第42回目放送


  • パーソナリティー:SHOKOさん
  • 特別コメンテーター:森部昌広先生(トータルコンディショニングコーチ)
  • 今週のグッドパースンより福岡県議会議員弁護士の堀大助(ほりだいすけ)様
  • 株式会社M-Ink.(ミンク)代表取締役社長磯邉美香(いそべみか)様

SHOKO:皆さま~こんばんわ!本日2018 年3月18 日(日)18 時を回りました!
本日も「世界を変えるRADIO」が始まりました~(拍手)今週の放送で第42 回目となります「世界を変えるRADIO」は、「社団法人日本ラジオパーソナリティー協会」そして「スポーツガーデン㈱」、「福岡スポーツメディア研究会」の提供でお送りさせて頂きます!


本日3月18 日(日)はパーソナリティーとして私【SHOKO】がお届けさせて頂きます!!どうか宜しくお願い致します
確か開花宣言がされましたよね?テレビ見ていたらですね、最近温かくなったので…
森部先生:僕は知らなかったですが、うちの大学は咲いていました!桜の種類は違うんですけど、凄いきれいなんですよ!
SHOKO:いや、実はですね、うちが4月7日にお花見を設定(花見deルエダしちゃってまして…土曜日なんですが、毎年舞鶴公園の西広場でCUBAの国旗を立てて、踊りながら初めての方とも交流しながら、花見deルエダをねやるんです!
森部先生:参加したいなぁ!!いっつもイベントと重なっているんですよ!
SHOKO:4月7日ですのでこんなに早く咲かれてしまうと…さくら無くなっちゃうんじゃないかなって(汗)この時、腹ペコラボのアートお弁当「さくらちらし寿司」のお弁当を頼んでまして、実は野尻ともみさんって言う女性の凄いお弁当なんですが…アートなんですよ!TAMAちゃんが「初めてお弁当を開いて感動した」って言って、イベントでお願いして作って頂いたんですが大絶賛だったので、今年も第二弾で用意しておりますので、ぜひ皆さま4月7日「花見deルエダ」にいらして下さい!
そんな感じで今日も楽しくワクワク始めて行きましょう!さて!本日もトータルコンディショニングコーチの森部昌広先生にコメンテーターとして登場頂いております!
「森部先生、本日も宜しくお願い致しま~す!」


森部先生:宜しくお願いします!
SHOKO:先生はお花見のご予定とか?
森部先生:いや、ないですね…でもね、ウォーキング指導しないといけなくて、色んな所で。その時に花見の雰囲気が出てくるんじゃないかと思います!
SHOKO:ウォーキングはどちらですか?
森部先生:それがね、色んな所で…今度の水曜日は筑後の船小屋でやりますね!
SHOKO:春になって皆さん、ぜひウォーキングから始めて頂きたいと思います!
はい!森部先生ありがとうございました!
それでは早速ですが、今週も素敵なゲスト様がいらっしゃっていますのでご紹介させて頂きながら番組をはじめて行きたいと思います!
本日のゲストお一人様目は今週のグッドパースンより福岡県議会議員弁護士の堀大助(ほりだいすけ)様でございます。
「それでは堀先生、簡単な自己紹介をお願いいたします」


堀先生:こんばんは!堀大助と言います。今、言われた通り、福岡の県会議員をしながら弁護士として活動しています。地元は福岡県の行橋市から選出となっております。宜しくお願いします!
SHOKO:堀先生、ありがとうございました!のちほどまた、ゆっくりお話しを聞かせ
て頂きますので宜しくお願いいたします!
続きましてお二人組目のゲスト様は、株式会社M-Ink.(ミンク)代表取締役社長磯邉美香(いそべみか)様でございます。
「それでは磯邉代表、簡単な自己紹介をお願いいたします」


