところからスタートすれば、変わります。

山本様:え??

森部先生:どういうことかと言うと、たとえば今日の夜、12時に寝るつもりだったのが2時になったとするでしょ?仮に。すると「2時間、睡眠時間が少なくなった~」みたいな感じで思うはずなんですよ。

山本様:そうですね。

森部先生:だけど、2時から寝始める。そこが5時間なのか、4時間なのかはわかりませんけど、最初に「一番、自分が欲しい睡眠がとれた」っていうところからスタートすると心理的な負担がかなり、減ります。

山本様:あ~~、なるほど。

森部先生:寝たいのに寝れないっていうネガティブな感情ではなく、「よし、寝れる。OK!」みたいな感じの「待ってました!」みたいなね。

山本様:あ~~、考え方を変えるってことですね。

森部先生:そうです。それだったら、ほかが一切変わってないにもかかわらず、ストレスはかなり軽減しますね。

山本様:なるほど。

森部先生:だから、もうその時点では「あ、もうダメかもしれない…」ガクン。みたいなね。

皆さん:ハハハハ(笑)

森部先生:うん、その状態で。

山本様:うんうん。

森部先生:もちろん、それがずっと続くと、それはそれできついかもしれないけど、一時的にでもね、全然変わります。

山本様:なるほど。それ、めちゃくちゃ今の自分の中で「あっ。」って思いました。

マリコ:大丈夫でしょうか?

山本様:ありがとうございます。

森部先生:あたかも携帯のバッテリーが切れるかのごとく、寝てください。

マリコ:ああ~~。

山本様:なるほど。

森部先生:ガク~ン、みたいな。

マリコ:はい、ありがとうございます。大霜さんは何か、ご質問とかありませんか?せっかくですので。

大霜様:大丈夫です。

マリコ:ないんかい!

皆さん:ハハハハ(笑)

マリコ:突っ込んじゃった、今。普通に突っ込んじゃった(笑)。

森部先生:ナイス!今日、乗ってるね。ノリノリ。

マリコ:ないんかいって。どこの芸人さんか、みたいな感じですよね。

森部先生:いや、2ヶ月ぶりのパワー、すごいわ。

マリコ:溜めにため込んでますから、今日は。はい!じゃあ、逆に私、質問していいですか?

森部先生:はい。

マリコ:山本さんの質問の続きなんですけど、私も寝れない時って結構、寝る時間がいつもバラバラなので、それこそ2時間、3時間しか寝れない時もあるんですけど、逆に私は「2時間寝れる、3時間寝れる、ヤッタ~」って思って寝るんですけど、その2時間3時間をきっちり寝たいと思うので深く寝てしまうんですよ。もともとショートスリーパーなので、そんなに長く寝なくていいんですけど、深く寝てしまうと目覚ましが全く聞こえなくなるんですよね。で、寝過ごしてしまうっていうこと、いつもギリギリになってしまうっていうことがすごい多くて。
仕事で遅刻したことは全くないんですけど、寝過ごしてしまったあげく、ごはん抜きで行ってしまうとか、歩く必要のある距離感でもタクシーを使って行ってしまうとか、なんか目覚ましが聞こえないので1時間単位に鳴らさなきゃいけないんですよね。私の場合。1時間というか、5分ずつの単位で鳴らさなきゃいけないので、これで起きれなかったらヤバい、いけん、どうしようどうしようと思って、浅い眠りが2時間3時間続いてしまって、結局「チ~ン」みたいな感じになってしまうんですよ。

森部先生:あ~、なるほど。

マリコ:それってどうしたらいいですかね?

森部先生:難しいですね、それはね。

マリコ:すごい難しいんですよ、これ。

森部先生:ただね、設定をしてるわけでしょ?その5分ごとにとか。

マリコ:はい。

森部先生:そうすると、やっぱり深くは寝れないですよね。

マリコ:寝れないんですよ。

森部先生:でも、自分ではなんか、深く寝てしまって起きれないっていう恐怖感があったりとかして。だから半分、寝てるような状態で寝てないみたいな。だから、意外ときつい。その状態だと。

マリコ:今、きついです。

森部先生:でしょう?