磯邉代表:こんにちは!株式会社M-Ink.(ミンク)代表取締役の磯邉美香と申します。本日はありがとうございます!私は福岡県久留米市出身でして、今東京をメインで活動しているんですが、デザイン業をやらせて頂いております。その中で久留米絣であるとか、地元のモノを使ったデザイン商品を開発したり色々とやらせて頂いております。宜しくお願いします!
SHOKO:宜しくお願い致します。ありがとうございました!のちほどまた、ゆっくりお話しを聞かせて頂きますので宜しくお願いいたします!
さて!今週もこちらのご案内をさせて頂きます!毎週アクセス数が伸び続けている大好評の「読めるセカラジ」ですが「世界を変えるRADIO」のホームページでは、楽しみな情報をお届けしている番組内容を記事に起こしまして、「読めるセカラジ」として毎週更新させて頂いております!通勤中や移動中でも、いつでもどこでもスマホで読めるラジオ、いわゆる「ながらラジオ」として公開させて頂いております。この「読めるセカラジ」がとても好評でご出演者様からも数多く拡散頂いております!ありがとうございます!!海外で活躍する日本人の方と連携を取りながら、プロデューサーが現在、リニューアルに向けてサイトの準備をしているそうです。2018 年はいよいよ世界に出ていきますので楽しみにしておいて下さい!
それでは番組を進めていきたいと思います。
まずはお一人目のゲスト今週のグッドパースンより福岡県議会議員弁護士の堀大助(ほりだいすけ)様でございます!
「堀先生、本日はお忙しい中ご出演頂きありがとうございます!改めまして宜しくお願い致します!!」

福岡県議会議員 弁護士 堀大助先生のHPはコチラ!

堀先生:宜しくお願いします!
森部先生:早速なんですが、弁護士と言う立場から…議員を目指された転機と言うか、心境をお聞かせいただければと思います。
堀先生:話すとそれだけで時間がかかりそうなので…明確なきっかけはそこまでは無かったんですが、大雑把に言うと文系か理系かで文系を選んだみたいな(笑)ただ、弁護士の仕事と政治家の世界って「法律」を扱ったりしますので、その辺は合っていますね。弁護士として法律を扱う立場で、それから政治に興味が出て来て…政治って法律を作っていく方ですからね。より幅広く、法律を作っていってみたいと言うのはありましたね。後はやはり自分の年齢的なモノとか…30歳で目指そう!となったので、きっかけはそう言うモノがあったんじゃないかと思います。
森部先生:実際、立法に関するところは、どう言う所にやり甲斐等は感じられていますか?
堀先生:今、政治の世界で法律を一つ一つ作っていくって言うのは、そんなにある訳じゃないんですよ。基本的に、地方の政治って言うのは二元代表制って言って、県知事と議会が並び立つみたいな…その知事の色々な行政の部局があるんですが、そこから法案を提出してきて、議会がそれを許可するとかしないとかと言う手続きがあるので、必ずしも我々が作る議員提案条例が多くはないんですが…ただ幅広い意味で言うと、一つの政策を知事に対して提言していく事は出来るんですよね。そう言う意味で政策とかに反映できているので、そこに面白みはありますね。一回の県の施策になってしまえば、全ての県民に適用されるじゃないですか?弁護士だったら一件終わったらまた一件みたいなので。そこは違う面白さはありますね…


森部先生:作ると言う面白さもあると思うんですが、すでに施行されている法律や条令でですね、これは現代に合わないんじゃないの?って言う内容に改定をしていくとかの提言とかはどのように?
堀先生:それもですね、条例とか施策、事業とかに関わらず、これは「古いんじゃないの?」とか、「今の時代に合わないんじゃないの?」とか、「もう少し柔軟に幅を広げて行っても良いんじゃないの?」とか、それぞれあるんですよね!そう言う所に関しては、議会の本会議で知事に質問をしてみたり、表舞台じゃなくても日ごろの交渉の中で、ココはもう少し変えた方が良いんじゃないですか?って言うのは、常々やったますね。意味のあることだなって思っています。
森部先生:これは以前関わった中での知識なんですが、今、プロスポーツ団体が幾つかで来ているんですが、中でも「バスケットボール(Bリーグ)」が出来たんですが、これが福岡のチームとかになると「ホームスタジオが無い」と…そしたらですね、公共の体育館を使おう!と思うと、体育館の使用許可の問題になるんですが、興行的になると、やたらと負荷がかかってくる…経済的な部分でですね。これが昭和30年~40年代に出来た法案なんですが、これが暴力団関係者とかが営利目的で入ってくるのを防ぐために作られたものらしいんですね。ところが、あくまでも青少年の健全な育成に繋がるとかプロスポーツの可能性を拡げるとか、地道に活動しているんだけれども実際にはなかなか会場として使うこと自体が出来ない!と言う事でかなり悩まれたりしていたんですが…こう言った所の改善はされていくんでしょうか?
堀先生:僕は今38歳なんですが…昔から比べたら、大分改善しているとは思うんです。昔って、プロスポーツもアマスポーツも、ぶった切って…プロスポーツは特に興行面が強調されて…アマスポーツって教育「スポーツを通じて、人間教育が一番素晴らしい部分」ですけど、それ以外にも「地域に貢献」するとか「観光に貢献」するだとか…今は県の中でも県知事が扱う部署にもなっているんです。そう言う意味では垣根を変わってきているのかな?と…昔はプロ野球選手がアマチュア選手を教えちゃいけないとか…今は少し緩くなっていると言うか柔軟になっていると言うか。僕はプロの選手がアマチュア選手を教えるっていい事だと思うんですね。ただ単に、興行的だからとか、お金貰っているからダメとか…これでは時代に合わなくなっているんじゃないかな?って思います。


森部先生:先生のご活動の中で、ツールド九州と言う構想があると言う事で…時代に合う合わないってあるんでしょうが「観光」とかにも繋がってくるのがあるじゃないですか?【九州を元気にする!】と言う事を考えて行けば、僕は「スポーツビジネス」を教える立場でいた時に【ツーリズム】と相性がいいと感じたんですが、その時に問題になってくるのが【道路の試用許可】がどうしても出てくるんですよね。これは法的な事も絡んでくるので、イベントとしてやりたいと言う団体としても、そもそも無理!ってなると思うんですが…これをしっかり育てていくには、地域行政、警察、管理箇所も含め、みんなが力を合わせていかなければいけないでしょうし、地方で過疎化が進んでいる所とかを改善する部分ではかなり大きいパワーを持っていると思うんです。一個人の意見と、議員さんの意見とは違うと思うんですが、どんな風にお考えでしょうか?

堀先生:今日は午前中に、地元行橋市の隣にみやこ町にある県営伊良原ダムの完成イベントに行ってきたんですね。県の調査が56年前に始まって…半世紀以上かけて出来たって言うダムの竣工式が1週間前にあり、今日は町が主催して出店とかが一杯出ているイベントでお子様とかも数多く参加していたのですが、そこでダムの周回のウォーキングイベントが合ったんですが、ダムの周回を回るマラソンを企画したらしいんですが…警察の許可が下りずに断念したと言う経緯があったんですね…道路の形状からしたら少し難しいかも?と言う行政の立場からしたらあるんですが…やはり「出来ないと言う所からスタート」するのではなく「どうしたら出来るか?」と言うことで考えていかないと!と感じますし、スポーツは地域も盛り上がるし、見ているだけで楽しめるしHAPPYになれるモノなので、何かやるときにスポーツを核にする!って僕は非常にいいなぁって思います。
森部先生:ぜひ、先生の力で!若い議員さんが声を上げて貰って、長いモノに巻かれていたらなかなか変わらないですからね…パワー持った方々と我々もやって行きたいですね!また、お名刺の中にもあったんですが陸上自衛隊の予備自衛官ってあったんですが、これはどう言う考えで?
堀先生:自分にできる事は何か?って考えたいんですよね!国を守るために何が出来るか?ってなった時に、特に災害が遭った時とかありがたい存在じゃないですか?ありがたいって言うのは分かるんですが、待っているだけで良いのか?ってなった時に「予備自衛官」って制度があるって聞いたので…そう言う制度があるんだと言う事と、普段は一般人として過ごしていて、何かあった時には自衛官として行きますよ!と言う事と、そう言う意思表示と自分でも出来るので、やらない選択肢はなかったので、去年行って任命されたんですよ。自衛隊の中で合宿生活をさせて頂いて…国防って言うモノをその以前よりもより具体的に感じる事が出来ました。自分が国防や地域の安全保障を考える上で良かったなぁって思いました。色々と募集しているみたいですね!
森部先生:予備自衛官って数は多いんでしょうか?
堀先生:数は分からないですが、定員の充足率はまだまだ足りていないっていう話でしたし、制度が知られていないとか年齢制限とか…色々と難しい問題があるみたいですので。ただ、行ってみたらみんな良かった!って思うんじゃないかな?
森部先生:予備自衛官って堀先生で二人目なんですよ!