マリコ:という感じなんですよ。今日も全然、寝れてなくて起きなきゃいけない時間に。でも、今日3時間しか寝てなくて、みたいな感じで結局浅い眠りで、救急車の音も聞こえるくらいの浅い眠りだったので脳みそとかは寝れてないような状況だったので。これでも、ショートスリーパーのままで大丈夫で、パッと寝れてパッと起きれるような感じはどうやったらできるんだろうと思いまして。

森部先生:ひとつは神経はリセットしないといけないので、自律神経が正常に働くようにしないといけないですから、おまじないみたいな感じで、たとえば、熱いシャワーを浴びて寝るとか。熱いのがいいかどうかは別としてですよ。

マリコ:はい。

森部先生:これをすれば、こうなる。っていうふうに設定をするわけですよ。だから、いきなり今日やってみてって言っても、それはうまく行かないかもしれない。

マリコ:そうですね。

森部先生:だけど、それ自体をイメージトレーニングにして、ルーティン化するわけ。寝れない時は私にはあると。仕事上で、3時間しか寝れない時があって、寝たいタイミングではないけど、ここで寝とかないときつい、とかいう日がたとえば、1週間の中で2回あるとしたら、「その時にはこの寝方をする」っていうのを決めておくわけ。

マリコ:はい。

森部先生:ルーティンを決めて、そういう日がくる時には、食事はすごい早い時間に終わっておくとか。

マリコ:ふ~~ん。

森部先生:そして、お風呂に入ってゆっくりする。とかいうのをやったら「私はちゃんと寝れる」というところまでをルーティンにしてしまう。

マリコ:ああ~~。

森部先生:そしたら、これでOK!っていう自分が出来上がります。

マリコ:じゃあ、私はルーティン法で、山本さんは、え~っとプラス思考法。

山本様:マリコ:ハハハハ(笑)

森部先生:うまい!

マリコ:っていう感じですね。

森部先生:はい。

マリコ:睡眠にはさまざま、問題がありますから、頑張りましょう!

山本様:頑張りましょう!

マリコ:という感じで、本日もあっという間の。

森部先生:あっという間でしたね~。

マリコ:はい、お時間でございました。
フェニックスグループプレゼンツ「世界を変えるRADIO」はいかがでしたか? 番組へのお問い合わせやご質問、商品提供等々は番組フェイスブックページ「世界を変えるRADIO」への直接メッセージ、もしくは番組パーソナリティーの登録サイトからご連絡ください。

そして今夜、この後 20 時より全国 95 局に放送されている「ラジオ 2951」が放送されます。「ラジオ 2951」で検索していただいて、サイマルラジオよりお聴きください。
それでは最後にプレゼントの登録方法をお伝えします!ぜひ、ご登録をお願いいたします!
よく聞いていてください。

プレゼントご希望の方は、まずは会員登録が必要になります!
➀お手元のスマートフォンから「ラジオ2951(フクコイ)」カタカナでラジオ、数字で2951と入力して検索します!
②そうすると一番トップに表示されますのでそこをクリックしてください。沢山のプレゼントがアップされているHPがご覧いただけます。
③※そのHPの一番下に「プレゼントに応募する」が表示されますのでクリックしてください!
④そうすると一番上に「新規会員登録」が表示されますのでクリックしてください!そこで「メールアドレスを入力して登録」もしくは「空メールを送信して登録」のどちらかから会員登録をお願いします!
⑤※この時、必ず「メルマガを受け取る」で設定をお願いします!
⑥会員登録が済めば「プレゼント、応募」ボタンよりご希望のプレゼントを申し込んでみてください。
プレゼントは何個でも大丈夫ですので、ぜひたくさん申し込んでくださいね。
注)プレゼントお申し込みはお手元のスマートフォンでお願いします。パソコンはできないので、ご了承ください。

それでは大霜様、山本様、森部先生、今日はありがとうございました!最後におひと言ずつ、いただいてよろしいでしょうか?では、大霜様、よろしくお願いいたします。

大霜様:はい。今日はどうもありがとうございました。ちょっと緊張しましたが、楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございました。

マリコ:はい。また、遊びに来てください。ありがとうございます。そして山本様。

山本様:ほんと、楽しかったです。ありがとうございます。皆さま、投票忘れずによろしくお願いしま~す!

マリコ:ありがとうございます。ミス熊本とベストボディジャパン、頑張ってください!

山本様:はい、ありがとうございます。

マリコ:ありがとうございます。そして、森部先生。

森部先生:じゃあ、鈴が優勝できるようにLINE登録、もう少し働きかけていきたいと思います!

山本様:ありがとうございます!

マリコ:私もします。

山本様:ありがとうございます!

マリコ:ありがとうございました。
本日の番組は以上で終了いたします。
「世界を変えるRADIO」は日本全国 95 局のコミュニティFM局と連動し、放送されている地方創生をテーマにしたリスナー参加型プレゼント番組「ラジオ 2951」の 傘下番組で、毎週日曜日 18 時から放送開始となっております。
ここまでのお相手は本日特別パーソナリティーの【柊木マリコ】でした。
次回放送は、11月25日(日)午後18時からとなっております!次週のパーソナリティーは【ローラさん】ですので、次回の放送もお楽しみに~!
ありがとうございました!バイバ~イ!

世界を変える RADIO 
プロデューサー 吉田 勝

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。