堀先生:あ、そうなんですか!
SHOKO:私は初めて聞きました!
森部先生:これから議員さんとして一番力を入れていこう!っていう分野はどう言った所でしょう?
堀先生:それこそ今、勉強中でして…まだ5年目なんですが、基本は委員会に所属するんですが、うちは2年で1委員会なんですね。4年ですと2委員会所属になるんですが、そこに所属してみて初めてその内容が分かってきて、深みが出て来てこれやりたい!ってなるんですが、まだ三つ目なのでこれやりたい!ってハッキリは決まっていないんですが、僕はスポーツが好きですので、これからスポーツなりが広域観光振興になるのは分かっているので…後は地元を代表している議員なので、特にうちの地元からは県議が1人しか出ないので、福岡県の中で地元をどういう風に上げていくか?と言う所は絶対に外せないですね!!県内でその地域を良くしていくのは僕しかいないので、地元はメインでと思っています。
森部先生:ありがとうございます!
SHOKO:先ほど始まる前にお話させて頂いたんですが…今まで50ヶ国以上の一人旅!これは凄いなって思って…
森部先生:この行動力ってどこから来たんですかね?
堀先生:何でしょうね?自分から何でも一人でやることに慣れていたのかもしれませんね
…うちは父親も放任主義でしたし、特に何もしてくれなかったので…自分で決めて判断しなきゃいけなかったですし、大学も自分で考えろ!と言う感じでしたので、それが良かったのかもしれませんね。やりたい事をやらしてくれたと言う放任主義が結構リスクもあると思うんですが(笑)
SHOKO:ウフフフ(笑)それで南米も行かれたんですか?って言うと、南米はまだ…って。
堀先生:南米はまだなんですよ。一歩も足を踏み入れていないんですよ…
SHOKO:それでCUBAどうですか?って…
堀先生:そう!それでCUBAの本場のモヒートを!ね…
SHOKO:イイですね!来年くらいは、出来ればみんなで一緒に行けるツアーみたいなのを始めますのでぜひ、ぜひ!堀先生、ありがとうございました!
続きましてお二人目のゲスト株式会社M-Ink.代表取締役社長磯邉美香(いそべみか)様にご登場頂きます。
「磯邉代表、本日はご出演ありがとうございます。改めまして宜しくお願い致します!!」

株式会社M-Ink.のHPはコチラ!

磯邉代表:宜しくお願いします!
SHOKO:なんか声がかわいらしくてね…
磯邉代表:いえいえ!なんか、堀先生との温度感が違ってて…大丈夫かなぁって(笑)
森部先生:番組始まる前にカフェで打ち合わせするじゃないですか?すごい笑い声が素敵で…テンションMAXみたいのがいきなりね♪さっきの堀先生の話題でも割り込んでこられるかと待っていたんですが…抑えてらっしゃったのかなって(笑)
磯邉代表:ウフフフ(笑)ありがとうございます!!
SHOKO:先ほどもお話をお聞きしてましたが、久留米ご出身で、多摩美術大学大学院デザイン専攻をご卒業されたと言う事で…代表取締役社長!このお若さで、どういう経緯でこのお仕事を…
磯邉代表:元々学生の時は、いわゆる現代アートと言われるジャンルの作品とかを作っていて…あまり就職を考えていなかったんですよね…そこでとあるベンチャー企業さんに勤める事になって、今とは違うIT系のコンサルをやっていたんですね!
全員:えぇ~!!!(驚)

磯邉代表:当時の社長が若くて、私の一個上で当時25とかだったんですが、無茶振りで「お前、多摩美出ているんだったらデザイン系出来るだろ!やれよ!」みたいな(笑)結構無茶振りを受けて…その時、私も面白くて「やっちゃおう!」って事で始めて…セレクトショップの運営だとか、自社ブランド立上げて商品企画とかやらせて頂いて今に至るって感じです。
SHOKO:凄いですね!!
森部先生:それはベンチャー企業の中で社内起業した感じですか?
磯邉代表:そうですね!一事業部の発足を立ち上げから関わったみたいな感じですね!もともとは…
森部先生:そして完全に独立?
磯邉代表:そうです!2~3年して独立させて頂きました!
森部先生:モノを作る、デザインを作るって仕事と、会社の運営って大きく違うじゃないですか?大変じゃないですか?


磯邉代表:正直、まさか独立するって思っていなかったので最初の一年目は必死だったんですが、今は何とか色んな方に支えられて…今5年目ですね。
森部先生:そして御社のブランドがPinkyMikaと?
磯邉代表:PinkyMikaって言うブランドと、もう一つキャラクターもののコラボを沢山やらせて貰っている「Lolii(ロリィ)」をやらせて頂いてます!
森部先生:こういった商品ですね?
磯邉代表:ファッショングッズがメインなんですが、スイーツのデザインとか、カフェメニューとか…
森部先生:カフェのメニューですか?
磯邉代表:はい!今、愛知県にあるとあるカフェさんと協力をして、そこで使うお菓子の一部企画させて頂いたりとかをしています!自社でイベントしたりもしています。
森部先生:それは持ち込みですか?それか外部としての相談?御社から提案とか?
磯邉代表:どちらもありますね!キャラクタービジネスでグッズの企画をさせて頂いていたので、ライセンスを持っている会社さんとか、芸能事務所さんと一緒にタレントさんのコラボカフェを企画とか…


森部先生:そうですか!なんか面白そうですね~!!
磯邉代表:そうですね!大変ですが、面白いですね!
森部先生:アイデアはとめどなく出て来ます?
磯邉代表:そうですね…それこそ、先ほど経営とデザインは全く違うってお話がありましたが、やはりデザインばかり考えちゃうと、やりたい事ばかりを優先してビジネスに乗っけられなかったりとか…その辺の挑戦は仕事でやらせて頂いていく上で、勉強にはなっていますね…
森部先生:デザイナーって言う立場で考えれば無の状態から何かを生み出すって事でクリエイティブで、その部分でワクワクすると思うんですけど…現実の物差しが付いてくるじゃないですか?時間とか、お金とか、労力とか…経営者の立場で考えてしまうと、アイデアの制限が掛かってしまうと思うんですけど…第三者的に考えてしまったら、自分の良い所が出せなかったりとか悶々としてしまう事があると思うんですが、その辺りの解消法って?
磯邉代表:そうですね(笑)自分の得意と思っているんですが、あまり職人みたいにガチガチにこうしなきゃいけない!って考えがあまりないんですね。それこそコラボやる時とか他の会社さんとやるときに柔軟な方が、デザイナーとしては優秀と言うか…面白いし、無限の世界の中ではやりたい事が出来るんですが、逆に制限のある中で「いかに良いモノ」を作るか?みたいなところが大事かと思いますね…
森部先生:いやぁ素晴らしいですね~!!
SHOKO:ホント!素晴らしいですね~!!
磯邉代表:日々勉強です!
森部先生:SHOKO先生が一番勉強になったかもですね(笑)
SHOKO:私ね、やりたい事をやっちゃうんですよ!経営者でも一応あるんですが、やりたい事をやって来たために、今、ちょうど経営の方も勉強し始めたんですよ!ですので、そのバランス感覚とかすばらしいなって…素晴らしい!!
森部先生:アイデアに関する部分ですが、コラボする中で同時進行になるようなお仕事って一杯出てくると思うんですが…そう言う時って時間の管理ってどうされているんですか?体力も限界があるじゃないですか?
磯邉代表:そうですね(笑)正直30超えて…体力の限界を感じてて(爆笑)若い時は幾らでも、徹夜でも無我夢中で頑張れたんですが…3年目くらいで手を抜いても大丈夫な事は見えて来ましたね!でも、あんまり時間の使い方が上手かと言われると…あんまり得意じゃないです(笑)
森部先生:パッと見た感じは猛烈な感じがするんですが…
磯邉代表:そうですね!よく言われますね!!作っているモノがピンクで可愛いので…どんなガチガチおばさんが来るんだ?って言われます(笑)
森部先生:クッキーとか作られていますが、久留米ご出身って事で「久留米絣」を使われていてデザインをされているのがあるんですが、これは地元愛みたいな?
磯邉代表:そうですね、元々こういう仕事させて貰っているので、地元のモノと一緒に何かさせて欲しい!って思っていたので突撃させて頂いてやらせて頂いたんですが…結構、元々やっていた現代アートの思想とかの中で「女性性」と言う所が強くあって…久留米絣ってもともと井上伝さんと言う女性が創始者で、その方の生き甲斐を歴史で読んで感銘を受けて…どうにか現代風にアレンジして再興できないかと言う事で企画させて頂きました。
森部先生:久留米絣って、地元の人だったら聞いたことがあるのは誰もがあると思うんですが、実際にその久留米絣を身に付けるってあまりないじゃないですか…その久留米絣の特徴ってどう言う所にありますか?
磯邉代表:私も元々自分で洋服を買ったんですが、着心地がとても良いんですね!綿100%なので、軽くて、夏は過ごしやすくて、冬は暖かいって特性があるんですが、元々は作業着だったらしくてなんにでも柔軟に対応出来る強みがあって…後は丈夫ですね!
森部先生:丈夫はイイですよね!僕は久留米絣を使ってジャケットを作られている方とお会いしたんですが、凄い高かったんですよね!
磯邉代表:そうですね!昔は庶民の方が来ていて安かったんですが、今はどうしても手作業手作りですので…高級品になっているんですよね…
森部先生:良いモノであれば価格は付くべきでしょうし、そこにデザイナーの方の知的財産権が乗っかって来るので正当に評価されるべきかと思うんですが、これはどの位久留米絣って生産量ってあるんでしょう?100%手作りですから…
磯邉代表:生地は染めの所からやるんですね!私はピンクと黒なんですが、ピンク色に染める所からやるので、一回の生産量が大体…着物の反で30反位って聞いています。
森部先生:ほぉ!元々は白ですよね?
磯邉代表:そうです!白のモノに…久留米絣で有名なのは藍色ですよね?そこから手染めしてとか…
森部先生:ピンクや黒って染めた時に、変色や退色とかないんでしょうか?
磯邉代表:どうしてもやはり、デザイナーで言う所のDIC指定とか、パントーン指定とか言う色番で指定する事があるんですが、デジタルだとそう言うのがあるんですが…久留米絣だとそれが難しいので、ある程度職人の方にお伝えしてそれに近づけて頂く作業を取らせて頂きました。
森部先生:何か作らせて頂くときは反の単位で購入させて頂いて?
磯邉代表:はい!職人の方にお願いしてそうしています。
森部先生:ちなみに染める体験とかは?
磯邉代表:染め体験は無いんですが、見学には行きました!
森部先生:どうでしたか?
磯邉代表:なんかもう…今、主流がデジタルプリントが多いので…逆にこれだけ手作業でやっているモノって少ないと思うんですよ…やはり地元のモノですし、消滅させたらダメだなって思って…
森部先生:後継者問題とか聞きました?
磯邉代表:あ!結構大変みたいで、親子とか家族でやっている工房さんとか多いので、息子一人しかいないから息子に…とか、やりたくないので出て行っちゃってどうしよみたいな…話はよく聞きますね。
森部先生:これは議員さんの立場で地域の産業を保護するとか?どんなふうに?
堀先生:これは伝統工芸品とかって後継者不足の問題であったり、安価で使いまわすようなモノが増えている中で一品が高い伝統工芸をどうやって保護していくか?と言うのは時々取り上げられるんですが…確か、今年全国の伝統工芸を集めたイベントを福岡で開催されるってなっていると思うんですよ。

 

 

※経済産業省平成30年度伝統的工芸品月間国民会議全国大会の開催地を「福岡県」に決定しました」はこちら

例えばそう言う所で良さを知って貰ったりとか、実際に見て触れて体験をして貰って…地域の伝統工芸を残さなきゃいけないと思って貰ったり、新しいモノとコラボは必要になってくると思うんです。ななつ星だって大川の組子とか…それで再発見されたりしますので。時代も伝統工芸品も付いていくと言う事も必要じゃないかなって思いますね。
森部先生:そうですね!これはぜひ、磯邉社長頑張って頂いて…
磯邉代表:微力ながら頑張ります(笑)
SHOKO:本日は素晴らしいプレゼントをお持ち頂いているとか?


磯邉代表:私がデザインした、久留米絣を使ったディール付きパスケースですね!

森部先生:おぉ!可愛いですね~!!
磯邉代表:なかなか無い色ですね!
森部先生:ゲスな事を聞いて申し訳ないのですが…お幾らくらいでしょう?
磯邉代表:大体5,000円前後ですね!
SHOKO:久留米絣ですか?これは素敵!!
磯邉代表:こちらは久留米絣じゃないんですが、アクセサリーの詰め合わせです!!
森部先生:3名様に!?
磯邉代表:はい!3名様です!
SHOKO:はい、ありがとうございます!プレゼントの応募方法は番組の最後でお届けいたしますので、最後までお聴き逃しなく!
それでは!続きまして「森部先生に聞け!」のコーナーです!今日も森部先生に聞いていきたいと思いま~す!

そうですね…色々と聞きたい事があるんですが、今日もこの後「ポジティブトレー二ング」で心と身体を前向きにして貰う事をやって貰っているんですが…精神的にも不安定になりやすい時期で、人間関係とか、色々とストレスも多い時期で、目標を見失ったり…森部先生が推奨している筋トレをする事での効果であるとか…先生は風邪引いたりとか、どこか痛いとか言わないですし、全国飛び回っているのに…だからそう言う心と身体の関係とかを保つ秘訣とか、考え方とか、あれば皆さんにお届けしたいんですけども…
森部先生:メンタルとフィジカルは不可分だと思っているので、身体作りとか体力作りは運動すればいい!って事で進める方がいらっしゃいます。気合いだ!根性だ!乗り切れ!って…それが全部間違いだと思わないんですが、心があるのは人間の特徴じゃないですか?だから、心と向き合う時間が必要って言うのを、まずは理解して頂いたうえで…ところが心はいつも不安定なわけなんですね…ニコニコしている時もあれば落ち込んでいることもあるって言うのは、いわゆる健康な人でも誰でもあるって事なんですね、一日の中で毎回…例えば、自分が急いでいる時に、この電車に乗らないといけないって時のドアが「プシュー」って閉まった時に「チッ!」って思ったりするじゃないですか?
SHOKO:うんうん!フフフフ(笑)
森部先生:その時にはテンションって下がったりするわけですよ…そこでほとんどの人は、心理的な体力も含めて気が付けば一日終わったね…ってなるんですが、たまたま悪い状態が積み重なってしまうと、マイナスが続くとおかしくなってしまいます。ところが、マイナスがあってはいけない!って事ではなくて、ココでポジティブな考えでhaveto的な、ねばならないって事になるとすっごいストレスが掛かっちゃうんですよ!

そうじゃなくて…誰でもいい時もあれば、悪い時もあるよ!って事でまずは「自分が今、どんな状態であるか?」を理解する事ですね!今、落ち込んでいるなぁとか、つらいなぁとか、きついなぁとか、まずは、今、そんな状態なんだ…と、そのまんまの状態で人前に出る!とか、そのまんまの状態で仕事をするとかしても、結果としてのパフォーマンスは上がらないですよね?

内面の自分はあるんだけれども、プライベートな部分で、外側のパブリックな部分と言うのは…相手にはこっちの事は関係ない訳ですから…そこは調整しないといけないね!って事で【心を調整する術】って言うモノを皆さんはやはり持つべきかと思いますね!

これは、講座になっているんですが、平たく言うと【ポジティブになる為のアクションを起こす】って事で、ごちゃごちゃ考える前に取りあえずやってみよう!みたいなね。それが一番結果が出やすいのが筋トレなんです。誰がやっても全く出来ないって事はないんです。

先ほど磯邉さんが「私、あんまり運動やらないんです!」っておっしゃってましたが、運動やらない理由は、運動が得意じゃない!とか、運動にいい思い出が無い!とか、苦手なのをすでに刷り込まれた状態で今の自分があるんですが…筋トレに関してはですね、運動神経がイイとか悪いとかは関係なくて、5キロのモノを持って下さい!って事ですので「持って」と言う事だけなんです。技術関係ないんですよ!で、やったら出来たよね!って事で「何回出来た?」「あ、10回です」「じゃ、明日は11回頑張ろうか!」くらいの話なんですよ。それをやっていれば、誰でも出来るんですよ!年齢性別関係なく!でも、今までやった事がないので、やったと言う事実が残って、で次の日は筋肉痛が出て反応が出て、でまた次の日やってみよう!って事でやったら10回が11回とか12回になるんですよ!必ず!それが成功体験になるんです!どんなに鈍い人でも「出来た」「もうちょっと出来るんじゃない?」って事で勝手にポジティブなモードになって行くんですよ!
SHOKO:なるほど!その積み重ね…最初に大きな目標を掲げすぎちゃうと、このギャップに焦っちゃったり、出来ない!とか、出来ていない!とか、自信を失っちゃうってなるとあれだけど…小さい細かい成功体験を積み重ねて自然に自信が付いてくると言う事ですかね?
森部先生:そうです!気が付けば勝手になると思った方がイイです!しなきゃいけない!って事で、コツコツやる!で、おんなじ事をやっていたら飽きるじゃないですか?みんな…で、トレーニングはめちゃめちゃ良くて、出来るようになったらもっとやろうかな!ってなるモノなんです…勝手に!だからやらないと分かって貰えない!我々はそうなんですよ~って伝えることは出来るんですが、やるのは聞いた人ですから、これはやって貰うしかないんですよね…はい。
SHOKO:(堀先生)どうですか?トレーニングは?落ち込んだりあられます?
堀先生:落ち込むことはしょっちゅう!僕の場合はお酒、ですね…
森部先生:アハハハハ(笑)
SHOKO:そうやって方法を自分で分かっていらっしゃるって言うのは大切ですね!磯邉代表はいかがでしょうか?
磯邉代表:そうですね…気分転換に歩いたりしていますね…後は寝て忘れるとか(笑)
森部先生:大丈夫です!筋トレすれば忘れますから(笑)
SHOKO:そうですね!私は、皆さんにはあまり思われないんですが…ネガティブ系だったんですよ!起きてもいない事を心配したりとか…でも、最近の出会いの中でこう言ったお話を聞く事の機会の中で、いまは大分変わって来ましたね!でも、まだ変われない人たちもいるので、頑張って変わって欲しいなって…
森部先生:そうそう!頑張って!って結構きついの…言葉の裏側には「ホントは頑張りたくないのに…」とかある訳ですね!強制的な一面があるので、だから楽しもう!って感じで良いと思います。だから言葉で説明するのは難しいんですよ…脳の作りがそうなっているので、SHOKO先生であればダンスに誘うとか…分かりやすいんですよ。それはすごく大事な事なので!


SHOKO:はい、森部先生ありがとうございました!本日もあっという間のお時間でした!
「世界を変えるRADIO」いかがでしたか?春をメドに番組が大きく変わっていきますので、ぜひお楽しみに!

番組へのお問い合わせやご質問、商品提供等々は番組フェイスブックページ「世界を変えるRADIO」への直接メッセージもしくは、番組パーソナリティーの登録サイトからご連絡ください。
そして!今夜、この後20 時より全国94 局に放送されている「ラジオ2951」が放送されます。番組は「ラジオ2951」で検索して頂いて、サイマルラジオよりお聴きください。それでは最後にプレゼントの登録方法をお伝えします!良く聞いてください。
「プレゼントご希望の方は、まずは会員登録が必要になります!
➀お手元のスマートフォンから「ラジオ2951(フクコイ)」カタカナでラジオ、数字で2951と入力して検索します!!
②そうすると一番トップに表示されますのでそこをクリックしてください。沢山のプレゼントがアップされているHP がご覧いただけます。
③※そのHPの中に「世界を変えるRADIO」が表示され、番組パーソナリティーの顔写真が出て来ます!
④その中からお気に入りのパーソナリティーを選んで会員登録をお願いします!
※この時、必ず「メルマガを受け取る」で設定をお願いします!
⑤会員登録が済めば「プレゼント、応募」ボタンよりご希望のプレゼントを申し込んでみてください。
注)プレゼントお申し込みは必ず皆さんのお手元のスマートフォンでお願いします。
それでは堀先生、磯邉代表、森部先生、今日はありがとうございました!最後にお一言すつ頂いて宜しいでしょうか?
堀先生:楽しい時間をありがとうございました!なんか、とても面白かったです!ありがとうございました!
磯邉代表:今日はありがとうございました!私も緊張したんですが、普段、なかなかお会い出来ない分野の方とお話しできて…とても楽しかったです!ありがとうございます!
森部先生:今日もですね、変わらずポジトレで頑張って、心と身体を鍛えたいと思います!
SHOKO:本当にありがとうございました!
それでは本日の番組は以上で終了いたします。
「世界を変えるRADIO」は日本全国94 局のコミュニティFM局と連動し放送されている、地方創生をテーマにしたリスナー参加型プレゼント番組「ラジオ2951」の傘下(さんか)番組で、毎週日曜日18 時~放送開始となっております。ここまでのお相手は本日特別パーソナリティーの【SHOKO】でした。
次回の番組は3月25日(日)午後18 時からの放送です!パーソナリティーは【長島ももかちゃん】です。次回の放送をお楽しみに~!今日はありがとうございました!!

世界を変えるRADIO
プロデューサー吉田勝

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。